カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
声をすてる
相談者名
つぐみ
はじめまして

カウンセリングを4回受けました。45分で7000円
。私はお金を支払わなくては話も聞いてもらえないのかと・・・とても悲しくなります。
要点だけ、結論だけ伝える練習などと考えているうちに、いっその事、失声したことにしようか。口は災いのもとだから、話さない生活が1番の特効薬かもしれない。

もったいないと感じてしまっては治療にならない気がしますが、ご意見聞かせていただけますか?

1番身近な人に、話している最中に、耳を塞ぎたかったのでしょうが、パソコンでエッチな画像を見ているのを目撃してしまい大変、傷つき、もう話す事が怖いです。
大切に扱われてない、迷惑なんだなと存在すら消したくなります。
カウンセラー
五十嵐かおる
つぐみさん、初めまして。ご相談ありがとうございます。
担当させて頂きます、五十嵐かおると申します。
よろしくお願いします。

>1番身近な人に、話している最中に、耳を塞ぎたかったのでしょうが、パソコンでエッチな画像を見ているのを目撃してしまい大変、傷つき、もう話す事が怖いです。

確かに悲しい態度ですね。同じことをされたら私も嫌な気持ちになります。

「止めてほしい」と思っても伝えることって難しいのですよね。
わかってもらえないなら、初めから話さなくていいというように思ってしまいます。


彼はつぐみさんと話したくないからエッチな画面を見ていたということでしょうか。

そうだとしたら、彼はなぜ「耳を塞ぎたかった」のでしょう。
何か、聞いてほしくないことや、話したくないことがあったのでしょうか。

もちろん、ひどい態度であることには変わらないですけどね。


>大切に扱われてない、迷惑なんだなと存在すら消したくなります。

ご相談の中でつぐみさんが感じているこの気持ち。彼にだけではないと思うんです。
過去、家族や他の誰かに似たような気持ちを感じたことはないでしょうか。そのような体験が繰り返されると「《誰からも》大切に扱われてない」と初めからあきらめたくなってしまうことが多いんです。


>要点だけ、結論だけ伝える練習などと考えているうちに、いっその事、失声したことにしようか。

「話す事が怖い」それなら「話さなければいい」という思いが、失声したことにしたいのですよね。
声を失って、ラクになるならそれもありですと言いたいのですが、声を失っても「心」を失うことはできません。

声の有無にかかわらず、「心」は饒舌にお喋りを続けます。「わかって」「大切にして」「必要として」って。
ラクになるには、声を失って話すことを諦めるより「心」の声、本当の訴えに耳を傾けてあげたほうが近道だと思いませんか。


つぐみさんの心はどんなことを言っているでしょうか。
必死で求めて、訴えていることがありませんか。
なんでも聞いてもらえる、わかってもらえるとしたら、どんな気持ちが出てきますか。


初めのうちは1人で自分の心の声を聞くことは怖かったり、少し難しいかもしれません。
そんな時はどうぞ私たちカウンセラーを使ってくださいね。一緒につぐみさんの心の声を聞かせてもらうお手伝いができると思います。


>私はお金を支払わなくては話も聞いてもらえないのかと・・・とても悲しくなります。

カウンセリングの価値って話しを聞いてもらうことではなくて、どうやったらラクになるか、幸せになれるかを知っていただいて、お客様の「日常が変わる」ことだと思っています。
お客様の「話を聞く」ことは、まず状況を教えて頂くことと、話すことで気持ちの整理を一緒にしていくことの最初のステップ。上手に話すことができなくても、つぐみさんの言葉の奥にある「気持ち」をくみ取ることが私たちカウンセラーが得意とすることなんですよ。どうぞ気を使わずに、思ったことから話してみてくださいね。それで十分なんです。


>カウンセリングを4回受けました。45分で7000円

私たちカウンセリングサービスは、電話でのカウンセリングは初回無料です。
お試しのつもりで1度利用してみてくださいね。

今回はメールでのご相談でしたので推測も含めてお答えさせていただきましたが、よかったら私達カウンセラーにお話してみてもらえませんか。
つぐみさんが1人で抱えている気持ちや、苦しさを吐き出すサポートさせて頂けると思います。

この回答が少しでもお役に立てれば嬉しいです。
ご相談ありがとうございました。


五十嵐かおる


●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●

●このページはリンクフリーですが、著作権は当社にございます。無断転載を禁止いたします。