選択の力を使う

今日はとってもシンプルなエクササイズをご紹介します。
大事に気持ちを込めて…!やってみてくださいね。
私達は日常の中で小さな選択を一杯しています。小さな選択の積み重ねで
普段の言動や現実をつくっています。
無意識では、自分が望んだことがすべて現実になっているともいわれます。
そうはいっても、「そんなことない!こんなこと望んでない!!」
「幸せになりたいのに、現実は全然違う!!」
嫌な気持ちを一杯感じて、悲しんだり怒ったり、誰かや何かに恨み事の
ひとつもいってみたり…
こんなことは現実にあったりしますよね。
でも、否定したり誰かのせいにしてしまったりすると、自分の中にある
今の状況を変える力まで否定してしまうことになります。
だから、こんな風に考えてみて欲しいんです。
もし心の深いところでいろんな感情を感じて、一瞬でも今手に入っている
もののすべてを自分で選択しているとしたら…?
自分が選択した現実も、選び直して変えていくことができるんですよね。
だから、自分で責任をもってみようと。
私たちの心の中は複雑で、ずーっと昔のいろんな感情の記憶が埋め込まれて
います。だから、頭で理解できないことや、ワケがわからないことも沢山
あります。
でも、こんな感情が自分にあるんだと認めてあげることで、変えていくこと
もできるんですよね。
その結果、自分にとって辛い選択や間違った選択をしていたとしても自分を
責める必要はないんです。
ただそれを素直に受け入れて、もう一度選択し直してみるだけでいいんです。
よりよい選択を。よりよい真実を、願ってみましょう。
おまじないのように唱えてみてください。
1.今どんな気持ちですか?
  まずは自分の気持ちを正直に見つめてくださいね。
  自分の気持ちを偽っていたり、受け入れていないと、新しい選択も
  できないですから。
  
2.そして、もしネガティブな感情があるなら、
  「これ(この感情/こういう状況/こういう関係)は
   自分が望んでいることではない!」
  「これ(この感情/こういう状況/こういう関係)は
   自分が欲しかったものではない!」
  「これは真実ではない!」
  そう‘実際に声に出して’表現してみてください。
  大きな声で言ってみましょう。
  
3.そして、新しい選択をします。
  「私は〜〜を選択します。」
  「私は真実を選択します。」
  もし自分にとって、何がいい選択かいい真実かわからなければ
  「これは自分が望んでいるものでない!」と強く言い放ってみてください。
  声に出すことで、いろんな感情がでてくるかもしれません。
  幸せを選択することで、幸せのブロックになっていた感情が出てきやすく
  なります。
  もしそんな感情が出てきたら、感情を感じきるチャンスです。
  否定するのではなく、ただそのままを感じて流してあげてください。
  感情は感じてあげることで少しずつ流れていきます。
  そして、それを感じながら、新しい、よりよい選択をしてみましょう。
  自分によりいいものをもつことを許してあげてくださいね。
  よりいいものを選択してみましょう。
from 塩田 純子

この記事を書いたカウンセラー

About Author

休会中です。