新しい自分になる

4月を迎えて新しい生活を向かえた方も多いのではないでしょうか。
新しい季節を機に、自分自身が持っていた自己概念を新しいものに変
えてみませんか?
今日は自分の自己概念を新しくするエクササイズです。
古い自己概念を捨て去り、新しい自己概念を声に出す。というもので
す。
自己概念を新しくするためには、自分の頭の中で考えているよりも、
「声に出してみる」方が良いんですね。と言うのは、耳からあらため
て聞くことにより、新しい考えが体の外側からも入って来ることにな
ります。
外側から自己概念が入ってくると言うことは、「心の関心の目」が外
から入ってきた自己概念に注目しているような状態です。
いくら今まで通りが良いからといっても、この状態で新しい自己概念
を無視することは困難ですよね(^^;
そこで、自己概念の「世代交代」が可能になってきます。
と言われてもついつい、頭で考えてしまいますよね。でもやることは
単純です。『頭でやらずに、声に出す。』と言うことです。
新しい自己概念を口にすることにはちょっと抵抗があるかもしれま
せんが、勇気を出して言葉にしてみてくださいね。
では、エクササイズに入りましょうね。
1.あなたが今まで自分に浴びせてきたネガティブな言葉を思い出し
てくださいね。
たくさんあるのではないでしょうか。
「何やってもだめなやつだ」
「なに調子に乗ってんの」
「存在する価値なんてない」
「生まれてこなければ良かったのに」
「こんな自分は相手にされない」
など・・・。
思い返してみると、なんてたくさん自分をいじめてきたんでしょうね。
こんな風に自分を扱うことに今日で「さようなら」してくださいね。
2.そして、これらの逆を言葉にして下さい。
「何やってもだめなやつだ」→「何でも出来るよ」
「なに調子に乗ってんの」→「自信持って良いんだよ」「自分を信頼
して良いんだよ」
「存在する価値なんてない」→「自分を必要とする人がいるはず」
「生まれてこなければ良かったのに」→「生まれてきてくれてありが
とう」
「こんな自分は相手にされない」→「とっても素敵だよ」「○○な価
値があるね」
言葉にするときは「誰かに(自分に)話しかけるように言ってあげて
くださいね。
ネガティブな言葉の逆が「新しい自己概念」であり、真実のあなたの
姿です。
ただ、そうありたいと思いながら、そんな自分でいられない時もあり
ますよね。そんな自分を大きく悔やんで悔やんで・・・。その結果、
「出来ていない自分」が本当の自分の姿だと『誤解』してしまったん
ですね。
ですから、あなたの本当の姿に戻してあげてくださいね。
3.これからのあなたを支える言葉を探してください。
言葉でも良いし、何かのセリフでも詩でも何でも良いです。
それを、また、読むのではなく自分の口から言ってみて下さい。心に
元気が出るまで何度も何度もです。
自分の中に優しく温かい言葉をたくさん入れてあげてくださいね。あ
なたにかけられた魔法が解けて本当の姿が出てきますように。
FROM 渡辺 晴美

この記事を書いたカウンセラー