2007年7月25日

成功の秘訣〜繰り返しチャレンジしてみよう〜

小学生の頃、跳び箱の授業がありました。
皆さんも同じようにその経験をされているのではないでしょうか。
さて、みなさんは跳び箱を跳ぶ時、怖くなかったでしょうか?
僕は結構体を動かすのが好きで、運動は概ね得意としていたのですが、飛べる
段から1段積み上げて、今まで跳んだ事のない新しい段数の跳び箱を跳ぶ時の
緊張感を最近思い出しています。
自分が跳ぶ順番が来ると、跳び箱を見つめながら精神集中します。しかし、
「跳べるだろうか?」「失敗したら痛いだろうなぁ」「怪我しないかなぁ?」
「失敗したら格好悪いなぁ」そんな気持ちが浮かび上がってきます。でも跳び
たい。思い直して気持ちを落ち着かせ、助走します。加速しながら踏み切り板
の手前で歩数を合わせて「エイヤッ」と跳ぶのですが、時には歩数が合わなく
て踏み切り板の手前で跳び箱をよけたりしました。また時には、ふっと不安が
よぎって集中力が無くなり、跳ぶのを止める事もありました。

成功の秘訣〜繰り返しチャレンジしてみよう〜の続きを読む

2007年7月18日

本当の強さ〜先輩たちから学ぶこと

先日姑が大病をして入院しました。
生まれて初めての大きな手術なので、姑はとても気持ちが弱っていて、毎
日たくさんの不安と戦っている様子でした。


姑は普段はとても活発で友達も多く元気印な人なので、周りの人は姑のこ
とをとても気丈な人という印象を持っていました。
ヘルパーの仕事をしていてたくさんのお年寄りのお世話をしたり、元気づ
けたりしてきた人なので、姑自身も「元気に振舞わなければ」という思い
が強くあり、それが姑の「なりたい自分」でもあったようです。

本当の強さ〜先輩たちから学ぶことの続きを読む

2007年7月11日

〜手放すことで得られたもの〜

私が心理学を学び始めて3年と少し経ちます。
当時最悪だった夫婦関係を振り返って随分変わったなぁって素直に思える今、
その時の自分が感じていたことを書いてみたいと思いました。

その頃の私は結構ハードな仕事をフルタイムでこなしながら家事も全て受け持
っていたので、毎日毎日忙しくてゆっくりする時間が殆どありませんでした。
仕事が終わって帰宅するのが早くても19時。
20時を過ぎることもざらでした。
その時点ですでに疲れているのですが、座ってしまうともう立ち上がれなくな
ってしまうのでそのまま台所へ直行です。
とにかく夕飯の支度が最優先。食後は後片付けが待っています。
それから洗濯物の取り込みと洗濯とアイロン掛け。部屋の掃除にお風呂洗い。
やらなければならないことが山積みで気持ちが焦っている私のそばで、夫はと
言うと・・・

〜手放すことで得られたもの〜の続きを読む

2007年7月 4日

数字の魔術、言葉の魔法〜観念から脱出への第一歩として〜

 パソコンや携帯などで文章を作り、人に伝えることの増えた昨今、少々漢
字を覚えていなくても支障を来たすことも減りました。偏(へん)や旁(つ
くり)を覚えていなくても、書き順や送り仮名を少々違えていても、変換機
能は文章を作る私よりも賢いはずなので、大船に乗った気分でいるわけで
す。でも自分が覚えたのとは違う送り仮名で変換されることも時々あり、あ
れっ?と思うことも少なくはありません。いつ変わったんや〜って思うんで
すよ。でも私は案外こだわりがあり、気になってしまうのですが、それには
子供の頃からの経緯があるのです。

数字の魔術、言葉の魔法〜観念から脱出への第一歩として〜の続きを読む