« 2000年6月 | メイン | 2000年9月 »

2000年7月28日

「愛される人」・「愛させる人」

こんにちわ、ナルイヒロミです(*^-^*)
前回から、ま~た時間が空いてしまいましたね(>_<)本当は毎週更新されるべきページだったのに、いやはや、申し訳ないです。でも、こんないつ登場するか分からない私にも「ファンです」って言って下さる人もいます。う~ん、幸せ者ですね(^^)

今日は~、またまたカナダでの収穫の話でもしたいと思います。

私は最近、誰かに対するアドバイスには、なんだかんだ言ってこの事しか言ってなかったりするんてす。
”誰かに、自分を愛させてあげてくださいね”って。
”愛情を受けとってあげて下さい”って。
これも、前回の”欲しいものがあれば、まず自分から~”にダブるんですけどね、でも、すごく大事で、なんとも手っ取り早い方法なんですよ~。
「ねぇ、奥さん!」ってな程の、耳寄り情報なんです(^^)

カナダのワークショップで、私は”サンディ”って人と出会ったんです。彼は~、39歳とか言ってたかな???でも、めちゃめちゃ若く見える人で、見掛けは39歳にしては若々しく、そして小汚く(^^)、意味も無く(?)ずーっとバカ笑いしてて~、なんだか不思議な雰囲気を持った人でした。
彼の事を、セミナー会場に居た人達は、みんな好きなんじゃないか!?ってくらいの人気者で、本当、名前通り、太陽のような人でした。
彼は”人とつながる”って事が、天才的に上手だったんです。

彼は、自分からも、もちろん相手を愛する人でしたが、それ以上に、相手からの愛情を、とても素直に、気持ち良く受け取るんです。
彼は、「おまえ、他に言うこと無いんかい!」ってくらい(^^;)毎日私に言っていました。
”僕を愛してくれて、ありがとう”って。
私が何か特別な事をした訳でもなく、ただ「さんでぃ!さぁ~んでぃ~(*^-^*)」
ってふらふらと寄って行ってただけでも、彼はそう言ってたんです。
そして、彼は本当に嬉しそうな顔をするんですよね。
それを見ている私も、つられて嬉しくなってしまいます。

で、です!
そんな事をされちゃうと、私達が思うのはただ1つなんです。
「もっと、愛してあげたい」って。
もちろん、彼は人気者になりました。彼の周りに人が居ない。って事がなかったくらいです。彼の周りは笑い声が絶えなくて、彼の周りに集まる人達も、なんだかとても楽しそうでした。私も、その一員です。

さて、私が彼から何を学んだのかと言うと~、
「人からの”愛情”っていうのは、常にいっぱい溢れていて、すごく身近にあったのに、私がそれを受けとって無かっただけなんだ~。」
って事です。

「愛されたい」 コレって誰もが思う事だと思います。もちろんナルイヒロミもめちゃめちゃ思っています(^^;)
でも、時として「私って愛されてないな~」ってどよ~ん・・・っとしてしまう事もあります。私もついついそうなっては「ふ~んだ!」って開き直った態度を取ってしまいますが~・・・。
でも、そういう時って、私が扉を閉めてたんです。閉めてるんです。
まるで、”ウニ”の皮でもかぶっているようですね。”ヤマアラシ”の方が分かり易いでしょうか?(「ヤマアラシ・ジレンマ」って用語もあるくらいですから
(^^))
トゲトゲを出したまま「愛してくれ~!」って願ってるんです。
「・・・そんなん近付かれへんがな!!!」ってのが周りの人の素直な感想ですよね?(^^)
もし、「な~ん、誰にも愛されてない。って感じ~」って事があったら、自分がトゲトゲの衣装を着ていないか、チェックしてみるといいですね。もしかしたらトゲのどっかに誰かの愛情が刺さっているかも知れません(^^;)

”「愛される」為には、「愛させる」”
コレも”鉄則”って言えるんじゃないでしょうか?

この頃、ちゃんと、愛させてますか???

ナルイヒロミは~、意地張ってばっかで、まだまだです(>_<;)
スローガンは「目指せ!サンディ!」です。
その為にも「ありがとう(*^-^*)」って言葉をもっと使って行こう!っと思っている、今日この頃です。

読んで貰って、「ありがとう(*^-^*)」です。

投稿者 cseditor : 00:00 | コメント (0)

2000年7月11日

ラブレター フロム カナダぁ~♪

はい、こんにちわ!ナルイヒロミです(*^-^*)
カナダから帰って来てから、かなりの時間がたってしまいました~。
ハハハ~(^^;)ほんま、すいません。

話はちょっとズレますが、ナルイヒロミは今、神戸の北野異人館で1カ月だけの代理メイドさんとして働いています(^^)こんな、めったに出来ない仕事のチャンスを貰えて、めちゃめちゃラッキーです。よかったら、みなさんも遊びに来てくださいね。ソコは”シュウエケ邸”と言って(ちょっと宣伝(^^))北野で唯一!
現在も人が住んでいるにもかかわらず、一般公開しているという、生活感バリバリなトコロなんです。そこのマダムがまた困った人で(^^;)、いっぱいいっぱい「気付き」をくれちゃう事が多い今日この頃なんです。ふふっ、また癒されちゃいますね(^^)

