■カウンセリングサービス■毎月400件以上のご相談にお答えする提案型カウンセリング!恋愛・夫婦・ビジネス・対人・家族関係から職場のメンタルヘルスまで80名以上のカウンセラーがお待ちしてます!

 

〜カウンセリング予約センター〜06-6190-5131/06-6190-5613(受付時間12:00〜20:30/月曜定休(祝日の場合は翌日代休))
予約センターの混雑状況について

●戻る●

サイト内検索
wwwを検索  カウンセリングサービスを検索 Google

●聖夜のキャンドルライト・第四話●


俺は急に目の前が真っ暗になった。

なにが起こったのか、よく理解できなかった。

ただ、さっきまで体を攻め続けていた真冬のきりきりとした空気は
感じられず、代わりにほかほかと暖かい空気が俺をつつんでいたこ
とだけはわかった。

「・・・」

俺はまだ目を開けられずにいた。

「目を開けてみろ。」

あの黒尽くめの男の声がする。

俺はそっと、目を開けた。

そこは、大きな広場だった。
さっきまで、俺の住む町で一番大きな家の屋根の上にいたはずなのに。
広場の真ん中には人だかりがあった。

ただ、俺を驚愕させたのはもっと別のことだった。

俺の体は縮んで、小さくなっていた。
服装は、よく覚えている、子供のころに着ていた服だった。
ちょうど、10才ぐらいのころだろうか?

だが、その驚愕も、俺にとっては長続きしなかった。

夢でも見させられているんだろう。
催眠術かなにかか?
もしそうなら、子供のころの自分とか、そんなものはよく聞く手口だ。

「なんだこれは・・・」

男を『見上げて』、俺は言った。

「ほほう、なかなかCoolな反応だな。普通ならもっと驚くものなのに。」

「ほんとう、くーるですね。なんなら、ぼくたちといっしょにたび
 をしますか?」

「説明しろ。」

「いけばわかる。あの人が集まっている所にいくがいい。そこにお
 前の復讐を手助けしてくれるヒントがあるだろう。とびきりCool
 でSmartな復讐のヒントがな。」

『復讐』という男の言葉に、俺はすこし、興味を抱き、あの人だか
りの場所にゆっくり歩いていった。

近づくにつれ、その人だかりが誰なのか、ようやくわかりだした。

俺の小さいころの友人たち・・・

貧乏で、成績だって悪く、運動もろくにできなかった俺を、それで
も友達だと言ってくれたやつの、あの顔も見える。
やつは、俺の人生の中でたった一人の友人、心友だった
今、やつは遠い外国へ行ってしまい、もう、十年以上も逢っていな
い。

クラスの中で、俺が始めて恋をしたあの子の顔もある。
結局、一度も話ができぬまま、転校してしまったあの子だ。

中には俺をいじめ抜いた、あいつとその取り巻きどももいる。

なんとも思っていなかったやつらもいる。

全員、近づいてくる俺を、じっと見ていた。
そして、心友が手を上げた。

「おお〜い、何してるんだ!、早く来い!」

その心友の声をきっかけに、みんなが俺を呼び始めた。

わいわい、呼ぶ声が聞こえる。
その声を聞くにつれ、俺の意識は次第に遠のき始めたが、体は別に
変調はなかった。

その後のことを、俺は、遠い意識のかなたからじっと見ていた。

俺は、みんなの呼ぶ声に、笑顔で手を振りながら、みんなの下へ走
っていった。

そして、心友と握手をする。
そして、みんなに囲まれる。

心友と肩を叩き合った。

「ずっと今までどこに行ってたんだ。」
「ずっと逢いたかったんだぞ。」
「俺もさ。でも、お前はずっといなかったんだ。お前はいったい、
 どこに行ってたんだ?」

あの子と初めて話をした。

「あなたと一度、話がしたかったの。だって、クラスで話ができな
 かったのはあなただけなんだもの。」
「僕も話がしたかった。」
「うれしいわ。いつも目が合っても、あなたはすぐに目をそらして
 しまっていたから、ずっと嫌われてるんだって思っていたの。」

