2008年5月28日

ちょっとした闘病記~~もうひとりの私へ~~

 カウンセリングをお仕事にさせていただいていると、ご相談させていただ
いている問題の中に、いろんな想いを感じることが少なくありません。

それは時に、自分自身の問題に似ていることから感じる気持ちであったり、
かつての自分のように感じていることもあれば、あるときの情けない自分で
あったり、うまくいっている時の自分であったり・・・と、実に多様な心の
動きを、カウンセリングを通して追体験している、とも言えるかもしれませ
んね。

 そう言った経験だけではなく、少し違ったことから自分の内側を見てしま
う『破目』になり、しんどい想いをした分、何かを掴もう、と思っているん
です。

ちょっとした闘病記~~もうひとりの私へ~~の続きを読む

2008年5月21日

死生観~映画「最高の人生の見つけ方」のレビューを見て~

この5月封切りの映画情報を見ていた(2008年5月)

人ごみが苦手な私は、見たい映画があっても、ついついレンタルを待ち
自宅で鑑賞をするのがならわしとなっており
最新の映画情報を見ることなど滅多とないのだが・・・

ふとテレビを見ていた際に、「最高の人生の見つけ方」と言う
映画の紹介があった。
気になり、インターネットでレビューを見ていた。

名優、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの共演も
心惹かれるのだが・・・
なんといってもストーリーの内容に、とても心惹かれてしまった。

死生観~映画「最高の人生の見つけ方」のレビューを見て~の続きを読む

2008年5月14日

過去と未来の境界線

今日は、今のあなたを作り上げてきたものについて、考えてみませんか?

鏡をのぞいてみましょう。
あなたからみて、今のあなたは、どんな存在でしょうか。
いつも、どんな表情をしていますか?
しわはどこに深く刻まれているでしょうか。
顔の色艶はどうでしょう。
着ている服はどんなですか。
どんな服装が好みでしょうか。
どんな口癖がありますか。
どんな習慣がありますか。
あなたを取り巻くひとたちは、どんなひとたちでしょうか。
どんなかかわりをもって、日々、生活をしているでしょうか。

過去と未来の境界線の続きを読む

2008年5月 7日

セピア色の情景

もう、夜も10時を回った頃に、僕はその街に着いた。
翌日の朝、その街から電車で15分ほど離れた場所に急に仕事が入り、どうせ
ならその街に泊まってみようと思い立った。
インターネットで調べてみると、運良く駅前のホテルが空いていた。
僕はすぐそのホテルに予約を入れて、飛行場へと向かった。

その街が大きく変わってしまっていることは、たまたまテレビに映し出された
映像や、電車で通過した車窓から垣間見て知っていた。
しかし、その街に足を踏み入れるのは、10数年ぶりのことだった。

その街は、僕は学生時代から社会人駆け出しの時代を過ごした街だった。

セピア色の情景の続きを読む