カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
彼とうまく接せない、自分の価値観を持ちたい
相談者名
みかん
よろしくお願いします。
私には、付き合ってそろそろ8か月になる彼氏がいます。
前々から、彼氏が寄り添ってくれたり、優しさを見せてくれた時に、なんとなく「彼氏だから」「私のことが好きだから」こんなことしてくれるし、そうやって優しくしてくれるから私はこう感じるべきなんだ、と思って、素直に優しさが受け取れません。
人間的な優しさというより、恋愛関係だから見せてくれる優しさや行動なんでしょ?と、条件付きのものに感じて、それが素直に喜べません。彼が普通に振る舞ってても、そういうのを考えてしまい自然体で振る舞えません。

なんとなく、もっと人間的な、彼の本質的なところが見えてないような気がします。
彼と、もっと、男女というより人間として関われたらと思います。せっかくなら、恋愛関係といういつか終わる脆いもの、よりは、もっと心を開いて、素直に、彼と人間として関わっていきたいんです。

恋人だからこうでなきゃ!こういう時にこう感じなきゃ!っていう制約が、今の私には多いし、それに当てはまらない時、「好きじゃないのかな…」と思ってしまいます。他人の価値観を自分に強制してしまい、自分の価値観が分からなくなります。
なんとなく、彼がどういう人間か頭ではわかっていても、私が知ってるのは恋愛してる彼であって、友達としての彼はあまり分からないんです。告白されて付き合う前も、意識して接してて、友達というわけにはいきませんでした。(というか、私自身異性は全員友達として見れなくて、すぐ意識してしまいます)

彼は、普段は一切表に出しませんが、自己評価が低く、私も誰より彼の暗い過去を知っています。最低だとは思いますが、人間として関わっていこう!って思っても、「俺は暗い人間、つまらない人間だから…」と何度か聞いてて、私自身感化されやすいので、「暗い人間」という色眼鏡で彼を見ている気がします。
彼が「暗い人間」というのも、私が感じた彼の印象ではないし、ちゃんとした自分の価値観を持ちたいです。

「彼氏だから」じゃなく「彼だから」一緒にいるんだ!って胸を張って言えるようになりたいです。心地よい付き合い方を模索したいです。Webで「好きとはこういうこと!違うなら別れるべき!」みたいなものを見て不安になります。

どうすればいいでしょう。
カウンセラー
大塚亘
みかんさん、はじめまして。

今回担当させていただきます、大塚亘と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。


みかんさんの文章を拝見して、私はこう思いました。

「みかんさんは、ものすごく優しい人である」

ということです。みかんさんは、ご自身がとても優しい人間である、ということに
気づいていますか?

もし、みかんさんに優しさという要素がなかったとしたら、彼がみかんさんに優しさを
見せてくれたときに、彼が優しくしてくれた!とは思いません。優しさというものが
みかんさんの心の中にあるからこそ、みかんさんは、彼の優しさに気づけるのです。


>彼は、普段は一切表に出しませんが、自己評価が低く、私も誰より彼の暗い過去を
>知っています。最低だとは思いますが、人間として関わっていこう!って思っても、
>「俺は暗い人間、つまらない人間だから…」と何度か聞いてて、私自身感化されやすい
>ので、「暗い人間」という色眼鏡で彼を見ている気がします。

この文章中に、「最低だとは思いますが」とありますが、最低なのはもちろん彼では
ないですよね。もしそうだとしたら、みかんさんご自身は、自分のことを最低だと
思っているということになります。

しかし、みかんさんは、暗い過去があり、自己評価が低い彼の話しを聞いてあげたのです。
彼、彼女の関係だからといって、誰しもが過去の暗い話しを打ち明けられるとは
限りませんし、優しく聞いてあげるとは限りません。暗い話をしたら、嫌われてしまう
可能性もありますよね。


しかし、彼は、

「勇気を出して」

自分の暗い過去の話しをみかんさんに打ち明けました。それはなぜだと思いますか?

>私も誰より彼の暗い過去を知っています。

みかんさんにしか言えない、しかも、もしかしたら嫌われるかもしれないという怖れを
乗り越えて、彼は、みかんさんに、過去の話しをしてくれたのです。

彼が自分の暗い過去を打ち明けることができた理由は、まず、

「みかんさんは、自分の暗い過去を話したとしても、嫌わずに受け止めてくれるとても
優しい人であるから」

ということです。みかんさんがとても優しい人間であると、彼が思っているので、
彼は打ち明けることができたのです。ここにも、みかんさんの深い優しさを私は感じる
ことができます。

そして、もう一つの理由は、

「彼は、心から、みかんさんのことを愛している」

ということです。

彼、彼女の関係、そして夫婦関係でもそうですが、パートナーシップ(彼、彼女の関係や、
夫婦関係のことと思ってくださいね)では、次のような気持ちが自然と生まれてきます。