俺をいじめていたやつらと手を取り合った。

「お前の貧乏をねたに、お前にずいぶんひどいことをしちまった。
 すまなかったな・・・」
「僕も君たちをたくさん嫌ってしまったよ。」
「なんだかお前を見ていると、俺たちがお前みたいに貧乏になった
 らって怖かったんだ。だから、お前を見るのがいやだったんだ。
 本当にすまねぇ。」
「僕も君たちが怖かった。」

心友は、俺のそばでずっと、俺の肩を抱いていた。

「ほら、こいつら、お前が怖かったんだとさ。ばかみたいだろ?」

心友は笑っていた。
いつも俺をかばったり、俺を励ましてくれたやつだ。

俺は、こいつに何度、「死にたい」と洩らしたろう。
そのたびに、こいつは困った顔をして、そんなこと言うなと言って
いた。散々、俺はこいつを困らせた。
だが、やつは、笑っていた。

なんとも思わなかったやつらとも、一人ずつ、手をとって、話をし
た。

「お前をほおっておいてごめんな。」
「お前はどんなやつだろう?ってずっと思ってたんだ。」
「お前と一度遊んでみたかったんだ。」
「お前も見てたのか!?英雄ナイト!おもしろいよな〜。」
「あなたがさびしそうにしていたのを知っていたのに、わたし、な
 にもしてあげれなかったわ。」
「いつも本を読んでいたでしょう?わたしも本が大好きなの!」

俺は遠くの意識の中で、あの、もっとも苦しく、つらかった子供時
代に感じていた絶望が、少しずつ、少しずつ、溶かされていくのを
見ていた。

『今』の俺から見れば、三文芝居のような話だ、と思うこの光景も、
子供のころの俺は、みんなの言葉に、笑い、そして涙していた。


少しずつ、日が暮れて、広場には、あの、町一番の大きな家の屋根
の上に光っていたのと同じ、透き通った月の光がさしていた。

俺たちとみんなは、ともし火を炊き、その大きな炎を囲んで、歌を
歌い、ダンスを踊った。

俺は笑っていた。お調子者がしゃべるつまらないギャグに、みんな
で笑い転げた。

初恋のあの子と、たくさん、話をした。
彼女は将来はサッカー選手と結婚したい、と言っていた。
サッカー選手になればよかったと俺は本気で思った。

心友と、また、たくさん語った。
奴とは、英雄ナイトのカードを一緒に集めていた。
ポケットからカードを出し、どこまでたまったか、二人で見せ合っ
た。楽しい・・・。

意識のかなたからその光景を見ていた俺は、この幸せがずっと続け
ばいいと思っていた。子供のころの俺が救われている光景を見て、
俺は、『よかったな』と、本気で祝福したい気持ちでいた。
まるで他人事のようだったけれど、その俺自身の笑顔と喜びを、俺
は、心の真ん中に火がともったように、まるでクリスマスにともす
キャンドルの火のような暖かさを感じながら、喜んでいた。

そして、気がつくと、俺のそばには、親父とお袋が、俺と同じ顔を
して、子供のころの俺を見ていた。

俺は、親父とお袋と、顔を見合わせて笑いあった。


俺は夢を見ていた。

幸せな夢だった。

でも、それは夢でしかないことだけはわかっていた。

・・・だが、俺は幸せな気分を味わっていた。

ただ、幸せだった・・・

だが、一度、まばたきをした瞬間、俺は、現実の、あの屋根の上に
いた。
月の光と、屋根の上に積もった雪と、そして、あの身を切り裂くよ
うな寒気がまた戻ってきていた。

寒い。

俺は体をちぢこませた。

「戻ったな。どうだった?歓喜と悦楽の世界は。Coolだったろう。」

「・・・お前が俺に見せた夢か?」

黒尽くめの男に俺は聞いた。

「お前の体験をどう解釈するのかはお前の自由だ。ただ、俺のよう
 なCoolな男は、真実しか語らない。
 お前が傷つけられたと感じるなら、そいつよりも幸せになってや
 ればいい。お前が孤独だったと感じるなら、つながりを今からで
 作ればいい。
 真の復讐がそこにあるだろう。」

