« 部屋の片づけに想う | メイン | 過去を振り返って »

2016年12月27日

『どんな自分になりたいですか?』 岡田郁美

ありがとうございます。
岡田郁美(おかだいくみ)です。

もう少しで今年も終わり、新しい年になりますね。
今までの自分を振り返り、ご自身の変化を感じていただき、
来年、どんな自分になりたいか、思い描いてみませんか?


私の話になりますが、
カウンセラーになりたくて、4年前にカウンセリングサービスの母体、
神戸メンタルサービスのカウンセラー養成コースに入会し、
昨年、念願のプロカウンセラーになりました。


私は、普段は看護師をしています。
この4年間に、離職と復職を経験しました。

私は子供の頃から、自分の感情を感じないようにしてきたようでした。
それに気づいたのは、心理学を学び始め、
ヒーリングワークというものに参加したのがきっかけでした。

ヒーリングワークとは、
カウンセラー養成コースのカリキュラムにある癒しを体感するセミナーです。


頭では、寂しいや悲しい、嬉しいや楽しいなどの感情を理解できていましたが、
心で感じるということが、出来ていなかったようなのです。

ヒーリングワークに初めて参加した時は、なんだかわからないけれど、
とても感情が高ぶっていて、「また、行きたい」と思いました。

何回かヒーリングワークに参加しているうちに、
「仕事を辞めたい」と思うようになりました。


職場では、1年に何人もの方が、いろんなかたちでお亡くなりになります。

事故で亡くなられる方、
長い闘病生活の末に亡くなられる方、
ご家族に看取られ,亡くなられる方、
お一人で亡くなられる方、
本当にさまざまです。

感情を、心で感じるようになってからは、それに耐えられなくなったようでした。


病院を退職してからは、デイサービスで働いていました。
デイサービスは、お元気な高齢者の方が、主にご利用になります。

実際に看取ることはありませんでしたが、1年半の間に、数名の方の訃報がありました。
「どこで働いていても、私の仕事は、人の生死と関わることなのだ」と感じました。

哲学的な話になりますが、
自分の生まれてきた目的や使命みたいなものを受け容れたという感じです。

今年デイサービスを退職し、新規オープンのサ高住という高齢者施設に就職し、
訪問看護師として、施設のスタッフとして、入所者さまのケアをさせていただいております。

そこのスタッフはみんな転職組です。
そこで、スタッフが気持ちよく働けるようサポートしたいと思っています。

新しい職場で、カウンセラーとしての経験も活かせ、人の役に立てることがとても嬉しいです。

心理学を学び始めた頃、感情を抑える自分のパターンが、
子供の頃の親子関係にルーツがあると知り、親を恨んだこともありました。

心理学を学ぶだけでなく、実際にカウンセリングを受け、癒しをすすめていき、
時間はかかりましたが、親を許せるようになりました。

感情を感じないように抑えるパターンは、
感性の繊細さや優しい心を、辛い経験から守るためであったようです。


仕事柄、感覚というものがとても大切になってきます。
もちろん、人を思いやる優しさも。

癒しをすすめて、自分の持っているよいものを、ずいぶん受け容られるようになりました。

また、感情を抑えて仕事をすることは、
緊急時に、冷静な判断ができるというメリットがあるということも、最近実感しました。


このようなことを、「問題の向こうにギフトがある」といいます。

この「ギフト」というのは、その人の持っている個性や才能のことです。


私は、紆余曲折しながらも、癒しをすすめ、自分の個性や才能を受け取り、
「仕事が楽しくてしょうがない」と思えるようになりました。


私の幸せは、
まわりの人が幸せを感じて、笑顔でいてくれること。
その人が、その人らしく生きるために、役に立てること。


心から、そう思えるようになったことに、本当に、感謝しています。


今、辛い状況におられる方、
自分が苦しいのを何とかしたいと思われている方、

必ず、そこから抜けられます。


そして、あなたの素晴しいギフトを受け取り、
幸せを感じられるようになると、信じてください。


どうか、あきらめないでくださいね。


自分の使命みたいなものを受け容れる時、
「私は、どうしたいか?」
を考えました。けれど、迷いが出てきました。

次に、
「私は、どうありたいか?」
を考えました。

・ご機嫌でいること
・笑顔でいること
・自分から、挨拶する
・してほしいことは、自分からする
・自分に正直でいる
・自分を受け入れる
・自分を信頼する
・目の前の人を喜ばせる
・あきらめない
など、
自分のあり方について、書き出しました。


そして、
「自分のまわりの人を幸せにしたい」
「そのために、自分が幸せを連鎖させる人になろう!」
そうコミット(覚悟を決める)ことができました。

すると、まわりから頼りにされるようになりました。
なりたい自分に近づいていきました。

あなたは、どんな自分になりたいですか?


この機会に、思い描いてみてくださいね。


上手くイメージができない時や、迷った時は、

「自分は、どうしたい?」
「自分は、どうありたい?」

と、ご自身に問いかけてみてくださいね。


自分の幸せにコミットできるかもしれませんよ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よいお年をお迎えくださいませ。

岡田郁美のプロフィールへ>>>

投稿者 cseditor : 2016年12月27日 00:00

コメント

コメントしてください




保存しますか?


※スパム対策の為コメントは承認制とさせて頂いております。書き込み直後には画面に反映されません。
また、確認のためのプレビューは行えませんのでご了承ください。