« 無音の音楽を『視る』という体験から感じたこと | メイン | 100万分の1の奇跡 »

2016年11月29日

『「感謝のチカラ」は、優しさと穏やかさを与えてくれる』 那賀まき

11月になり、あちらこちらで来年のカレンダーや手帳を見かけることが多くなりました。
みなさんは来年のカレンダーや手帳を買いましたか?わたしは、見かけるたびに来年はどのカレンダーを買おうかな?今使っている手帳もいいけど、もっと素敵なものに出会えないかな?と思って探しているところです。

 わたしは、毎朝、1日のスケジュールを時間ごとに書き出すタイプのスケジュール帳を使っています。1ページで1日分になっていて、スケジュール以外の部分は、自由に書き込めるようになっているんですね。今までは、スケジュールとTODOメモくらしか書いていなかったんですが、ふと思い立って、スケジュール以外のフリースペースを3つに分けて使うようにし始めました。

3つのスペースの一番上の欄には、毎朝、その時に感じた「感謝」を。真ん中の欄は今まで通りのTODOメモを。そして一番下には、1日の最後に自分に対するねぎらいの言葉を。

毎朝書いた「感謝」を見直してみると・・・。

一番多いのは、家族のことでした。

夫や子供が元気でいてくれること、健康であること。離れて住んでいる母や妹、姑が元気でいてくれること。家族が健康で元気でいてくれるからこそ、わたしは仕事もできるし、自分の時間を取ることもできるんだなぁ・・と、そんなことを思うようになりました。わたしにとって、家族は大切な存在なんだと再認識もしました。そして、大切な家族のために、自分もまた健康でありたいとも思うようになったんですよね。

主婦で母で仕事もしていると、ついつい「やるべきこと」「やらねばならないこと」に心を奪われてしまい、自分のことは後回しになりがち。でも、家族への感謝を書き始めてからは自分の体や心を労わろうという気持ちを持ちやすくなりました。自分のために・・と思っていた時よりも、大事な家族といたいから・・と思い始めてからの方が、自分を労われるだなんて、おかしな話ですね。おかしな話ですが、人は「大切な人」のための方が頑張れたりするんですよね。

夫と暮らせること。息子と同じ時を生きることができること。それを「ありがたいなぁ」と思ってみると、その時間を大切にしたいと思うし、いとおしくも感じるようになりました。

わたしたちは、何かを大切にしたいと思ったり、いとおしいと感じたりしているとき、穏やかで優しい気持ちを感じます。そして、そんな気分の時には、優しい行動をとりやすいし、自然と笑顔になったりもします。

毎朝、「この人たちが元気ででよかった」と思っただけなのに、勝手に「笑顔で優しいお母さん」、「笑顔で優しい奥さん」になれるんですから、「感謝の力」って、すごい!ですね。

この記事を書くにあたって、書き始めてから1か月分くらいを見直してみると、友達や仕事でかかわりを持つ人に対して、「この人と出会えてよかった。」「この人がいてくれてよかった。」という言葉を綴っていたり、天候や気候に感謝したり、地球がちゃんと自転してくれている!と書いていたり、電気、ガス、水道などが自由に使えていることに「ありがたい!」と書いていたりしています。

普段意識するかしないかに関わらず、たくさんの人や人の手ではどうすることもできない自然の恩恵に囲まれて暮らしているということに改めて気づくことができているような気がします。

今、あなたが「感謝」するとしたら、それはどんなことでしょうか?

誰かに伝えるわけではなく、ただ自分が勝手に「感謝」する。
自分しか知らないことだけど、それでも「感謝」することで、自分が自分に優しくなれる。
そんな「感謝の力」を使ってみるといいかもしれませんね。

読んでくださった「あなた」に感謝を送ります。

那賀まきのプロフィールへ>>>

投稿者 cseditor : 2016年11月29日 00:00

コメント

コメントしてください




保存しますか?


※スパム対策の為コメントは承認制とさせて頂いております。書き込み直後には画面に反映されません。
また、確認のためのプレビューは行えませんのでご了承ください。