「・・・ごしゅじんさま、こんかいは ほんとうに くーるでいらっ
 しゃる!」

男の言うことが俺には何のことだか、俺にはよくわからなかった。

俺は男と猫の声を、うつむいて聞いているだけだった。

・・・何も考えられなかった。
俺はいったい、なにに復讐したかったのか?
俺と俺の両親の幸せを奪ったやつらに復讐したいはずだった。

でも、もし、この男が見せたあの夢が、現実にあったことなら?
あの夢で聞いた、みんなの言葉が、本当に現実なら?

親父とお袋はたくさん、傷ついていたはずだった。
俺を見る余裕などなかったはずだ。

でも、二人が見せていたあの笑顔は?

夢は夢でしかありえないはずなのに、俺はわけがわからなくなって
いた。
だが、なぜか、目からは涙があふれるのだった。


「ごしゅじんさま、こんかいは ほんとうに くーるに きめられま
 したね。ながねん ごしゅじんさまに おつかえしていますが、
 こんなにも くーるで すまーとな ごしゅじんさまは はじめて
 みたような きがします。」

「一言余分な言葉が入っているように感じたが、お前の承認を素直
 に喜ぼう。」

「でも、あのひと だいじょうぶでしょうか?なんだか、もうちょっ
 とはなしを したかったように ぼくは おもうんですが?」
 
「きっかけさえあれば、人は如何様にも変わることができる。奴の
 復讐心という暗い心も、元を糺せば愛なのだから。」
 
「う〜ん、さすがは ごしゅじんさま、くーるですね。」

「ふっ、では、先へいくぞ。」

「はい、ごしゅじんさま。」


俺が顔をあげたとき、黒尽くめの男と猫は、もう、そこにはいなか
った。

------------------------------------------------------------


「今年のクリスマスも冷えるわね。」

「そうだね。でも、去年よりはずっとましさ。」

「あなたと過ごす初めてのクリスマスはどんなかしらって思ってい
 たけれど、なぜ、ずっとこんな人様のお宅の前で、月を見上げて
 いるの?」

「いやかい?」

「いいえ、あなたがそばにいるならどこでもわたしは幸せだわ。」

「実はね、ここは、俺が忘れていたものを思い出したところなんだ
 よ。」

「忘れていたもの?」

「今夜はまだ、時間はたっぷりある。行こう。ゆっくり話してあげ
 るよ。」

俺は、一年前のクリスマスの夜に出会ったあの黒尽くめの男と、猫
とまた逢えるかもしれないと思って、ここに来ていた。

あの時、言い忘れた礼を、あの奇妙な奴らに伝えるために。

だが、奴らはいなかった。
ひょっとすると、また、屋根の上で月の明かりを見ているかもしれ
ない。
そう思ったのだが。

しかし、逢えなかった。

だが、また来年があるだろう。

あの男の言った言葉の意味は、いまだによくわからない。
だが、奴が見せてくれた夢が、今も俺の心に、キャンドルライトの
火のように暖かいものを灯してくれている。


俺は、もう一度、あの屋根の上の月をみて、心の中で礼を言った。

そして、俺のすべてを許すことができた彼女の肩をそっと抱いて、
二人、家路についた。


(了)

 

Contents

カウンセリング
ワークショップ/イベント
カウンセラー
音声配信サービス
無料コンテンツ(読み物)
無料メールマガジン
出版物のご案内
会社案内
提携・関連サイト
神戸メンタルサービス

カウンセリングサービスの母体。
グループセラピーのヒーリングワーク、恋愛心理学講座、カウンセリング講座などの心理学講座、ならびに、カウンセラー養成スクールを開催

NTT DoCoMo / ez-web 公式サイト
NTT DoCoMo / ez-web / softbank 公式サイト