ほっとする時間を持ってみませんか ~カウンセリングへのお誘い~

カウンセリングと言う言葉がそこここで聞かれるようになり、少しずつ社会に
受け入れられてきたのかなと感じる今日この頃ですが、最近になって以前より
カウンセリングを利用して下さる40代後半から50代の方がすこ~しだけ増
えて来たように感じています。
同じ年代でもある私はとても嬉しく思っています。


私達が20代や30代だった頃は、カウンセリングなんて言う言葉を聞く機会
は殆どありませんでした。
たまに外国の小説などを読んで当たり前のようにカウンセリングを受けている
場面に遭遇しても、日本では受ける機会なんてないなぁ・・・と残念に思って
いました。
それが最近になってあちらでもこちらでもカウンセリングと言う言葉を目にし
耳にする機会が増え、カウンセリングを取り巻く環境が変わって来たと実感し
ているのですが、そんな時代にあってもまだまだ40代後半以降の年代の方の
ご利用は少ないのです。
そんな中で、少しずつお話をしに来て下さる方が増えて来ました。
そして少し戸惑いながら
「誰にも言えなかったんですが・・・」
「こんなこと言うとなんだそのくらいって思われるかも知れないのですが・・
・」そんな言葉でお話を始めて下さいます。
お話を聞かせていただくと決して問題がなかったわけではないのです。
「しんどいなぁ。」「うまくいかないなぁ。」「どうしてこんな風になるのか
な?」等など色んなストレスを昔から感じておられたり、とても辛い思いをず
っと心の奥にしまったまま今日まで来られた方など何かしらの思いを抱えて電
話を掛けて来られていました。
そしてそんな思いをどうして良いのか分からなかったり、自分の我儘だからと
我慢していたり、仕方がないと諦めていたのです。
そんなお話をお聞きするにつけ、私はお話に来て下さったことに対してとても
嬉しく思います。
やっと吐き出そうと思えたのですね。
やっと楽になることを自分に許せたのですね。と素直にそう思います。
人に話したからと言って何になるの? 
そんな風に思われる方もいらっしゃるかも知れません。
確かに話したからと言って何かがいきなり大きく変わると言う事はないかも知
れません。
だけど、話すことで楽になることはいっぱいあるのです。
話すことで見えてくるものがたくさんあるのです。
自分の心が整理出来たり、どうしてこんな風に思うのだろう?と言う謎が解け
たり・・・
今までと違うものが見えてきたり・・・
私達は誰にも分かってもらえないと思う時本当に辛いのです。
何かをしてくれなくても、自分を分かってくれる人がいると感じるだけで救わ
れることがいっぱいあります。
そんな経験をしていただきたいなぁと思うのです。
40代後半から50代。家事、子育て、仕事とやらなきゃいけないことが山積
で、自分のことにかまっている時間を長い間持てなかったのではないかと思い
ます。
この辺りで一度ゆっくり心の声を聴いてあげる時間を持ってみませんか?
パートナーにも友人にも言えなかった思いを吐き出してみませんか?
ストレスはあるけど話しても仕方がない。
何を話していいのかわからない。
そんな風に思って諦めているとしたら、是非一度カウンセリングを試してみら
れることをお勧めします。
誰かに話すことで、自分の話をちゃんと聞いてもらうことで、心が楽になるの
だと言う事を実感していただきたいと思うのです。
自分のことを後回しにすることが当たり前だと思ってきた方々に、ちょっとほ
っとする時間を持っていただきたいと思うのです。
長い間当たり前のように色んな出来事を抱えて来られたあなたに。
誰にも自分を助けさせないままここまで来られたあなたに。
私のこと?と思いながらこの40代からの心理学を読んでおられるあなたに。
西田夕伎栄のプロフィールへ>>>

この記事を書いたカウンセラー

About Author

退会しました。

コメントを書く


※スパム対策の為コメントは承認制とさせて頂いております。書き込み直後には画面に反映されません。
また、確認のためのプレビューは行えませんのでご了承ください。