お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.874-4

浮気の心理(4)〜不足原則は至らなさの証拠ではありません〜

講師:原裕輝

不足原則を考えてていくと浮気をされた側は自分が至らなかったとか、自分には欠けている要素があると捉えがちです。
ですが、そうではありません。そうとは限らないのです。
実は、浮気をされた側が至らないのではなくて、相手の問題だったということもあるんですね。

Keywords
浮気 不足原則 至らない バージョンアップ 魅力的になる 

不足原則の心理とは、パートナーとの関係で手に入らないものを外に求めようとする心理。

この心理から浮気は始まることがあります。

例えば、

パートナーから、かまって貰えていないと感じると、外でかまってもらうという要素を供給してもらおうと浮気をします。

これが不足原則から起こる浮気です。

この不足原則から浮気が起こるというのは、一見浮気をされた方が至らないとこえろがあったから浮気が発生したように見えてしまいませんか?


でも、そうとは限りらないんです。

浮気をされた側は、至らないどころか、いっぱい与えていたというケースだってあるんです。

例えば、

先ほどの例えで、パートナーから、かまって貰えていないと感じて浮気に走ったというケースがあったとします。

でも、浮気をされた側はそれまでに、かまうというのを与えてなかったかというと、いっっっっっっっっっっぱいかまっていたりいたりするんです。

ただ浮気をした側の感じ方として、かまってもらうが足りてないと感じているだけということがあるんです。


どういうことかというと、

浮気をされた側が、パートナーをかまうというのを100という数量分、与えていたとします。

第三者から見ると「すごいかまってるんだな」「すごいつくしようだね」と評価されるようなことをしていたとします。

でも、そのパートナーは200という数量欲しいと思っていると差額の100分が不足と感じます。

今までの人生で家族との関係でかまってもらえていない分までパートナーにかまって貰いたい、
今までの人生でさみしかったので、パートナーにかまってもらって寂しさを埋めたい、
自分に自信がないので常にかまって貰えないと不安、だからパートナーには常にかまってもらいたい、

だから、もっとかまって!と。

そんな理由で、かまって欲しいを200という数量分を求めていたとしたら、これは浮気をされた側の問題ではなく、浮気をした側の心の問題になりますね。

だから、

必ずしも、浮気をされた側が至らないというわけではないのです。

浮気をされた側の方は、自分が至らないから浮気が起きたと思いすぎないほうがいいです。


これはバランスの問題です。


自分は変わらなくてもいい相手が全て良くないと思いすぎているようであれば自分にも改善すべきことがあると考えたほうがいいですし、

それが行き過ぎて自分が至らないから浮気が起きた、だから改善しなくてはいけないと思いすぎているようであれば、その考えは緩めたほうがいいです。

両極端に考えないことが大切です。

その上で、不足原則ということを受け止めて、パートナーが不足と感じている要素を与えられる自分になってみようと思ってみます。

それは、あなたが足りてないところや欠けているところがあるからパートナーが不足している要素を与えられるように変わっていかなければならないのではありません。

あなたが欲しい幸せを掴む為に、パートナーが欲する要素を与えられる、より魅力的な自分にバージョンアップすると思ってみてください。

自分に足りてないところや欠けているところがあるから、パートナーが不足していると感じているものを与えられるようにならなければと思うと、自尊心は傷つき、心にダメージを蓄積していきます。

あなたが欲しい幸せを掴む為に新たな要素を身につけて、より魅力的な自分にバージョンアップするつもりで取り組んだ方が心は前向きな気持ちになりやすいです。

そして、バージョンアップしたあなたは、パートナーが戻ってこようとも、戻ってこなくても魅力的になっているはず!


すると、

魅力的になった、あなたのもとにパートナーが戻ってくる。

そういった結末を迎えることがあるでしょう。

だけど、

残念だけど、戻ってこない場合もあるかもしれません。

しかし、魅力的になった、あなたのもとには、魅力的になったあなたにふさわしい新しいパートナーがやってきます。

魅力アップしたあなたは、どんな結果が訪れても幸せになれますから。

(完)


関連する講座へのリンク集
357-1.浮気の心理を知って幸せな関係を取り戻す(1)〜不足原則ってなに?〜
566.ケンカせずにはいられない〜「正しさ」より「幸せ」を選ぶ〜
694-3.ありのままでいいの?(3)〜ありのままでいいのに変化が求められるの?〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>ダウンロードサービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内










●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
心理学ワークショップ(東京/大阪/名古屋/福岡)で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

 
●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。  

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール