« 1999年11月 | メイン | 2000年3月 »

1999年12月 2日

タイランドより愛をこめて~

タイトル通り、タイ旅行に行ってきました。
3日間の滞在でしたが、なかなかの強行スケジュールで、疲れました。
色々なカルチャーショックにも負けず(?)楽しい旅行となりました。
今回の旅行は、改めて”楽しむパワー”のすごさを思い知らせてくれるものとなりました。
私達は、このパワーさえあれば、なんでも出来るのかも知れません。

今回の旅行は、家族旅行だったんです。
私以外は、みんな50歳以上(^^;)と言う、なかなかのシニアチームでした。
ナルイヒロミがどんなに頑張っても(?)平均年令は60歳。
う~ん、そう計算してみると、「・・・。」ってなりますね。
最年長は、おじいちゃんで、なんと!82歳。
このおじいちゃんの「いっぺん、タイに行ってみたい。」の一言で、今回の旅行が計画された訳です。
ナルイヒロミとの年令差は、ちょうど60歳。
「う~ん、ただ者ではない!この、おじぃ(^^;)」を改めて実感させられます。

タイはちょうど乾季に入って、現地人に言わせると「過ごしやすい季節」らしいのですが、気温は30度を軽く越えて、日本の真夏に逆戻りです。
天気は滞在中は毎日快晴で、「あちぃ~(>_<)」をどれだけ言ったのか、見当もつきません。そんな炎天下を、毎日、観光で歩きづめでした。あまりのツアーのキツさに、「みんなにエアメールを送ろう!」っとしたものの、目標の半分以下しか達成できず、夜は曝睡の日々でした。

そんな、若者の(?)ナルイヒロミにも強行だったスケジュールを、おじいちゃん
は同じだけ、こなしたのです。足の悪いおじいちゃんにとって、階段の多い寺院・宮殿めぐりは、とても大変だった事でしょう。もちろん、おばあちゃん達にとって も。なのに、彼らは私よりもおぉはしゃぎで、「はい!そこ立って~」「みーちゃん(私の事です)こっち向いて~」っと、写真も取りまくりです(^^;)

朝も早起きで、私がモーニングコールを設定していた時間には、もうすでに朝食を食べに行ってたり~、移動時間もずーっとしゃべっていたり~。
タイでは、色々カルチャーショックを受けましたが、そんな事より、こんな身近な人々のパワーに、ショックを受けました。
「おそるべし!戦前生まれの底力~」とでも言うのかな???もう、彼らに脱帽で尊敬です。

”たのしむパワー”それは、無邪気さなのかも知れません。
「楽しい事」をしている間、私達は確かに、時間も疲労も忘れます。
そして、限られた時間の中で「いかに楽しむか」に力を注ぎます。

最近、日常生活で私は”楽しむ事”を忘れていたような気がします。
そのパワーの重要さを、今回の旅行で、シニアチームの彼らに教えて貰った気がします。
彼らが「何をした」って訳でもありません。
ただ、彼らの「楽しむぞ!」パワーに巻き込まれて、私も楽しくなったのです。

最近、ちゃんと楽しんでますか???

投稿者 cseditor : 00:00 | コメント (0)