さて、本題に戻りましょうね(^^;)
今回のカナダは、本当にパプニングの多い旅行で、土産話の尽きない旅となった訳ですが、今回の旅で私が収穫したものの1つをお話ししたいと思います。

”欲しいものがあれば、まず自分から~”コレって、鉄則なんです。
正しくは”自分が欲しいものを誰かに与えた時、初めてそれが手に入る”って言うですけどね。何か「自分の欲しい(相手に望む)”要素”があれば、逆に自分からそれを与える」って事です。そうすれば、おのずと自分の欲しかったものが手に入るんだそうです。
「ふむふむ。」っとだけ、私はまた理解していました。
(最近、こんな話ばっかりですが・・・(^^;))

で、カナダでの話です。
私は、10日間のワークショップ(カナダで、心理学のセミナーがあったんです。で、私はそれに参加して来たんですね。)の後に、ホームステイをさせて貰ったんです。英語がちぃ~っとも!話せないのにです!今、考えるととても無謀な話です。
私の武器は、少しの単語と、電子辞書と、ボディーランゲージだけです。まるで、江頭2:50のような怪しい動きをした生活でした(^^)
10日間のセミナーの間は、北端夫妻を含め、10人くらいの日本人チームと、心強い通訳さんのおかげで、な~んの苦労もなく、日本語ONLYで生き抜いたナルイヒロミでしたが、ホームステイではそうは行きません(>_<)
たった3日間のホームステイの長い事、長い事。すっかり「無口な子だ」と思われてるに違いありません(^^;)特に、最初の1日がとても地獄でした。
10日間のセミナーで”つながり”ってものを思う存分感じた後ですから、英語の中での生活の、その孤独感や分離感。あぁ、考えただけで、涙が・・・(T-T)
10日間の間では「あぁ、言葉なんて関係ないんだ~!う~ん、素晴らしい!」なんて思ってたのも、あっさり突き落とされてしまいました。

そこで、私がとった行動です。
10日間のセミナーの間、フリーの時間はいっぱいありました。でも、私は国際電話や、e-mail、エアメールまでも一切しなかったんです。「エアメールは絶対送りたい!」って、ポストカードを買い込んだにもかかわらず、です。
「書かなかった」ってよりは、書けなかったんですね。「書かなくても、よかった」っていう方が正しいのかも知れません。
ところが、ホームステイした次の朝、私は狂ったかのように(^^;)ポストカードを書きまくっていました。15人以上には書いてたんではないでしょうか?それまで、どんなに「よっしゃ!なんか早起きもしちゃった事だし、書くです!」ってしてても書けなかったのに、たった2時間弱の間に、スラスラと書きあげてしまったんです。あまりにも多くなっちゃったので、無理に切り上げて、また明日書こうとしたら、次の日にはまた、全く書けなくなっていました。

さて、私に何が起こったのかと言うと~、
私は、その朝、本当に寂しかったんです。不安だったんです。
セミナー中と違い、相手や相手の家族達と全くコミュニケーションの取れない自分。違う家に「お邪魔してる」って感覚。もしかしたら、この人達は私のホームステイをあまり快く思ってないんじゃないだろうか?って疑い。色々ドロドロに混ざりあって、私の頭はとてもとても忙しかった事でしょう。

私は”つながり”が欲しかったんです。
「誰かに愛されてるな」って感じたり、「一緒にいる感覚」が欲しかったんです。で、私は大量のラブレター フロム カナダを送ったんです。
本当に、面白いんですが、書き終えた後、私はなんだか満たされた気分になっていました。「私は、たった1人だ・・・」って言うあの感覚は無くなっていました。

それからです、ホームステイを楽しく感じたのは。そして、彼女達がどんなに私と楽しもう!ってしてくれているかに気付いたのは。それまでは、見えなかったんです。気付けなかったんです。どっぷりと不安の中に埋もれていて、回りが見えてなかったんです。
で、そう気付いたら、また次の日からはエアメールを書くことを忘れている自分がいました(^^;)そう、セミナー中と全く同じです。私は”つながってる”って感じれてたんでしょう。今、一緒に居る人達と、そして、海を8時間も越えた所にいる私の大事な人達と”つながってる”って~。

欲しいものがあるとき、私達はなぜだかついつい、手に入ってない、その自分の手元ばかり見てしまいがちです。そして、どっぷり罠にはまるんです。
「なんでくれないだろう?」って言う、相手への”疑い”や”怒り”や、「なんで貰えないんだろう?」って、自分の中にどんどん入って行って自分を責めたり、嘆いたりしてそこから出れなくなってしまったり~。
でも、実は、そんな事、ど~でもいい事なのかも知れませんね。

少なくとも、私は、あの大量のエアメールで「みんなとつながろう!」とした結果、(もちろん、出してすぐに日本から返事が来る訳でもないのにです。)私は”つながってる”って感覚を手にいれました。
日本とカナダです。私が日本に帰るのと同じくらいにエメールも相手に届くでしょう。
つまり、相手の反応なんかがその時に無くっても、私は欲しいものを手にいれちゃったわけです。う~ん、不思議ですなぁ~・・・。
でも、この法則「使って見る価値」ありそうだと思いません???

投稿者 cseditor : 00:00 | コメント (0)