いいエネルギーを言葉に込める

この間、あるお店のトイレに入ると、『いつも綺麗にご利用いただきありがと
うございます。またのご利用をお待ちしております。』と書かれていました。
普段よく目にするのは、「トイレはみんなで利用するものです!きれいに使用
してください!」とか、「他の人も利用されます!ゴミを散らかさないでくだ
さい!!自分のゴミは自分で処理しましょう。」などと書かれているものが多
いので、何だか新鮮な気持ちになりました。
こういう風に書かれると、悪い気分はしないし、きれいに使おう。。
なんて気分になったりしますよね。
実際に、そのお手洗いはとても小奇麗に整頓されていました。
そこを使うお客さんが自然とそうなるのか、従業員の方がきれいに掃除されて
いるのかはわかりませんが、気持ちのよい空間でした。
反対に、「きれいに使いましょう!!」と大きく書いてあるトイレに限って
汚れている所が多い気がするので、不思議ですよね。
ちょっとした言葉遣いひとつですが、「〜してください!〜しましょう!」と
強く(!)言ってしまうと、“〜がない状態が前提”になってしまうので、受
ける方としても、嫌な気分とまではいかなくても、あまり「そうしよう〜。」
という前向きな気持ちにはならないのかもしれません。
その結果、きれいに使おう〜という意識ももちにくいのかもしれませんね。
でも逆に、もう“それがある状態を前提に”言葉を使うと、感謝もできるし、
受ける側も何か信頼されているようで気持ちいいですよね。
それがなんとなく綺麗に使おうという意識になっていくのかもしれません。
(もちろん、時と場合によっては、「〜してください!〜しましょう!」とい
う表現が必要になることもあると思いますので、あくまで比較という点で感じ
てみてくださいね。)
綺麗に整理整頓されている場所には悪いものは入りにくいといいますが、言葉
からきれいなエネルギーを与えてあげるのも同じようにいい環境、いい循環を
作りだすのかもしれません。
そこで、今日はいいエネルギーを意識して言葉を使ってみましょう。
1.まずは、あなたが欲しいもの・状況をイメージしてみてくださいね。
  ゆとり、平和、安心感、愛情、等の感覚的な言葉でもいいですし、
  こういうパートナーが欲しい、こんな仕事がしたい、など
  具体的な状況でもいいですね。
  もしくは、誰かにこうして欲しい、こうあって欲しいというのも
  いいかもしれません。
2.それが満たされていることを前提に、自分に自身に、または誰かに
  声をかけてみましょう。
  例えば、私はいつも平和で満たされています。
        いつも愛情にあふれていて幸せです。
        とても豊かです。ありがとう!    などなど。
    自分自身に対しても、実際に声に出して言ってみてくださいね。
    
  そして、誰かに頼む時も、それをしてくれていること、できることを
      イメージしてお願いしてみましょう。
     「ありがとう。」という感謝の言葉も付け加えて☆
from 塩田 純子

この記事を書いたカウンセラー

About Author

休会中です。