« 「大切な人の障害や病気」に「ショックや絶望」を感じるのは「深い愛」が隠れているから | メイン | 震災から6年...力強くいきる魂① »

2017年2月28日

『愛を受け取りませんか?』 高塚早苗

 「離婚届けにサインして!」

 半ば強制的に旦那さんに言い渡し、私が勝手に家を出ていってから、4年の月日が経ちました。


そして今、私達夫婦は再婚し、とても仲の良い夫婦となっております。(同じ方と再婚です)

それは私が、愛を受け取れるように、なったからだと思います。

今日は、私が愛を受け取れるようになるまでの、お話しをさせていただきます。


まず、 最初に我が家の話を少しさせてくだい。

 私の祖母は、私からみると、家族の問題児のような女性でした。
嫉妬深くて、執念深い、そして嫌味なところが私はすごく嫌いでした。

勿論、それは私の勝手な思いこみからの、祖母の姿です。


皆さんの中にも苦手な人っていますか?「あーはなりたくないな」って思う方とかね。


そこには私の罪悪感がありました。幼い私には大好きな両親や祖父が、
祖母のせいで、辛い思いをしているように見えたのです。


余りにも幼すぎた私は、大好きな祖父や両親を、助けることが出来ずにいる
辛すぎる自分の感情から、祖母が悪いからなんだと、思いこんでしまいました。

無論、それは私が勝手に作り上げた、祖母が加害者で、私が被害者でいる物語でしかありません。
 

私は、罪悪感の気持ちでいっぱいでした。

 罪悪感という感情は、自分は罰せられるにふさわしい、という思いから、
幸せになってはいけない、という思いに至るようです。

故に私は、人からの愛を、受け取ることを完全に拒否していました。
だって私は、幸せになってはいけないから、、、、


 そしてもう一つ、私は勝手な自分の思いこみがありました。
私の思うような形の愛ではないから、「その愛はいりません」とも思っていました。

皆さんはどうですか?自分の思うような形の愛でなくても、その愛を受け取れていますか?


 私が誰かと話をしていて、「そうなの、大変ね」と私の気持ちをわかって欲しいのに、
全く違うことを言われ、なんか嫌だなもうこの人とは、話したくないなと思ったりしていました。

その人はその人なりに、私の事を思って、話してくれているのに私は、
その人の気持ちを、その人の愛を、全く理解しようとはしませんでした。


 そんな私ですから、旦那さんとは、「私は悪くない」という、正しさの闘いを、日々繰り広げていたのです。

「今忙しいのに何故、家事手伝ってくれないの?」「子育てにもっと協力してよ」等
自分の思い通りに動いてくれない、私の思うような愛をくれない、旦那さんに私の不満は、募るばかりでした。


挙句に離婚までしてしまったのです。


 皆さんも「自分は悪くない」という、正しさの闘いってすることは、ありませんか?
この闘いって、恋愛に限らず、人間関係でよくありがちかもしれませんね。

そして自分の思うような愛の形ではないので、「そんな愛はいりません」と思ったりしていませんか?


今となってみると、旦那さんは仕事で疲れて、家でくつろいでいるだけだと、わかるのですが、当時の私は
「私のお願いを、旦那さんは聞いてくれない」「私の思うような愛をくれない」と、物凄く怒っていました。


日々の漠然とした生きづらさから、私はカウンセリングや、心理学のセミナーを、受けるようになりました。
そこでいかに、当時私がどれだけ、自分を責めていたのか、自分自身を大切に出来ていないのか、ということに気づかされたのです。


私は自分自身を、徹底的に癒すことに、専念することにしました。

だって今まで私がいた場所は、愛とは全く無縁の、孤独でとてもさみしい世界でしたから、もうそこの場所からは、卒業したかったのです。

自分が被害者でいる、物語からの脱出です。


自分を癒していくと、罪悪感という感情が軽減され、自分を大切にできるようになり、「私、幸せになってもいいんだ」と
思えるように、少しずつなっていきました。


 心理学の先生が、よく話されていることがあります。

「自分の欲しい感情は人に与えるといいですよ。そして与えれば与えるほど大きな愛の人になります。」

私の一番欲しい感情は、「自分をわかって欲しい」ことでした。
ですから私は色々な人を理解しよう、わかろうと思ったのです。

色んな人を理解しようと、意識して日々過ごしていくと、私に沢山の人が、愛を送ってくれていることに、気が付きました。

それは同僚だったり、家族だったり、友達だったり、それはもう沢山の人達です。


 私が勝手に嫌っていた、祖母も愛を送ってくれていた事に、気がつきました。
私が幼い頃に、一緒に写っていた写真の祖母は、満面の笑みでしたし、私が落ち込んでいる時も祖母は「頑張れ」なんて励ましてくれていたんですね。


全ては私が、「愛をいりません」と、みんなからの愛を、拒否していたのです。


 自分の癒しが進み、今まで皆からの、愛を受けとれていない事に、気づいた私は、
旦那さんと話し合いを、することにしたのです。


それは旦那さんの言動を、振り返った時に、旦那さんも沢山の愛を送ってくれていた事に、気づいたからです。
旦那さんは、言葉で私を労うことは、あまりありませんでしたが、私に対する不満の言葉もなく、穏やかに毎日いてくれていました。


そして優しい旦那さんは、私と会うことに快くOKしてくれました。


そこから旦那さんとは、どんどん愛が深まり復縁する事になったのです。
快く今の私を受け入れてくれた、旦那さんに感謝しかありません。


 自分が被害者でいる、世界から抜け出したいという強い思い、そして自分の思うような、愛の形ではなくてもいいので
、愛を受け取ろうと思うことが、幸せなパートナーシップを築く、一番の近道のように私自身は思います。

もしかしたらそれは、人間関係全般にも、いえることかもしれませんね。


最後までお読みくださりありがとうございました。

高塚早苗のプロフィールへ>>>

投稿者 cseditor : 2017年2月28日 00:00

コメント

コメントしてください




保存しますか?


※スパム対策の為コメントは承認制とさせて頂いております。書き込み直後には画面に反映されません。
また、確認のためのプレビューは行えませんのでご了承ください。