お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.637-3 アカウンタビリティという視点(3)〜アカウンタビリティの概念を使うときの注意点〜
講師:原裕輝
今回は、アカウンタビリティの概念を使うときの注意点をご紹介したいと思います。
アカウンタビリティの概念は“自分の周りにおきている出来事は自分も何らか一役かんでいるかもしれない”という考え方をすることで問題を解決する為に自分にできることは何かないだろうかと見つけていく為の考え方なのですが、この考え方を使って自分を罰したり、責めたりすることもできます。その点を注意をして使ってみると、より有効にアカウンタビリティの概念を使っていけるでしょう。
Keywords
注意点 アカウンタビリティ 罪悪感 罰 被害者意識

●アカウンタビリティの概念を使うときの注意点

今回は、アカウンタビリティの概念を使うときの注意点をご紹介したいと思います。

アカウンタビリティの概念は“自分の周りにおきている出来事は自分も何らか一役かんでいるかもしれない”という考え方をすることで問題を解決する為に自分にできることは何かないだろうかと見つけていく為の考え方なのですが、この考え方を使って自分を罰したり、責めたりすることもできます。

罪悪感が強い人はこの考え方を使って自分を責めることに使ってしまうことがあります。
罪悪感とは悪いことをした自分は罰せられなければいけないという心理です。

例えば、パートナーの最近の態度が冷たいと感じていたとします。
『最近、私が話をしていても素っ気ない態度をするよな。前は興味を持って聞いてくれていたのに・・・』と感じているんです。
そして、そう感じている当人には罪悪感があったとします。

アカウンタビリティの概念を使って状況を変えるためのヒントをつかもうと考えてみたところ・・・

『この状況に自分にも一役かんでいたとしたら・・・最近仕事が忙しかったり、仕事関係の飲み会が多かったもんなぁ。仕事だから仕方がないを理由にパートナーとすごす時間を作ることをかまけていたからかなぁ。ドタキャンも何回かして悪いなぁとは気にしてはいたんだけど、いいよと言ってくれてることに甘えすぎていたのかもしれないなぁ』
そんな考えがでてきたとします。

自分がパートナーとの時間を作ることにかまけていたことがこの状況を作ったかもしれないと気づき、これからはもっとパートナーとの時間を大切にしようと修正していけばいいのですが、罪悪感があるとこのことを使って過剰に自分を罰してしまうことがあります。

『ああ、このように考えてみるとあんなに優しかったパートナーを素っ気ない態度をする人に変えてしまったのは全て自分のせいなのだなぁ。全て自分が悪いんだなぁ』と過剰に自分を罰してしまったりするのです。
そして罪悪感に浸ってしまうのです・・・。

自分にも良くない点があったなと気づいた時に大切なことはそれを修正することです。
しかし罪悪感が強いと、修正することにエネルギーを費やすことよりも、まず自分を罰することにエネルギーを費やしてしまったりします。

自分を罰していても周りは幸せになることはできません。
良くなかったと気づいた点を修正することで状況を改善できるかもしれないことにエネルギーを費やすことが大切なことなのです。

アカウンタビリティの概念という考え方を使う時は、あくまで状況を改善するヒントを見つける為に使うのであって、自分を罰するために使わないことを注意して使ってみてください。

+++
また、誰かに相談をしていた時にアカウンタビリティの概念的な質問を受けることがあります。

例えばお友達にパートナーが素っ気ないことについて相談をしていてお友達から「パートナーが素っ気ないことについて、あなたが何かしてしまったとか思い当たる節はないの?」とアカウンタビリティの概念的なことを聞かれたとします。

そんな時に「私にも責任があるということ?こんなに可哀想な思いをしているのにもっと優しい言葉をかけてくれもいいんじゃないの!(涙)」というように被害者意識に陥ってしまうようなケースがあります。
相手の言い方によって自分を責められているように感じてしまうからです。

特に思い当たらない時は「特に思い当たらない」と答えればいいんですね。

アカウンタビリティの概念的な質問を受けた時は、被害者意識に陥らないようにと注意してみるといいでしょう。被害者意識に陥ってしまうとしんどいですからね。

アカウンタビリティの概念という考え方は、あくまで、その考え方を使ってみることで状況を改善する為のヒントを見つけたり、気持ちが楽になるようであれば使ってみる考え方であるという前提でアカウンタビリティの概念という考え方を使いこなしてみてください。
(つまりアカウンタビリティの概念を使って自分を罰したりしないでくださいということですね)

>>>『アカウンタビリティという視点(4)〜あなたには影響を与える力がある〜』〜につづく



関連する講座へのリンク集

4.罪悪感の心理学〜罪悪感とは?〜
219.リーダーシップの心理学〜アカウンタビリティの概念とは?〜
398-1.アカウンタビリティ(責任の概念)〜アカウンタビリティとは?〜
398-2.アカウンタビリティ(責任の概念)〜ベストを尽くすこと〜
398-3.アカウンタビリティ(責任の概念)〜成長すること〜
398-4.アカウンタビリティ(責任の概念)〜恩恵〜
528.被害者意識は加害者意識?〜罪悪感の罠〜
556-1.被害者意識からの脱出〜この感情を感じているのは誰かのせい〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール