三角関係になっている友人たちに嫌悪感があります

三角関係になっている仲間に嫌悪感があります

グループ内の仲間が三角関係になっていることに嫌悪感を持っている方からのご相談です。
他の友人たちは、気にせず付き合っているようですが、ご相談者の方は同じ空間にいることも苦痛で、距離をとろうとしています。
それも一つの選択ですが、自分の心を知る機会にしてみるのもありではないでしょうか?

***

◎リクエストを頂きました◎
================================
同じグループのなかで、同時に複数の女性に手を出す男性にモヤモヤします。
男性Aくんが、女性Bさんに「好きだ!」と言って、肉体関係を持ちました。
しかし彼は、同じグループで、Bさんの友人である女性Cさんとも肉体関係を持っています。
Bさんは、CさんもAくんと肉体関係を持っていることを知らず、CさんにAくんのことを相談しています。
私は、偶然、他の人からその話を聞いたのですが、3人の関係が気持ち悪くて、信用できません。彼らと同じ時間を共有するのが苦痛で、離れようと思っています。
ある意味、お互いを騙しているのに3人が仲良くできているのが不思議でしかたありません。また、3人と普通に仲良くしている人もいてそれも理解できないのですが、そうなれた方が楽なのかなぁと思います。
(一部、頂いた内容を編集させていただきました)
================================

リクエストありがとうございます。
今回、担当させていただく安田未稀です。どうぞ、よろしくお願いします。

Aくんは、BさんかCさんのいずれか(あるいは両方)と正式にお付き合いしているわけではないけれども、肉体関係がある、という状態でしょうか?
この前提でお話を進めさせていただきますね。

ご相談者の方は、3人に対して強い嫌悪感を抱いていますが、同じ状態、出来事に遭遇しても人によって感じ方はまちまちです。
実際、仲間の中には普通に3人と仲良くしている方もいらっしゃるようですね。
しかし、ご相談者の方はそれができないので距離をとろうとしています。
もちろんそれもありだと思います。でも本当にそれでいいならば、ご相談をいただくこともなかったのではないでしょうか。
結果的に距離をとることになったとしても、自分自身のためにこの件を活用してもいいのではないかと思います。

●アカウンタビリティ(自己責任)の原則を使ってみる

私が感じる感情は私自身のものであり、嫌悪感を持つのは彼ら3人のせいではなく、私自身の物の見方(point of view)なのだ、という自己責任の原則です。
彼らを通じて、私の心のありようや、物の見方を教えてくれている、と捉えてみるといいと思います。

「手を出した」のはAくんだけれども、BさんもCさんもそれを受けいれたわけで、彼女たちの選択です。
彼らは、肉体関係はあるけれども、誰も「あなたとパートナーを組みたい」と宣言もコミットメント(決意・覚悟)もしていない三角関係なのだと思います。(AくんはBさんに好きだ!と言ったようですが、それで正式に付き合った様子もありませんよね?)
Cさんとも関係を持ったようですし、実質、この3人はいわゆるセフレ状態なだけかもしれません。
ですから、3人は誰もちゃんとお付き合いにコミットメントをしていません。
そこにいい加減さを感じ、憤りがあるのであれば、ご相談者の方自身のテーマとして、例として以下のようなことが考えられます。

・誰かにコミットメントした関係を持っていないことが物足りない。例えば、パートナーが欲しいのに出会いがない、好きな人にフラれた・・・など。

・パートナーがいるけれども何らかの理由で、相手にコミットメントできていない。例えば、本当にこの人でいいのかな?という疑いがある、あまり好きでもないのに付き合っている・・・など。

・両親の浮気・不倫問題を想起している(現在もしている、過去にしていた)など。

 

●自分の中にあるジャッジを知り、手放す

3人の関係は気持ち悪いし、おかしい!間違っている!悪いことだ!と、ジャッジ(判断、裁き)をします。
他人に対してジャッジをするということは、自分に対しても「こうあるべきだ」が強く、その通りにできない場合、自身を責めることが多くなってしまいます。
ジャッジを緩めるために、こんな物の見方に挑戦してみたらどうでしょうか?

〇彼らは、はたして互いを「騙して」仲良くしているのでしょうか?

騙しているわけではなく、隠しているわけでもなく、「言わない」という選択をしているのかもしれません。

〇「友達関係ではこうあるべきだ」と思っていることがたくさんありませんか?

「BさんとCさんは友達なのだから、Aくんと肉体関係があることを打ち明けるべきだ」のように、友達なら何でも話すべきだ、と思っていないでしょうか?

〇個人にフォーカスできているか?

3人の関係性や、やっていることに対してではなく、個々の人柄、個性などにフォーカスしてみてください。
3人とも本当に疎遠になってもいい人ですか?誰かこれからも継続してお付き合いしたい人はいませんか?

(完)

★あなたのリクエスト募集中!

いつもご覧いただいている「すぐに役立つ心理学講座・月曜リクエスト特集」では 「皆様からのリクエスト」を募集しています。読みたいテーマ、知りたいテーマがありましたら↓のフォームから投稿して下さいね。

>>>リクエスト投稿フォームはこちらから

※お手数ではございますが「お問い合わせジャンル」を「心理学講座のテーマ・リクエスト」とご選択下さい。
※なお、頂いたリクエスト全てはお答えできかねますのでご了承下さい。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

安田 未稀

「浮気・不倫をした/された」等の複雑な恋愛・離婚問題、ビジネス・生き方・自己実現などを得意とする。
ビジネスパーソン、主婦、自営業者、経営者のプライベートカウンセリングまで、幅広く対応できるキャパシティを持つ。人生を大きく変化させるサポート力に、高い評価を得ている。