「この人にだけは、自分のことを分かって欲しい」


我々人間は、彼だけでなく、私大塚も含め、みな過去に多かれ少なかれ心の傷を持って
います。ただ、それは、普段はほとんど話さないですよね。

彼も、初対面の人はもちろんのこと、彼の男友達にも過去のことは打ち明けていない
のではないでしょうか。

>彼は、普段は一切表に出しませんが、自己評価が低く、私も誰より彼の暗い過去を
>知っています。

この部分が、それを物語っていると思います。彼は、みかんさんを愛し、お互いの良い
ところも悪いところも話して、それでも信頼し、安心できるというパートナーシップを
作っていきたいからこそ、みかんさんに、自分の過去の暗い話を打ち明けることが
できたのです。

ひとえに、彼がみかんさんのことを愛しているからといえます。


さらに、みかんさんが素晴らしいのは、

>彼が「暗い人間」というのも、私が感じた彼の印象ではないし、ちゃんとした自分の
>価値観を持ちたいです。

彼が自分の暗い過去を打ち明けても、みかんさんはそれを公平に、客観的にとらえて
くださって、「彼は決して暗い人ではない」と素直に思えたのです。

人によっては、相手が悪いところを打ち明けたときに、それを受け止めるどころか、
逆に、軽蔑したり、嫌ったりすることがあります。しかし、みかんさんは、彼が暗い
過去を打ち明けたときに、彼のことを公平に評価して、決して彼のことを嫌ったりは
しませんでした。

これは、みかんさんに、自信と優しさがあり、そして、

「自分(みかんさん)なりの価値観」

を持っていないと、できないことなのです。みかんさんは、

>ちゃんとした自分の価値観を持ちたいです。

と書いてくださいましたが、もう既に、みかんさんは、ご自身なりの素晴らしい価値観を
お持ちですよ。


みかんさんは、深い優しさと、自分の価値観を併せ持った、素晴らしい方なのです。

それなのに、みかんさんは、ご自身のことを「最低」だと「勘違い」されています。
ここが全ての問題だと私は思います。

客観的にみると、みかんさんは、既に素晴らしい人間なのです。それなのに、みかんさんの
自己評価が低すぎるので、いろいろと考えてしまい、関係性がスムーズでない感じが
してしまうのだと私は思います。

また、彼は、みかんさんを愛し、そして、自分の暗い過去を打ち明けることができる
「勇気」を持った、素晴らしい男性です。つまり、私から見れば、素晴らしい女性と、
素晴らしい男性がお付き合いをしているだけなのです。


それでは、みかんさんが、ご自身の自己評価を高める、というか取り戻すにはどうしたら
いいのでしょうか。

実は、自分自身では、なかなか自分の価値を認めることはできないと私は思っています。
自分で自分のいいところを見つける、という方法もありますが、自分一人ではなかなか
難しいと私は思っています。

でも安心してくださいね。とっても効果的な方法があります。それは、

「相手に自分のことを認めてもらう」

という方法です。つまり、みかんさんが一人で自己価値を高めるよりも、彼に認めて
もらった方が早いのです。

彼は、勇気を出して、自分自身の暗い過去を話してくれました。彼は、自分の暗い過去に
ついて、自分のことを否定していると思います。

しかし、公平なみかんさんは、彼の暗い過去を聞いても、嫌わずに、共感してくれました。
そして、

>彼が「暗い人間」というのも、私が感じた彼の印象ではない

と、彼のことを認めてくれたのです。これが、彼にとって、どれだけうれしいことか、
みかんさんは気づいているでしょうか。つまり、彼の自己評価を、みかんさんが
取り戻してくれたのです。

もしそうだとしたら、みかんさんは、自分一人で自分を認めるより、彼に手伝って
もらったほうが、早く自分のことを認めることができると思いますよ。


「彼を信じて、自分の良いところも、自分の悪いところも、全て彼に話してみませんか?」


というのが、私の提案です。特に、自分の悪いところをぜひ話してみてください。
どんなことでもかまいません。

彼が自分では認められなかった、彼の暗い過去をみかんさんが受け止めてくれて、
ようやく、彼は、自分の自己価値の再評価ができたのです。この彼の勇気ある行動と、
全く同じことをしてみて欲しいのです。


自己評価が低いと、それを隠そうとするあまり、自分のことをなかなか表現しないことが
あります。相手に合わせてしまい、いろいろと考えてしまい、自分が苦しくなっていき、
ついに、

>恋人だからこうでなきゃ!こういう時にこう感じなきゃ!っていう制約が、今の私には
>多いし、それに当てはまらない時、「好きじゃないのかな…」と思ってしまいます。

となってしまうこともあると思います。つまり、本当はみかんさんは彼のことが
好きなのだと私は思いますよ。ただ、自分を隠そうとするあまりに(それは優しさから
くることもありますが)、自分らしくない感じがしてしまうのだと思います。

彼のように、勇気を出して、彼に、みかんさんが自分では認められないことを、
悪いと思っていることをぜひ話してみてください。みかんさんが彼のことを再評価して
くれたように、彼は、みかんさんのことを再評価してくれると思いますよ。


読んでくださり、ありがとうございました。


大塚亘






●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●

●このページはリンクフリーですが、著作権は当社にございます。無断転載を禁止いたします。