お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.864

本当にやりたいことを思い出し、自分の人生を生きる〜「14歳の自分」を手掛かりに〜

講師:安田未稀

「14歳のときの自分が、自分らしく生きることの目標だとか幸せを知っているということなのかなと疑問に思った」ということから、「14歳」という年齢に関して質問をお寄せいただきました。
「14歳」は、学年で言うと、中学2年生になる学年ありますが、あなたにとってどんな時期だったでしょうか?多くの学校では卒業後の進路について具体的な指導が始まるでしょう。ところが、成績や諸条件、親の意向等もあり、自分が行きたい!という思いだけではどうにもならない現実を知る時期でもあります。
そして、この「14歳」の自分を思い出すことが、今の自分自身にとって、どんなことに役に立そうでしょうか?今のあなたにどんなヒントをくれそうでしょうか?それを一緒に探っていきたいと思います。

Keywords
アイデンティティ 思春期 自己実現 自意識 インナーチャイルド 

◎リクエストを頂きました◎
=======================================
心理学と関係があるのかわかりませんが、「14歳」について質問があります。
以前占いに行った時に、自分の本当の願いは何かを視るのに、中学2年生(14歳)の記憶を呼び起こす、という人がいました。その時は時間がなく、なぜその年齢なのか質問できなかったのですが。また、先日『幸福を見つける20のレッスン 本当のわたしを取り戻す12ヶ月』という本を読み、この本の中で自分の本当の願いを叶える行動の元になるものに、14歳のときに作成したライフリストが出てきます。
14歳のときの自分が、自分らしく生きることの目標だとか幸せを知っているということなのかなと疑問に思いました。私自身は14歳のころは自分の内面よりも外の世界で生きていくことが大事(必死)で、そのころの願いは「誰々と〜」と自分が中心の願いではないので、あまり参考にしたくないのですが。
=======================================

リクエストありがとうございます。
今回、担当させていただく安田未稀です。どうぞ、よろしくお願いします。

発達心理学では、年齢に多少のずれはありますが、 14歳前後は、アイデンティティがテーマになる時期と言われます。
自分とは何者なのか?を考え始めるわけですが、難しい話は横に置いて 「14歳」とはどんな時期だったのかを思い出してみましょう。

学年で言うと、中学校2年生になる学年ですね。
中学生としての生活に慣れ、そろそろ進路について考えなければならない 学年。
それは、「行きたい・行きたくない」だけではどうしようもできない世界と の出会いです。

成績という客観的基準や、物理的、経済的な問題、親の意向など、様々な要因に基づき、選択し、判断することが必要になってきます。

私は何をしたいと思っているのだろうか?何が可能なのだろうか?
何を選べるのだろうか?と、自分に向き合い続ける時期と言えるのではないでしょうか。

このプロセスは、したいかどうかだけで決められる「こども」の時期からそれだけでは決められないこともある「おとな」に変遷していく時期だと思います。

もし「14歳」という年齢にこだわって思い出すことに意味があるとしたら、本当はしたいことや願いがあったのに、諦めてしまったあの頃の自分に帰るということではないでしょうか。

諦めたのは、それなりの理由があったのでしょう。
こどものように無邪気に「やりたい!」という思いだけでは選べなかったのですから。

ご相談者の方が14歳の頃は、「自分の内面よりも外の世界で生きていくことが大事(必死)」だったそうですが、自分の願いよりも、親や先生、友人等、周りの人間の願い、期待、その方たちとの関係性に注意が向いていた、ということだと思います。

当時の願いが、「自分が中心の願いではないので、あまり参考にしたくない」と言うことは、裏を返せば、実は「自分中心で感じていた願い」があった、ということではないでしょうか?

例に挙げてくださった本を、私は読んでいませんので、あくまで想像になりますが、「自分中心で感じていた願いを思い出してみてください。そこに自分らしく生きるヒントがありますよ」ということではないかと思います。


●14歳の時のパターンで今も生きているかもしれない

ご相談者の方が、14歳の時に、自分の願いよりも周りの意見を大事にしていたのならば、その後の人生も同じパターンで生きてきた可能性があります。

もしそうならば、自分の人生を生きているという実感がなく、いつも苦しかったのではないでしょうか?(行き詰まりを感じられたからこそ、占いにも行き、本を手に取られたのでしょう)


●ポイントは、「タイムスリップ」

今のあなたではなく、タイムスリップして、14歳当時の自分になりきり、そして自分がやりたいと思っていたこと、興味を持っていたことを、どんどんリストアップしてみるといいと思います。

当時のあなたには無理だったかもしれませんが、大人になった今のあなたには、それを実現できる力があるかもしれません。

14歳の私では思いもつかなかった方法で実現できるかもしれません。

あるいは、したかったことを別の形で具現化する、という可能性もあります。


例えばこんなケースがあります。

〜医者になりたかったけれども、学力不足で断念。自分が本当にしたかったことを思い出すと、「命を大切にすること」だと気づいた。
今の生活の中ではどうしたらいいのだろうか?と考え、倒産しかかっている企業の立て直しを支援する部門に移動する、プライベートでは野生動物の保護活動に没頭。〜

したいことを思い出すだけで、こんな展開もあり得るのです。

14歳の自分に会いに行くことで、今のあなたを変えることも可能だと思います。
参考になれば幸いです。

(完)


関連する講座へのリンク集
33.子育てサポート2〜思春期の心理〜
152.世間体が気になる心理〜自分らしく生きるために〜
228.自分の人生を生きる〜振り回されない人生を生きるために〜
269.やりたいことを楽しむ〜義務と役割にはまらないために〜
820.自分の気持ちの見極め方〜気持ちの多面性と向き合う〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>ダウンロードサービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内










●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
心理学ワークショップ(東京/大阪/名古屋/福岡)で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

 
●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。  

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール