カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
40歳を超えた女性の結婚
相談者名
どんぐり
こんばんは。宜しくお願いします。
どんぐり41歳(女)です。

心理学やカウンセラーの方は否定するような言い方はしないと思いますが、40歳を超えて結婚できる確率は相当低いという調査結果を見たことがあります。
また、男性同士の会話を聞くと40歳を超えた女性は価値がないような言い方をしている人もいますし、一般的に考えるとこの年齢はいわゆるいい歳の部類に入り、中年の部類に入り決して若いとは言われない年齢です。

カウンセラーの方は否定的なことは絶対言わないのにここに相談するのも何なのですが、どんなに心理学的には肯定的に捉える事が出来たとしても社会ではこの年齢は女性として見られることはほとんどなくなりますし、多少若く見えても年齢を言えば若干引き気味なのも表情で分かります。

それに年齢+独身というだけで、何か訳ありなんじゃないかと勘ぐって見られたりするし、年齢の割に仕事も普通の仕事だとすごく惨めな気持ちになります。
せめて仕事ではマネジメントしたり、ある程度の立場に立って仕事をしている状況なら少しは自分を認めることが出来るのかも知れませんが・・・何もない上に歳だけ食って、この先がまったく見えません。

心の中から強く結婚を望んだからって、簡単にできるものでもないですし・・

結婚をしたいわけでもないのですが、結婚していないで歳食ってるとすごくダメな女性という目で見られることが悲しいし、疲れました。。

どうしてひとは見た目や年齢だけで女性の価値を計ることが多いのでしょうか。
カウンセラー
佐藤まゆみ
初めまして、どんぐりさん。
今回のご相談の回答をさせていただく、佐藤まゆみと申します。
どうぞ、よろしくお願いします。

ご相談内容を拝見していると、40歳を過ぎた女性が、世間からどう見られているか?
ということに、大きな関心をお持ちのようですね。

このご相談のタイトルが「40歳を超えた女性の結婚」ですから、女性の年齢と結婚に絞ってお話してみたいと思います。

誰もが絶対的に“若い”と認める年齢は、10代〜20代かもしれません。
その昔は、大半の女性が20代の間に結婚するのが当たり前のように思われていました。
失礼きまわりないことに、女性をクリスマスケーキに例えて、「25を過ぎたら売れ残り」などと言われていた時代もありました。

当時30歳を過ぎた女性は、今のどんぐりさんと同じように
「自分はもう、この歳では一般的な結婚対象から外れている。」
と思っていたかもしれません。

現在の日本女性の平均結婚年齢は、30歳前後だそうです。
そういう意味では、昔とは女性の年齢に対する価値観が変わってきたんですね。
女性の社会進出や、医学の進歩によって結婚や出産の年齢に幅が出てきたのは、選択肢が増えて良い時代になったと思います。

雑談の中で、「どんな女性が良いか?」と聞かれれば、一般的に男性たちは、結婚相手には、若くて美しく一番体力がある時期の女性と結婚して、子どもを産んでもらうことを前提として話すことが多いようです。
ある意味、当然ですよね。

女性だって、結婚相手に「どんな男性が良いか?」と聞かれれば、イケメンで高収入で、頭が良くて仕事のできる人がいいなと思う気持ちはあることでしょう。

でも、実際に皆がそのような人と結婚しているかというと、そういう訳でもなさそうです。

>40歳を超えて結婚できる確率は相当低いという調査結果を見たことがあります。
>男性同士の会話を聞くと40歳を超えた女性は価値がないような言い方をしている人もいますし、一般的に考えるとこの年齢はいわゆるいい歳の部類に入り、中年の部類に入り決して若いとは言われない年齢です。

確率は低くても、40歳を過ぎてから結婚された方はいらっしゃいます。
40歳を超えて結婚した人と、結婚したいと思いながら、していない人との違いは何なのでしょうね。

どんぐりさんは41歳とのことですが、ご自分のことをどう思っておられますか?

人は自分自身が思っていることを、
『きっと他の人もそう思っているに違いない。』
と、考えてしまう生きものだといいます。
これは、どんな人でも人間ならば持っている考え方なので、決してそれが悪いわけではありません。

良いように思っていれば、好感を持たれているような気がしますし、悪いように思っていれば、何となく誰かから嫌われているような気がします。
ですから、自分で自分のことをどう思っているかは大きなポイントです。

このご相談内容から、どんぐりさん自身が持っている40歳を超えた女性のイメージというのが、見え隠れしています。

「この年齢は女性として見られることがほとんどない」
「多少若く見えても、年齢がわかれば相手は若干引き気味になる」
「独身と言うだけで、何か訳ありのように勘ぐられてしまう」
「普通にまじめにコツコツ仕事しているだけではダメなんだ」
「何もないのに、歳だけ食ってるなんて情けない」

だから結果として、次のように思ってしまうことになります。

>心の中から強く結婚を望んだからって、簡単にできるものでもないですし・・
>どうしてひとは見た目や年齢だけで女性の価値を計ることが多いのでしょうか。


相当な低い確率で40歳を超えてから結婚された方は、少なくとも自分のことを否定していないのではないでしょうか?

「私は、年齢に関係なく女性としての生き方を楽しむわ」
「年齢よりも若く見える私って、結構イイ線いってると思うな」
「私はこれまで独身で来たけれど、それは今までが結婚の時期ではなかっただけだわ」
「普通にまじめにコツコツ仕事ができる私って、“継続は力なり”よ」
「人から見てどうか分からないけど、私は私なりにやってきた自分が好き!」

この違いがお分かりになりますか?
ネガティブとボジティブという以外に、後者は「私」がはっきり主語としてとらえられているのです。
「私」を主語にして、自分の良さに気づけた時、あいまいな「世間」とやらの声が気にならなくなります。

結婚はしてもしなくても良いのです。
どちらであっても自分の人生なのですから、他人の意見に振りまわされることなく、まずは今の自分の価値をしっかりと認めてください。

自分のことをどう思っているかが、見た目に現れるのは確かです。
自分を【良きもの】と思っている人は、自然と笑顔になりますし、ちょっとしたことに喜びや楽しみを見出すことが上手なので、明るく楽しそうです。

若い時のような結婚とは違うけれど、これから先の人生を大切にして、そんな女性と歩みたいと思っている男性は、必ずいます。
その機会が訪れた時には、あなたの喜びや楽しみをパートナーに分けてあげてください。
喜びや楽しみは倍になります。

結婚しなかったとしても、そんな輝きを持った女性はその存在だけで周りを幸せにすることができます。

どんぐりさん、どうぞご自分の価値を見いだしたうえで、周りを見渡してみてください。
今までまったく気にも留めなかった、目に入らなかったものが見えてくるはずです。

「えっ?本当にそんなことがあるんだろうか?」
と、不安にお思いならば私たちカウンセラーの力も借りてください。
喜んで、そのお手伝いをさせていただきますよ。

長い人生を、喜びや楽しみで満ち溢れたものにしたいものですね。

今回はご相談くださいまして、ありがとうございました。

佐藤まゆみ




●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●

●このページはリンクフリーですが、著作権は当社にございます。無断転載を禁止いたします。