お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.800-2

笑って許せる私になる講座(2)〜自己肯定〜

講師:原裕輝

からかわれるという同じ出来事に対して傷つく人と、傷つかない人がいます。
起きている現象は一緒なのに違いがあるのはなぜなのでしょう?その鍵の一つが自己肯定感というものになってくるようです。
自己肯定感が強いと外から否定的な言葉がやってきても、自分の持っている自己肯定感で防御でき傷つかずに笑って許せる、流せることが増えるようです。

Keywords
自己肯定 同意 コンプレックス 防御 傷つかない 
前回笑って許せるタイプの方とお話をしていると2つの特徴が見えてきます。

それは・・・・ 自己肯定感が高い と 自分の不完全さを許しているということを書きました。

それはなぜなのでしょう?


● 自己肯定感が高いと笑って許しやすくなる

自己肯定感が高いと笑って許しやすくなるのを逆に言うと自己否定的なものがあると笑って許せないことが多くなると言えます。

ちょっと例をあげて説明してみます。

ハゲていると人に「ハゲ」とからかうと傷つく感じがしますよね? 太っている人に「デブ」とからかうと傷つく感じがしますよね?

しかし、ハゲていると人に「ハゲ」とからかっても中には傷つかない人もいます。 「お前のほうを見ると太陽が反射してまぶしいわ」 「なにを!そんなことを言う奴は目がつぶれてしまえ。くらえ!つるピカフラッシュ」 とからかっても傷つかずにユーモアで返せる人っています。

太っていることをからかわれても「人生で今が一番マックスなんだよね。ハハハハハ(笑)」 と笑ってなんとも思わずに流せる人もいます。

起きている現象は一緒なのに違いがある。この違いってなんなのでしょう?

ハゲているということ、太っているということにコンプレックスを持っているとからかわれることに傷つきますが、コンプレックスに思っていない人は傷つかずにユーモアで返せたり、なんとも思わずに笑って流せたりするようです。

コンプレックスを持っている、つまり何か外観的に劣っているように思ってしまったり、良くないこと、恥ずかしいことのように否定的な感じ方を持っていると傷つくわけです。

それはからかってくる相手が外観的に劣っている、良くないこと、恥ずかしいことのよう言っていることに自分で同意してしまうからなんですね。

『相手が外観的に劣っている、良くないこと、恥ずかしいことのよう言っている。そして自分でも外観的に劣っている、良くないこと、恥ずかしいことのように思っている。 ということは、やはり劣っているように、良くないこと、恥ずかしいことなんだ』

というように感じて傷ついてしまうわけです。

(*説明するまでもないかもしれませんが、これは言われたほうの感じ方の問題なので、からかう方は悪くないと言っているわけではありません)

しかし自己肯定感を強く持っていて、それは外観的に劣っている、良くないこと、恥ずかしいことではない、私の人間としての価値が下がるようなことではないと思っていると、このからかう言葉に関して同意をしないので傷つくことを防御しやすくなるのです。

からかわれても自分はこれでいいんだと肯定できていると『別に悪いことじゃないからこれでいいじゃない。そんなことで私の価値はなんら変わらないよ』と感じることができて相手の言葉に笑って許せる、笑って流せるようになるわけですね。

違う例えも使って説明してみますね。

先ほどの例をちょっと違う言い方にしてみます。

先ほどのハゲていること、太っていることに否定的に思っていると・・・・という部分を、自分はとろい、自分はダメだという言葉に置き換えます。

自分は何をやってもとろくてダメな奴だと自分のことを否定的に思っている人がいるとします。

このことがコンプレックスになっているわけです。

そんな人に職場の同僚が「まだ仕事終わってないのかよ。とろいなぁ」とからかったとします。

すると、この自分でも気にしている自己否定感がある部分に刺激が加わるわけです。

『とろいなぁと相手から非難めいた感じで言われている。そして自分は何をやってもとろくてダメな奴だと思っている。やっぱり自分はダメなんだ』という心の動きがおこり、気持が沈んでしまうわけです。

しかし、自分はとろい、自分はダメだではなく『自分はすることが遅いところがあるけれど私の良いところは他にある。何事もまじめにコツコツするところが自分の良いところ。私なりに頑張っているからこれでいい』と自己肯定ができていたとしましょう。

すると、からかわれても自己肯定感が高いと、『遅くても良いじゃないか。焦ってミスをするよりも自分なりのペースで正確にできればいいじゃないか。自分なりに頑張っているからこれでいいんだ』というような感じ方ができ傷つくのを防御できやすいんですね。

傷つかず笑って許せる、流せる為には自分を肯定するということがどうやら鍵になるようですよ。


>>>『笑って許せる私になる講座(3)〜不完全さを許す〜』へ続く


関連する講座へのリンク集
65.許しの心理学〜許可を与えてみましょう〜
67.許しの心理学2〜恨みつらみを許してみよう〜
75.許しの心理学3〜許したいけど許せない〜
417-1.投影と許し(1)〜投影とは〜
417-2.投影と許し(2)〜心の内をクリアにしていくと外の世界が変わる〜
417-3.投影と許し(3)〜投影を取り戻す〜
417-4.投影と許し(4)〜許しという手法で痛みのリピート再生から解放されよう〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール