お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.567-2

パートナーから離婚を切り出されたら(2)〜結婚を一度、手放す〜

講師:根本裕幸

離婚を突然切り出されたら、多くの方は目の前が真っ白になってどうしていいのか分からなくなってしまうでしょう。その日を境に不安で眠れなくなったり、食事が喉を通らなくなったり、体調に異変を生じることも多いと思うのです。そうした中、まずは安心感を持ち、長期戦に備え体と心を労わるところからカウンセリングが始まります。そして、一度、結婚という形から自由になり、ハッピーな結末を求めるため、一旦手放すことを提案するのです。

Keywords
離婚問題 パニック 安心と信頼 手放し もう一度出会う


●結婚を一度、手放す

パートナーから別れを切り出されたとき、さて、どんな気持ちになるでしょう?
一瞬頭が真っ白になり、「え?何?え?一体、言ってるの?冗談でしょ?」と現実を受け止められないことも多いでしょう。
パニックになってしまうこともあれば、逆に、固まってしまうこともあると思います。

また、心のどこかで「ああ、やっぱり・・・」とつぶやく自分に出会うこともあります。意識はしていなかったけれど、なんとなく気付いていたんですよね。
でも、ショックはショック。その日を境に眠れなくもなり、また、食事も喉を通らなくなることもあると思います。

「眠りはどうでしょうか?ちゃんと寝れてます?食事はどうでしょうか?」

とカウンセリングなのに体のことを気にして質問させてもらうことも多いですね。
眠りと食事はとても大切なもの。
長期戦になることも多いですから、まずは、何よりも眠れること、食べれることを私は最優先にしたいと思っています。

カウンセリングを通じて、安心感が得られたり、希望が見えたり、心が軽くなることでお腹が空いたり、眠たくなったりします。
実際、カウンセリングを終えた後に「久々にご飯の味がしました」とか「帰りの電車の中で爆睡してしまいました」という話をよく伺います。

心と体は繋がっていますから、体がある程度元気になってこそ、心の問題にも向き合える部分があるんですよね。

さて、そうした緊張状態の中で藁をも掴む思いでカウンセリングにいらっしゃった方に、できれだけ地に足を着けて、落ち着いて物事を見ていただくためにいろいろなお話をさせて頂きます。

「不安も多いだろうと思います。絶望もあると思います。でも、離婚て意外と難しいんですよね。一度専門の弁護士さんに相談してみるといいと思うのですが、一般に思う以上に、なかなか成立しないものみたいですよ」

法律には「離婚要件」というものがあるようで、それを満たさないケースでは、協議離婚という形を取るそうです。
そのため、調停をするにしても、話し合いを重ねるにしても、ある程度の期間が必要となり、逆に言えば、それが“離婚を切り出されたけど、離婚を望まない”奥さん・ご主人にとっては猶予期間となるのです。

その間に、自分自身を成長させて、新たな関係性の扉を開くのもカウンセリングの目的のひとつと言えます。

とはいえ、そう言われて少しは安心するものの、自分のケースは当てはまらないんじゃないか?と思ったり、不安な顔つきは変わりません。
無理はないですよね。冷たい夫、挨拶しても無視する夫。切れて暴言を吐く夫。今にも家を出て行こうとする夫。そんな姿を目の当たりにしていたとしたら、希望はおろか、今日一日を過ごすことすら困難に感じることだってあるでしょう。

でも、それでも敢えて「焦らなくても大丈夫ですよ」と私はお伝えするんです。
今まで数多くの実例がそれを教えてくれましたから。
本当にご自身で感じるよりも多くの時間が私たちには与えられています。

また、同時に私はとても大切なことを伝えるようにしています。

「離婚するかどうかが本当の問題ではないと思うんです。あなたが幸せになってこそ、初めて問題解決と言えると思うのです。そのとき隣に今のご主人がいらっしゃるのか、あるいは、別のいい男がいるのかは分かりませんが、でも、どちらにせよ、あなたが幸せにならなきゃ意味がないですよね。だから、そこを目指していきましょう。」

前回もお話した、ハッピーな結末、を目指しましょう、というわけです。

でも、これは“一旦結婚を手放すこと”に他なりません。
もちろん、「離婚」を勧めているわけではありません。
「結婚」に対する執着を手放して、「自分の幸せ」「二人の幸せ」「家族の幸せ」を目標としましょう、という提案です。

極論を言えば「一緒にいて悲しいくらいならば、別れてハッピーになるほうがいいんじゃない?」という考え方でもあります。

また、「もし一緒に続けるにしても、今までとは別のまったく新しい関係を築いて幸せになりましょうね!」という提案でもあります。
そういう意味では、「元に戻る」「やり直す」という表現は本当は捨てて欲しいんですね。
「新たに始める」という気持ちで向き合っていかないと過去にばかり意識が向き、執着が生まれ、なかなか前に進めないものなのです。

だから、「もう一度、ご主人と出会い、もう一度恋に落ち、もう一度結婚を選ぶ、というプロセスを進めましょう」とお伝えしています。

そして、その上で、そもそも、なぜ、こんな問題が起きてしまったのか?を深く掘り下げていくのです。
いわば、離婚問題が生まれるきっかけ、原因を探っていきます。
ここはカウンセリングのひとつの真骨頂でもありますね。これは次週お伝えしたいと思います。

>>『パートナーから離婚を切り出されたら(3)〜なぜ、離婚問題が生まれたのか?〜』につづく

関連する講座へのリンク集

103.離婚の心理学1〜破局の危機は乗り越えられる〜
105.離婚の心理学2〜相手を責めることは効果はあるの?〜
107.離婚の心理学3〜傷ついたハートを癒そう〜
109.離婚の心理学4〜離婚は失敗?〜
164.許しと手放しの心理学
258.浮気と離婚の問題を乗り越える〜それでも幸せになれるのです(1)〜
259.浮気と離婚の問題を乗り越える〜それでも幸せになれるのです(2)〜
264-1.執着を手放して自由になろう!(1)〜執着をなかなか手放せないのはなぜ?〜
427-1.離婚の危機を乗り越えて(1)〜ホッとして、あふれ出す感情〜
427-2.離婚の危機を乗り越えて(2)〜元鞘は“ゴール”ではなく“折り返し地点”〜
427-3.離婚の危機を乗り越えて(3)〜受容と解放と見えない罪悪感〜
427-4.離婚の危機を乗り越えて(4)〜許しの向こうにある10倍のロマンス〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール