カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
色々と複雑でわからなくなります。
相談者名
れい
はじめまして。
44歳女性です。
わたしはこの先、安心できて、自分も努力してずっと隣にいるパートナーを切望しています。

いくつか気になる点をあげてみますね。
●最近、不倫関係を終わらせました。タイプど真ん中の彼なので私に向けてくれる熱意は嬉しくただわたしは不倫には向きません。制約を気にしたり、隠れたり、考えることばかりは苦しく、性格的に無理。ひと月でお互いに会わないようにしようと=終わりを選びました。
年齢的に既婚者から思いを寄せられることばかりで嫌になっています。私のように離婚してからの独身者もいるはずなのに。
また、プロポーズなどをされても異性として何も感じない方だったり。特に私は何も優れてはいません。努力は好きですが天狗にはなりません。なぜぴったりな男性と縁が生まれないのでしょうか?

●小さな頃に親は離婚し、自らも離婚に至ります。普通なら身につく男性の特徴もわからず育ちました。ここに原因はあるのか?普通の家庭なら自然と男性はおおかた、こういう習性があるとか、身につくと思ってますが私には男性と長く暮らすという縁さえありません。ちなみに息子はいますが、早く結婚し、別に住くんでいて自立しています。男性をよく、理解しないとこのままパートナーなんて見つからないのかと危惧しています。

思い込みかも知れないのですが。
わかる範囲で感想、感じたことを聞かせてもらえればと思います。よろしくお願いします。

カウンセラー
赤松わこ
れいさん初めまして、ご相談ありがとうございます。
担当させて頂きます、赤松わこと申します。
どうぞよろしくお願いします。

ご相談を読ませて頂いて、「れいさんはとても正直な方だな」
まず最初に私はそう感じました。
そしてもう1つ、「自分にとても厳しい方なんだな」とも・・・

どうしてそう感じたのか?を、お話させて頂きますね。
タイプど真ん中の彼が、れいさんを好きになってくれた。
勿論れいさんご自身も、好意を持っておられたのでしょうから、
最初は舞い上がってしまったかも知れませんよね。
でも「不倫は自分には向かない」と、1ヶ月で別れを選択された。
れいさんが別れを決意された理由は、「性格的に無理」と言う
ことでしたが、相手を好きになってしまうと、人は感情に流されて
辛い苦しいと感じていても、なかなか決断出来ないものです
れいさんもきっと悩まれたとは思います。でも別れを選ばれた。
ご自分の気持ちに正直でないと、難しいことだと私は思います。

恋愛に限らずですが、男性と女性はなかなか相容れませんね。
「男性と女性は、別の星の生き物だと思え」と言われる位、違う
部分があることは、誰もが悩む所だと思います。
とは言えそれは、全ての男性女性に言えることで、れいさんが
幼少期に男性のことを学べなかったから、ではないんですね。

男性も女性も、100人いれば100人違います。
確かに多くの男性が陥りがちな傾向とか、女性には理解しがたい
反応の仕方があることは確かですが、全ての男性に共通する
特徴と言うのは、私はないと思いますよ。

むしろ父親と離れて育つことで、物理的な距離が生じることから、
【心理的な距離が出来てしまう】ことの方が、影響が大きいと
言われています。
どう言うことかと言うと、心(心理学では潜在意識・無意識の領域)は、
【男性と離れている状態が普通】と、理解してしまうと言うことなんです。

勿論心の中のことですから、自分では自覚はないのですが、
大人になって恋愛をした時、当然物理的距離は限りなく縮まりますね。
でも心理的な距離が遠いままと言う状態が起きるので、相手と距離が
近くなればなるほど、なぜか?居心地の悪さや落ち着かない気持ちが
出てきてしまうのです。その気持ちは自分ではどうにも出来ません。
心が、男性と近づくことに抵抗を感じてしまうと言うことが起きるんです。
気持ちは「大好き」なのに、ぎくしゃくした関係になってしまいます。

そして「上手くいかないのは自分のせいだ」と、自分を責めてしまいます。
努力することが好きと言われるれいさんなら尚更、なぜ努力して解決
出来ないのか!と、思ってこられたかも知れませんね。

私達は誰でも、心の中のことは自分では分かっていないのですよ。
れいさんが心から望んでいるパートナーを見つけるために、よかったら
カウンセラーと一緒に、心の中のれいさんに会いに行きませんか?
カウンセリングサービスでは、お電話でのご相談も承っております。
初回は無料ですので、お気軽にお話をお聞かせ下さい。
この回答が、少しでもお役に立てれば嬉しいです。
ご相談ありがとうございました。

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●

●このページはリンクフリーですが、著作権は当社にございます。無断転載を禁止いたします。