簡単な自傷行為をしてしまいました

相談者名
kachi
先日、衝動的に手首に爪を立てて跡をつけてしまいました。でもなぜかそれがとても安心できて、落ち着かなくなると手首に爪を立てるようになりました。
私はとても恵まれた環境にいます。家族にも本当に愛されているし、周りの人もみんな良い人だし、そこそこ良い大学に通わせてもらっているし、お金にも困っていないし…むしろ贅沢をしているくらいです。それに、自分自身もあっけらかんとした性格で、お話上手という訳ではないですが、明るい方だと思います。
しかし最近、周りの人に対して劣等感を持つようになり、私ってなんのために生きているんだろう?という考えがずっと私につきまとっています。死にたい、辛い、というより、生きていてなんになるんだろう、死にたいな~という、軽い感じです。
本当に心を病んでいる方に失礼だし、こんなの自傷行為に入らないだろう、単なる自己満足だろう、という思いもあるのですが、いつか爪がカッターに代わったら?本当に生きる意味が分からなくなって外に出られなくなったら?と思うと怖いのです。怖いというか、自分が心配なのです。
私はどうすれば、自分に自信を取り戻せるのでしょう。
誰かに話したくても迷惑に思われるのが嫌で迷っていたところ、たまたま15日にこのページを見つけたので、相談させていただきました。
カウンセラー
佐藤まゆみ
初めまして、kachiさん。
今回のご相談の回答をさせていただく、佐藤まゆみと申します。
どうぞ、よろしくお願いします。

kachiさんは冒頭に、こう書いておられます。

>先日、衝動的に手首に爪を立てて跡をつけてしまいました。

手首に爪を立てて跡をつけた程度だから・・・と軽く考えない方が良いですね。

>なぜかそれがとても安心できて、落ち着かなくなると手首に爪を立てるようになりました。

自傷行為は、行為自体が軽いものであったとしても、根本は心の痛みを体の痛みに変えてしまった結果です。
ですから、kachiさんの心の痛みの元になっている原因を探ってみることが大切ですね。

kachiさんは、文面からお察しして現在大学生で、とても良い環境の中で成長して来られたんですね。
ご自身もそのことを自覚し、ご両親や周りの方たちへの感謝の気持ちを持っておられるのは、素晴らしいことです。

でも、何不自由なく暮らしてきたはずなのに、どうやらkachiさんの心は満たされていなかったようです。

>最近、周りの人に対して劣等感を持つようになり、私ってなんのために生きているんだろう?という考えがずっと私につきまとっています。死にたい、辛い、というより、生きていてなんになるんだろう、死にたいな~という、軽い感じです。

直接お話をお伺いできるのなら、この部分はいろいろ質問しながらお聞かせ頂きたいですね。
推測の域を出ないのですが、kachiさんは今まで自分の意志で「こうしたい!」と望んで何かを決定し、行動したことがあまりなかったのかもしれない、という気がします。

ご両親は大事な子どものkachiさんのために、常に最良と思える教育や環境を提供してこられたはずです。
もちろん、それを受け取って成長したからこそ、今の大らかで明るい性格のkachiさんが存在しているといえます。

ただ、いつの頃からか自我の芽生えと共にご両親が提供してくださるもの以外に、ご自分の意志で望んだものも、きっとあったかと思います。
けれど、それを言い出せなかったか、言ったとしてもご家族は“良かれ”と思って、「こうした方があなたのためになる」という理由で却下された、という経験はなかったでしょうか?

kachiさんは、常に周りの期待に応える“良い子”だったと思います。
けれど、知らず知らずのうちに心の中では葛藤を繰り返していたのではないでしょうか。
周りの皆さんが「こうあって欲しい。」と願うkachiさんのイメージを、その通りに演じて来た可能性がありそうです。

今、皆が見ている私は本当の私ではない。
自分が自分ではないような感覚が苦しくて、自分を傷つけることで自分が生きている意味を知ろうとしている・・・
手首に爪を立てて安心できたのは、そんな気持ちの表れかもしれません。

>私はどうすれば、自分に自信を取り戻せるのでしょう。

自信とは、何かの条件をクリアしたから得られるものではありません。
自信も幸せも、自分自身が「私なら大丈夫!」とか「ああ、何て幸せなんだろう!」と【感じる】ことで、初めて意味を成すものなんです。

kachiさんは、今の自分を好きだとは言い難いのではないでしょうか?
周りの人に劣等感を持ってしまうのは、『こんな私じゃダメなんだ!』と、自分で自分にダメ出ししているからだと言えそうです。

あなたはどんなあなたであっても、周りの人たちから愛され、受け入れられる存在です。
“自分の意志で決めた、自分の人生を生きてみよう”
まずはこのことに、意識を向けてみて欲しいんです。

サポートが必要なら、カウンセリングのご利用も考えてみてくださいね。
電話カウンセリングでしたら初回無料でお話になれますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

kachiさんが本来持っておられる、のびやかで自由な資質が発揮できれば、それ自体が周りの人たちの喜びになりますよ。

今回は、ご相談くださいましてありがとうございました。

佐藤まゆみ

この記事を書いたカウンセラー

About Author

佐藤 まゆみ

1957年生まれのシニア世代。 自身の豊富な人生経験を生かした、自分らしく生きていくためのサポートが好評を得る。 得意ジャンルは、対人関係・自己啓発・恋愛。 “何かを始めるのに遅すぎることはない”の言葉通り、いくつになっても新しい人生を切り開いていけることを、身をもって実践している。