お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.708-2

コンプレックスを解消して恩恵に変える方法(2)〜コンプレックスは個性になる〜

講師:根本裕幸

多くの方はコンプレックスを克服しようと努力するか、周りの人にバレなように隠そうとするか、どちらかではないでしょうか。
しかし、それは自分自身を攻撃し続けること。
もし、あなたがそのコンプレックスを許し、愛することができれば、その瞬間にそれは個性となるのです。

Keywords
コンプレックス 克服 愛すること 個性 投影

●コンプレックスは個性になる

多くの方はコンプレックスがあると何かしら努力したり、頑張ってそれを解消しようとします。
外見のコンプレックスはダイエットやメイク、髪型、服、さらには整形手術などで克服しようとします。
語学のコンプレックスは勉強やスクールに通うなどして何とか克服しようとします。

しかし、それが達成されたらいいのですが、解消しようとすればするほど、逆にコンプレックスを強める結果になってしまうこともあるのです。

Bさんはずっと顔にコンプレックスがありました。目、鼻、口元など。
ある時、勇気を出して美容整形をしたんです。手術は成功。それまでのコンプレックスは解消されたかのように見えました。
しかし、人から「きれいだよね」などと褒められるとドキッとするそうです。
それに昔の知り合いには会う勇気が無い、と。

見た目は変わったけれど、心の中はまだコンプレックスが残っていたようです。
整形手術が悪いわけではありません。でも、一緒に心の中からもコンプレックスを解消しないと、かえって後悔を招くことになるんですね。

ちなみにその後、Bさんは「美しさ」を受け取ること。外はもちろん、内面的な美しさを知ること、そして、もっともっと自分を愛してあげること、大切にすることを学んでいきました。
元々納得して受けた手術でしたから、気持ちが晴れれば新たな人生の門出と喜びをもっと感じられるようになったのです。

また、ある女性Cさんは「方言」「訛り」がコンプレックスでした。
東京に出たら標準語を話さなければならない、と強く思っていたのですが、なかなか直らなかったんですね。
それで職場で発表するとその訛りを笑われることがあり、自分の意見を言えなくなってしまうこともよくありました。
しかし、彼女は企画力・構成力があるので、なんだかんだ人前で話をする機会を与えられることも多くて、それもすごく悩みだったんです。
一時期は毎回原稿をきちんと作成し、録音して、訛りが出ていないかどうかをチェックしていましたし、取引先でプレゼンをする前日など、プレッシャーから眠れない日もあったそうです。

「訛りは恥ずかしい」と彼女自身も多くの体験から学んでいたのです。

でも、ある時ふと彼女は気付きました。
関西出身の人の中には東京でも全然方言をしゃべってる人もいる、と。
なのに何で自分は方言を気にしてるんだろう?
堂々としていればいいんじゃないか?と。

でも、そうは思ってもなかなか勇気は出ません。
関西弁は笑われないけど、私の言葉は笑われるから。

ただ、ちょうどその頃、取引先の社長が「君って出身○○?実はうちの家内が同じとこの出身なんだよね。なんか親近感湧くよ」と言って下さったときに確信しました。

「訛りは個性になる」と。
むしろ、訛りのあるアイツ、として認識してもらえばいい、と。

コンプレックスは時に「個性」になるのです。

コンプレックスがあると「直す」「隠す」というのが私たちの一般的な態度です。
それゆえ、一人で抱え込むこととなり、その一人の世界でその自分を非常に嫌い、攻撃します。
それを社会に投影するので、きっと周りの人も自分が自分にしているように嫌い、攻撃し、あるいはバカにするだろう、と怖れるんですね。

しかし、現実はあなた以上にそのコンプレックスを嫌っている人、意識している人はいないのです。
他の人も気にならなくはないと思います。
けれど、あなたほどではない、のです。

だから、Cさんのように「オープンにすること」で、あなたのコンプレックスはすべて「個性」になります。

そのためにはコンプレックスを嫌うのではなく、許し、愛することが大事なんです。
Bさんは整形によって外見は変わりましたが、その自分を許し、愛することができていませんでした。
だから、自分を愛することにより、整形手術を受けた自分に誇りを持つことができました。
Cさんは取引先の社長が受け入れ、許してくれたお陰で、それを個性として受け入れ、許し、愛することができました。

あなたのコンプレックスを許し、愛せば、その瞬間からそれは個性になります。

「初めまして。Cと申します。○○地方の訛りがなかなか取れないCと覚えてください!」
名刺交換の際、彼女はそんな風に切り出すそうです。

「○○と言えば、△△が美味しいですよね」
「○○出身といえば、やっぱり呑めるクチなんですか?私の会社にも○○出身者がいて・・・」
などと会話がすーっと広がり、親近感が生まれます。

>>『コンプレックスを解消して恩恵に変える方法(3)〜コンプレックスのもっと深いところのに解決のヒントがある〜』につづく

関連する講座へのリンク集

14.投影とその活用方法〜人は心の鏡〜
123.コンプレックスの心理〜劣等感と自己嫌悪〜
164.許しと手放しの心理学
337-1.許しの心理学〜許しとは何だろう?
417-1.投影と許し(1)〜投影とは〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール