お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.653-3 自分が悪いと思いすぎないためのサポート(3)〜悪いことをしていないのに悪いと思う その2〜
講師:原裕輝
前回の続きになります。
前回で紹介したケースの人はなぜこのケースの人はなぜ「自分が悪いんだ」と思ってしまったのでしょう?なぜ私は「自分が悪いと思わなくていい」と思ったのでしょう?について紹介して言います。
多々一という構図で否定されたり、責められたりすると私たちの心は影響力をうけてしまうようです。
Keywords
罪悪感 悪いことをしていないのに 価値観 多対一 否定

●価値観の違い

前週の特に悪いことをしていないのにも関わらず「自分が悪いんだ」と思ってしまう話の続きになります。

奥さん対ご主人さん&舅さん&姑さん組という構図で、子育て方針、お金の使い方、休みの過ごし方、生活リズム、細かいところをあげれば掃除の仕方、洗濯物のたたみ方、料理の味付け色んなことで意見、注意、ダメだし、「その考え方は違う」などを言われてきた女性の例え話でした。

「家族と上手くいかないのは私のせいだと思います。主人からも、舅さんからも、姑さんからもみんなに注意をされたり間違っていると言われるということは私の考え方が良くないからだと思います。私が悪いんです」とその女性は言われるわけです。

そういう時には私はこう伝えさせていただくことがあります。
「自分が悪いと思わなくていいと私は思いますよ」と。

そう伝えさせていただくと『私のせいだ』、『私が間違っている』、『自分が悪いんだ』という思いが緩み涙が溢れてこられることがあります。一人で戦ってこられ、その中で自分が悪いと思いこみ苦しまれていたのでしょうね。

また「え!本当にいいんですか?」と目を丸くしてびっくりした表情で聞き返されることがあります。
目を丸くしてそんなことを思っていいの?と思ってしまうくらい自分が悪いと思い込んでおられたわけです。

多数の人から「あなたが間違っている」、「あなたの考え方がおかしい」というように否定をされ、責められたりすると、その影響を受けて『自分の考えが間違っているのかなぁ?』、『自分の考えがおかしいのかなぁ?』とついつい思っていくようになることがあります。

このケースの場合を使って説明すると・・・

+++++
・奥さん対ご主人さん&舅さん&姑さん組で意見・注意・ダメだしをくらう関係がしんどい
   ↓
・しんどい関係になるのはなぜ?どうしたらいい?
   ↓
・価値観や意見があわずぶつかりあうことが多いからだ。
   ↓
・みんな(主人さん、舅さん、姑さん)が私の価値観や、意見に対して間違っている、おかしい、悪いと言う。
   ↓
・みんなが言うということは、きっと私が間違っている、おかしい、悪いのかもしれない。
  主人だけではなく、みんながいうのだから。
   ↓
・しんどい関係を変えるにはみんなが言うとおり間違っている、おかしい、悪かったと思い私が変わらないといけない。私が悪かったんだ。
   ↓
・でも私が間違っている、おかしい、悪いと思うのはしんどい。
+++++

というように
その関係が上手くいかなくなったのは私のせいだ!
     ↓
なぜならばみんな私が悪いというのだから。
と、思い込んでいくことが多いようです。

あんまりに責められるとついつい私が間違っていると思っちゃうことがあるんですね。

これは多対一で責められるだけではなく、一対一でもこういうことは起こります。

例えば、お父さんに怒られる、上司に怒られるなど影響力が強い人に怒られたりしたときなんかはそう思いやすいケースの一つ。
お父さんのいうことが常に正しい、上司が常に正しいとは限らないのにです。

私が「自分が悪いと思わなくていいと私は思いますよ」とお伝えした理由もかきますね。

それは、ご主人さん、舅さん、姑さんが奥さんに対して間違っている、おかしい、悪いというのは、あくまでご主人さんのお家の価値観を基準にして考えた時に奥さんの価値観がご主人さんのお家の価値観と違うというだけでだからです。

奥様が間違っている、おかしい、悪いというわけではなく、ご主人さんのお家の価値観と違う価値観を持っていただけだからなんです。

この例の奥様が持たれている価値観(先週出した例えは奥様は子どもは小さいうちはいっぱい遊ばして伸び伸びと育てればいいと思っている人)をすばらしいことと思う人もいるはず。

人それぞれ持っている価値観に間違っている、おかしいというのは基本的には無いと私は思っています。(人を殺しても良いとかそういうとんでもないのは覗いて)

人それぞれ価値観が違っていいんですね。
あなたは、あなたの価値観を持っていていいんです。それでいいんです。

あなたが持っている価値観がもし人と違ったとしても自分が間違っている、おかしい、悪いと思わないでください。
「この人と私の価値観は違うんだなぁ」というだけです。

人と価値観が違ったとしても自分が間違っている、おかしい、悪いと思いすぎないでくださいね。

 

>>>『自分が悪いと思いすぎないためのサポート(4)〜幸せになる罪悪感〜』〜につづく



関連する講座へのリンク集

4.罪悪感の心理学1〜罪悪感とは?〜
83.あなたと彼を遠ざける罪悪感の心理〜対人関係に壁を作る罪悪感の心理〜
104.罪悪感の心理学2〜その影響力と許しへの第一歩〜
142.罪悪感の心理学3〜自分は毒であるという観念〜
156.罪悪感の心理学4〜なにもしていない、という罪悪感〜
190.罪悪感の心理学5〜誰かのせいにしてしまうのはなぜ?〜
313.自己攻撃の心理〜罪悪感と無価値感の罠〜
528.被害者意識は加害者意識〜罪悪感の罠〜
544-1.罪悪感が作る問題(1)〜罪悪感とコントロール〜
544-2.罪悪感が作る問題(2)〜罪悪感と攻撃される恐れ〜
544-3.罪悪感が作る問題(3)〜罪悪感とファイティングポーズ〜
544-4.罪悪感が作る問題(3)〜罪悪感と伝染する苦しさ〜
598.罪悪感について〜反省よりも大切なこと〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール