お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.618

夢やぶれて〜失敗が育むもの〜

講師:安東秀海

子どもの頃の私たちには大好きなことに我を忘れて夢中になった経験が誰にでもあるものです。ところがいつのころからか私たちは、わくわくしたり本当に心から楽しいと感じることよりも、誰かに認められたり評価されることにばかり注意を向けてしまってはいないでしょうか。
新しいことにチャレンジしたり、ひとつのことを継続低に取り組んでいくにはワクワクする情熱を持つことはとても大切。「何かに打ち込んでみたいけれど、継続していく自信がない」そんな相談者のリクエストに、”失敗が育むもの”をテーマにお答えします。

Keywords
挫折 成功法則 失敗 情熱がわかない 天職

◎リクエストを頂きました◎
===================================
子供の頃は絵を描くのが大好きでした。風景やイラストなどを描いているととても楽しく夢中で描いていたことを思い出します。
でも今は、絵を描きたいという気持ちがまったく湧いてきません。何かに打ち込んでみたいという気持ちがありますが、継続していく自信がありません。
何かを始めてみても途中で諦めてしまってばかりいます。何が原因なのか・・諦めてばかりいる自分がいます。
===================================
先日、出張のために利用した飛行機の中でお絵描きに没頭している男の子を見かけました。歳の頃は三歳くらいでしょうか。真っ白なスケッチブック相手に、大人も退屈する長時間フライトの間中、何やら楽しそうに書き込んでいます。

子どもの頃は私たちにも、興味のあること大好きなことに没頭し、夢中になって遊んだことがあったはず。

けれど、大好きだったお絵描きやプラモデルなど、子どもの頃夢中になったことを大人になっても趣味として持ち続けている人は決して多くはありません。

なぜ、大人になると子どもの頃好きだったことを忘れてしまうのでしょう。なぜ私たちは、時間を忘れるほど夢中になれるものをひとつ、またひとつと無くしていくのでしょう。

●大好きなことが挫折感を生む
幼い頃の私たちは、ただ楽しいと感じること、ワクワクすることに夢中になることができました。

ところがそんな時代も永くは続きません。「上手に描けたわね」とお絵描きをママに褒められた子どもはやがて、褒められる為に絵を描き、評価されることを期待し始めるからです。

もちろんそれは悪いことではありません。褒められるのが嬉しく、ますます夢中になるなかでどんどん腕前が上達していくことだってあるでしょう。

けれどもし、褒められることが絵を描く目的になったとしたら、楽しむことより上手に描くことが重要になります。そうすると、ただ時間を忘れて夢中になっていた頃のようには純粋に絵を描くことを楽しめなくなるもの。

また、充分に褒めてもらえないと不満に感じたり、挫折感を感じて自信を無くしてしまうこともあるかもしれません。

●まずは「楽しむ」ということ
思ったほど褒めてもらえない、望んだ評価と違う。挫折というのは私たちに大きな心理的ストレスをもたらします。

そうした度重なる挫折は、好きなことや新しいことにチャレンジする意欲を私たちから奪っていきます。

もし今あなたに、夢中になれることやワクワクすることがないとしたら、あなたは「楽しむこと」よりも「評価されること」の方に意識が傾いているのかもしれません。

新しいことを始めてみよう考えたとき、それが「楽しいことかどうか」よりも、「上手くできるかどうか」ばかり気になってはいないでしょうか?

どんなことでも、上手くいくことばかりを期待していては長続きさせるのは難しいものです。失敗しても当たり前、そんな開き直りと、まずは楽しんでみようという意欲を持つことが大切。夢中になれるものはワクワクする心の中から生まれるのですから。

●失敗が育むもの
新しいことを始めるにも、何かに継続的に打ち込むにもまずは楽しむことが大切です。

心の自然な作用として私たちは、楽しいこと心地のいい事、幸福感を感じること以外に長期間取り組むことができません。

行動するうえで、楽しむということはもっとも効果的なモチベーションといえます。

ところが、どんなに楽しかったこともそう感じられなくなる場合があります。評価され周りからは羨望を集めているにも関わらず、情熱を感じられなくなることがあります。

私たちは他者からの評価を求めると同時に、自分自身の自己評価とも向き合わなければなりません。自分で自分を認められない、満足できないという挫折感は他者から認められない挫折感よりも私たちに大きくのしかかるからです。

何かに取り組み、熟練すればするほど、自分に掛ける期待と求めるクオリティは高くなるもの。

目指すものが高ければ自ずと、不十分さや失敗感を感じることも多くなります。

ひとつのことに継続的な情熱を持ち続けていくには、自分の中の挫折感を越えていく勇気が必要です。

上手くいかないのは目標が高いから、「失敗したっていいじゃないか」と気楽に構えてみることで、挫折感を越えていく勇気を育むことができるのではないでしょうか。

(完)

関連する講座へのリンク集
137.諦めの心理学〜怒りとデッドゾーン〜
389-1.モチベーションの心理学(1)〜怒りとやる気〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール