お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.765-4

手放しの力(4)〜観念を手放して結果を変える〜

講師:原裕輝

私たちは観念というものを持っています。
観念というのは“○○とは△△というものだ”とか“○○とは○○というべきだ”というもの。
実はこの観念がいろんな結果を作っているのです。
だとすると観念が変われば結果を変えられるということ!
観念を手放すことで幸せな結果を手に入れましょう。

Keywords
手放す 緩める 観念 結果 幸せな結果 

私たちは観念というものを持っています。

観念というのは“○○とは△△というものだ”とか“○○とは××というべきだ”というもの。

例えば、“男は泣くべきでない”というものもその一つ。

しかし、“男は泣くべきでない”と思っている人もいれば、“男も泣いてもいい”と思っている人もいます。

そうです!

観念というものは人それぞれ持っているものが違うのですね。

実はこの観念がいろんな結果を作っているのです!!

どういうことかと言いますと・・・。

+++

例えば、“自分のことは自分でするべき”という観念を持っているAさんという人がいたとします。

そのAさんが仕事をたくさん抱えており自分一人では仕事の締め切りに間に合いそうもなく同僚に手伝ってもらったとします。

Aさんは“自分のことは自分でするべき”という観念があるので、自分のことは自分でするべきなのに自分でできなかったという認知が働きます。

すると『自分ってダメだなぁ・・・』という自己嫌悪が生まれるという結果を招きます。

しかし“自分のことは自分でするべき”という観念を持っていない人が同じ出来事を経験したらどうなるのでしょう?

例えば“困った時は遠慮せずに人に頼るべきだ”という観念を持っている人が同じ出来事を経験したとします。

“困った時は遠慮せずに人に頼るべきだ”という観念があるので、頼って助けてもらったことはそのシーンで取るべき行動をとったという認知になります。

すると事故嫌悪は生まれず「手伝ってもらえて良かった」という結果を招くわけです。

このことから同じ出来事でも観念によって得る結果が変わるわけです。

+++

私のカウンセリングではクライエントさんに“その観念がネガティブな体験を作っているようなので今持っている観念を手放していきませんか”という提案をさせていただくことがあります。

例えば、“自分のことは自分でする”という観念を持っているAさんの場合でしたら自分のことは自分でするという観念がネガティブな体験を作っているようなのでその観念を手放していきましょうという提案をさせていただきます。

それは“自分のことは自分でする”というのを無くしてしまい、自分のことは自分でしなくていいと思っていくというわけではありません。

“自分のことは自分でする”という固執した思いを、 ”必ずしも自分のことは自分ですると思わずに時と場合によっては出来ないことがあってもいいかもしれない”とか“自分のことは自分でできればいいけど頼ることがあってもいい”などのように緩めていきせんか?という提案なんです。

===

★観念の手放し前

・起こった出来事
 仕事の締め切りに間に合わず手伝って貰った。
   ↓   
・観念が働く(自分のことは自分でするべき)
 自分のことは自分でするべきにも関わらずそうではできなかった。
   ↓   
・結果

 自分ってダメだなぁ・・・   


☆観念の手放し後

・起こった出来事
 仕事の締め切りに間に合わず手伝って貰った。
   ↓   
・観念が働く(自分のことは自分でできればいいけど頼ることがあってもいい)
 自分のことは自分でできればいいけど頼ることがあってもいいので頼った。
   ↓   
・結果
 助けてもらって良かったなぁ〜。

===

先ほど書いたように持っている観念で得る結果が変わるわけですので、観念を手放すことで得る結果が変わってきます。

Aさんが持っている観念がAさんにとって幸せをを得ていない観念ならば手放して行きましょうという提案をさせていただくのですね。

そうして幸せな結果に変えていくのです。

あなたが持っている観念があなたにとって幸せな結果をもたらしていないものであれば、その観念を手放すことにチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

そして幸せな結果を得て下さいネ。

(完)


関連する講座へのリンク集
169.パートナーシップのセカンドチャンスを手に入れる〜執着を手放す〜
194.自己嫌悪を手放そう〜自己嫌悪を手放すアプローチ〜
453.本当に執着を手放すとき〜一歩ずつ段階を得て手放していくこと〜
480-1.幸せを作るスキル 競争を手放す変(1)〜競争に勝つ!それこそが人生?〜
687.執着の手放し?それとも諦め?〜違いの見極め方〜
728.劣等感コンプレックスを手放す方法
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール