カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
彼の前でうまく笑えない
相談者名
てる
こんにちは。私には彼氏がいて、1年ほどの付き合いなのですが、最近、友達に接するみたいな笑顔が彼氏に向かってできません。
楽しいと思っても、それを表現するのに謎の意地を張ってしまい、笑えば何か自分に不利なことがあるような気がしてうまく笑えません。

好きでいてくれてるのはまあ確かなんですが、それをこちらから返すのもなかなか上手くいかないです。
加えて、相手の気持ちが離れないと頭で分かっていても、彼の些細な言動や行動から、好かれてないんじゃないかとかすごく不安になります。自分のわかる愛し方をして欲しいとか、そんなかんじのワガママなのかもしれません。

心理学のコラムとかを一時期読んでいましたが、こういった性格などは親からの影響が強く出ると大体どこにも書いてありました。
別に親は普通だとは思いますが、確かに、母親は怒ると無視をして、謝っても取り合ってもらえなかったり、勉強や趣味の絵は褒めてもらえても、よく考えると性格面を褒めてもらった記憶はなく、どちらかというと、いかに私をフォローしなければならない場面や私が母親に相談をしてる場面でも、やんわりとしっかりと性格を否定されてきました。だからと言って親のせいにするのも、楽だけどなんだかおかしいと思うので、カウンセリングの参考程度にしていただければと思います。ちなみに普段はよく笑う母ですし、家では別に堅苦しさも感じずくつろぐことはできています。ちゃんと笑いもします。だから、余計に親のせいになんてできないとも思っています。

なんだか最近とても生きづらいです。どうしたらいいでしょうか。
カウンセラー
三好成子
てる様こんにちは。
今回担当させていただきます三好成子(みよし しげこ)と申します。

まず最初に『謎の意地』という表現がとっても可愛らしくいい表現ですね。
そして、これがキーワードになると思います。

もう一つのキーワードは『普通』ですね。

お話しの中にもありました様に、
今、感じている感情の多くは親が関わっていることが多いと言われていますね。
色んなお話しを伺う度に、それは本当だな…って思います。

親がどうだったから親の責任だ!
という意味ではなく、どう言った環境で、何を『普通』だと定義して
そこで『どう思って、どんな風に愛して、愛されたかった』かという、
心のパターンを知りたいな、と思って伺っているのですね。

この時愛して欲しかった《愛され方》は
後にパートナーへの欲求として出てくるとも言われているんです。

ではなぜ、欲しいものが手に入るまでワガママを通さなかったのか?
このまま欲しいものを欲しいと言い続けると、権力や力でねじ伏せられたり、
見捨てられる様な態度をとられると子供としては怖いですよね?

子供にとって、親に見放されるというのは命(生存)に関わる一大事になるんです。

養ってもらえないと生きていけない時期ってあります。
構ってもらえないというのはそれほど怖いものなのだと思います。

無視されるのは、自分の存在を認めてもらっていないということです。
ある意味見捨てられる恐怖を感じてもおかしくは無いですよね?

お母様も、そういう態度を取られたのは当時何らかの問題を抱えていて、
心に余裕が無かったのかもしれませんね。
そんな時、ひたむきに愛してくれる
《てる様の大きな愛》に甘えていたように感じます。

てる様は、その時お母様の悲しみ、生きづらさを引き受けたのかもしれません。
もしそうだとすれば、てる様がお母様を救っていた事は間違いないと思うのです。

さて、『謎の意地』についてですが、
笑顔で接した方が良いと分かっていて出来ないという事ですね。
直接お話しを伺わなければわからない部分ではあるのですが、

最近特に笑顔が向けられなくなったという事、それも大切な彼にだけ。
でも楽しくないわけでは無いことも分かっておられる様ですね。
では、笑顔というものにどういうイメージがくっついているのでしょうね?

例えば、
・私だけが幸せになってはいけないと思う。(私が笑うと泣く、又は怒る人がいる)
・家族はニコニコ仲良くしなければならないと思う。(本当は怒りたい時もあった)
・いつも上下関係(競争、勝ち負け)の中にいた。(いつも怒られない様に笑顔でいた)



の様な、笑顔で思い浮かぶ事は何かという所からのアプローチもあります。

次に、彼との間、心の距離感という面から考えていきましょう。

私たちは関係性によって心の距離感というものを持つ様です。
家族の距離が一番近いのですが、
パートナーが出来るとこの家族の距離感よりももっと親密になっていきます。
セックスがありますからね。

すると、他人さんの関係ではご挨拶程度で何気なく出来ていた笑顔が、
お友達の領域では一緒に楽しむことに何の抵抗もありません。
パートナーとして、信頼してもっと近づきたいと思った時に
自分全てを受け入れて欲しいと思う様です。

良い所ばかりではなく、
ネガティヴな私を愛してもらって初めて「愛された」と思えるのだと言います。

もっと私を理解してもらいたいというてる様の心の葛藤こそが《謎の意地》なのかも
知れません

そんな悪い私を見せたら嫌うかしら?
でも、本当の私を知って欲しいと思いだしているのかもしれませんね。

そうだとすれば、
笑顔でいられないのは彼ともっと親密になりたい、
彼にもっと愛されたい気持ちの表れですのでね、

コミュニケーションも、
その気持ちをちゃんと伝えられるように心がけると良いですね。
最初はうまく考えられなくても、
心がけて行く間に、
自分の本心がちゃんと伝えられる様になっていくと思います。


ご相談ありがとうございました。


●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●

●このページはリンクフリーですが、著作権は当社にございます。無断転載を禁止いたします。