すぐに焦ってしまう私とのつきあい方

すぐに焦ってしまうのは、いつもどこかで「ちゃんとできないんじゃないかしら?」と不安になる気持ちがあるから。それだけ「ちゃんとやりたい」人なのですが、「完璧にできないと愛されない」という完璧主義の罠にはまっていることが多いです。

「ちゃんとできない」不安を抑えることにエネルギーを使うので、集中できなくてかえって慌ててしまい失敗を重ねると自信をなくして「自分にはムリ」と引っ込み思案になりがちですが、「完璧でないと愛されない」も「自分にはムリ」も間違った思い込みです。

あなたは、あなたのペースで生きていいのです。ありのままの自分にOKと言ってあげてください。自分の呼吸に意識を向けて、「私はOK」と心の中で声をかけながら、一つ一つ、一歩一歩進むことで自信をつけていってくださいね。

◎リクエストを頂きました◎
===================================
すぐに焦ってしまう人の心理を教えて下さい。
また、落ち着いて、ゆとりをもって行動できるようになるには、どうすればいいですか?
===================================

リクエストをありがとうございます。

人にちょっと何かを聞かれただけでめちゃめちゃ焦ってしまう。何か頼まれようものならパニックを起こしそうなくらい慌てまくって、自分のペースでやればできることまでわからなくなり、しくじっては次にどうしようと焦る。そんな経験をくりかえずと人の環の中に入ること、責任の生じそうなところに行くこと自体、とても怖く感じます。今日は、「焦り」という感情がどこから来ているのか、「焦り」とどうお付き合いしたらいいのか、考えてみます。

「焦り」をつくる完璧主義

すぐに焦ってしまうのは、いつもどこかで「ちゃんとできないんじゃないかしら?」と不安になる気持ちがあるから。「ちゃんとできない」ことがとても怖いのです。「ちゃんとやりたい」気持ちが強すぎる、ちょっと完璧主義なところはありませんか?

人間だから、失敗もミスもあるのが当たり前なのですが、「完璧にできないと愛されない」という思い込みの罠にはまると、何もかも完璧にやらなくてはならないというプレッシャーに押しつぶされてしまいます。

「何もかもちゃんと」と思うと、ものごとに優先順位をつけられないので、何から手をつけたらいいのかわからなくなります。一つのことをやろうとしても、その間にあっちもこっちもやらなくてはいけないのでは、完璧に応えなくては、など、意識が分散してしまって本来やるべきこと、やりたいことに集中できません。

そんなときに少しでもしくじろうものなら、一気に「これではダメだ、やっぱり自分にはムリなのではないか」という不安がすごい勢いで沸き上がってくるので、ますます頭の中は真っ白になって、何をどうしたらいいのかわからなくなってしまうでしょう。落ち着いて、ゆとりをもって行動すればできるのに、と後ではがゆい想いを噛み締めることになりがちですね。

「焦っている」私は、「ちゃんとやりたい」私。人の期待や想いに応えたい「私」です。その想いが強すぎて、「完璧じゃないとダメ」という間違った思い込みに呑み込まれそうになっているだけなのです。

「自分にはムリ」は幻想

何度かそんな失敗を経験すると自信を無くしてしまい、人と関わることや自分が任される立場に置かれることが怖くて、引っ込み思案になってしまうかもしれません。つ

い何事につけても「自分にはムリ」と思って尻込みしてしまう、あなたを信頼してあなたに何かを頼もうとしたり、あなたに好意を寄せてくれる人が出てきても、つい「自分にはムリ」という思い込みの方を信じて、つっぱねたり、怒ったり、逃げ出したりと素直になれない、なんてこともあるかしら。自分をネガティブな枠の中に閉じ込めてしまうとしたらもったいないですよね。

「完璧じゃないと愛されない」も「自分にはムリ」も幻想です。まわりの人をよく見てみてください。完璧じゃないのに愛されている人はいっぱいいるし、お友達が「私にはムリ」を連発していたら、「そんなことないのに」って思うのではないでしょうか。それはあなたも同じなんです。自分の価値は見えにくいものですけれど、ね。

あなたがあなたの人生の創り手

焦る気持ちが出てきたら、意識を呼吸に向けてみてください。ゆっくりと深呼吸をするつもりで息を吸い、お腹の底から吐くということを3回くらい繰り返してみてください。人の手前、深呼吸ができなければ自然呼吸のままでもいいですから、自分の、息を吸う、吐くという動作に意識を向けましょう。呼吸をコントロールすることで、「コントロールできる」私を感じてみてください。

人にはみな個性があって、行動のペースもその人その人で違います。あなたはあなたのペースで生きていいのです。あなたの人生の創り手は他の誰でもない、あなたですからそのあなたを大事にしましょうよ。ありのままの自分に「OKだよ」と言ってあげてくださいね。落ち着いて一つ一つ、一歩一歩進めば大丈夫です。

(完)

この記事を書いたカウンセラー

About Author

みずがき ひろみ

感情や感覚といった女性性をフルに使い、心のブロックを外すカウンセリングが得意。「目からウロコが何枚も落ちる」と見方が変わることに定評がある。 深層心理に眠る「願い」を掘り起こす「癒し」を通して、人生の豊かさを受け取りたい人の、恋愛、ビジネスでの自己実現をパワフルにサポートしている。