お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.556-2 被害者感覚から脱出(2)〜感情や、行動の決定権を取り戻す!〜
講師:原裕輝
この感情を感じているのは◯◯さんのせいだ!という視点で物事を受けとめている時は、自分の感情が変化さすためには◯◯さんがなんとかしないと自分の感情がどうにかなるように思えません。
自分の感情なのに、自分の感情がどうにかなるコントロール権が自分になくなってしまうんです。
Keywords
私の感じ方せい コントロール権 権利 言葉使い 手放す

●私の感じ方としては◯◯と感じるという視点

例えば、Aさんが「こんな腹が立つ気持ちになっているのは、Bさんのせいだ!」と思っているとします。

こんな感情になっているのは、まるっきりBさんのせいだと思っている時は、腹が立つ気持ちがどうんにかなるのはBさんが態度を変えるとか、その場から立ち去るとか、Bさんが何らかの対応をしないと腹が立つ気持ちはどうにかならなくなってしまいますね。

つまり、その感情がどうにかなる権利はAさんにはなく、Bさんにあることになってしまいます。

Aさんは自分の感情なのに、自分の感情のコントロール権が自分にはなく、Bさんにあることになるのです。こうなってしまうのはもったいないと思いませんか?
被害者の感覚の時は、自分の感情のコントロール権が自分にはないような視点を持ってしまいがちなんですね。

自分が感じている感情の原因を外に起因させる視点である時に私たちは被害者感覚がしてしまいます。こういう時は原因を外ではなく内に起因させる視点を持つといいでしょう。

起こった物事の受け止め方として「こんな腹が立つ気持ちになっているのは、Bさんのせいだ!」と考えることもできるのですが違う考え方もできます。

「Bさんと話していると私は腹が立つ。だけど他の人は仲良くやっている。この違いはなんだろう?」と考えることもできます。
私の感じ方としては◯◯と感じるという視点を持ってみるんです。

そう考えると私としては腹が立つと感じる理由が見つかるかもしれません。

「昔私をいじめた◯◯さんと似ているところをBさんに感じているから腹がたつんだ」
「腹をたているお父さんを投影していたんだ!」
「昔、私をふった彼を感じさせてる人だから腹がたってたんだ!」
「店員だったら私をいい気分にさせるべき!と私が思いすぎてたんだ!」
「上司なら、もっとしかりするべきだ!と私が期待しすぎてたんだ!」
「私がコンプレックスを持ってたんで、それを刺激されてしまってたんだ!」
などなど、なぜ私はそう感じてしまったのかのという理由が見えてくるかもしれません。

こう考えると感情のコントロール権利はAさんにあることになります。

私の感じ方の問題、私の感じ方の傾向として起こっている現象を捉えるので、その感じ方を何とかできる権利を自分自身に取り戻すことができますね。

過去の誰かとの関係の傷を癒すことだったり、観念を手放すことだったり、コンプレックスをなくすことだったり、なんらかに取り組むことにより感じ方のパターンを変えることもできます。

全てこの考えをしましょうという訳ではありません。
嫌な気分になるのは全て自分の感じ方の問題ですと言っているわけでもありません。

物事の受け止めか方が被害者になる傾向が多い場合は、この考えを取り入れていくことで嫌な気持ちになることを軽減できたり、また嫌な気持から抜けだす糸口が見つかりやすくなるかと思うんですね。

●言葉使いを変えてみる

私たちの思考は言葉によって縛られているところがあります。
言葉を変えることによって、被害者の視点での物の受け止めかたを変えていけることもあります。

被害者感覚がある時は、「傷つけられた」「悲しい思いをさせられた」「疲れているのにつきあわさせられた」というような「〜られた」「〜させられた」と相手が自分の感情や、行動の決定権を持っているような言葉になってしまいがちです。

「〜られた」「〜させられた」という言葉使いを手放そうと思ってみるんです。

「私は傷ついた」「私は悲しく感じた」というように変えると、私の感じ方としてはそう感じたという視点で物事を受け止められる形になります。

「疲れているけど断りにくかったのでつきあった」というように変えれると、私が行動の最終決定をしたということになります。

相手が自分の感情や、行動の決定権を持っているわけではなく、自分自身が自分の感情や、行動の決定権を持っている形になりますね。
自分自身が感情や、行動の決定権を持っているという感覚を取り戻すんです!

『◯◯させられた』という被害者の立場から抜けだした視点で物事を受け止めれると、被害者感覚の時のしんどい感覚や感情から解放されてやすくなります。

被害者感覚の時のしんどい感覚や感情から抜け出すために、言葉使いを変えてみることに意欲を持ってみるのもいいかもしれませんね。

>>>『被害者感覚から脱出(3)〜依存心が被害者感覚を生むとき』〜につづく



関連する講座へのリンク集

205.被害者になってしまう心理〜依存心を手放して“無害者”へ〜
359.自分を越えること〜新しいレベルのパートナーシップ〜
528.被害者意識は加害者意識?〜罪悪感の罠〜
555-2.信頼の心理学〜信頼と期待、加害者と被害者〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール