カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
アトピーを治したい
相談者名
YOU
こんにちは。
33歳フリーターの男です。

私は現在、お尻にアトピーがあり、悩んでいます。
かれこれ8年くらい前からあるのですが、ここ最近悪化してきて悩んでいます。
原因は不明です。

この8年の間にあった大きなことといえば、
実家の親元を離れて一人暮らしを始めたこと、
付き合っていた彼女に別れを切り出されたこと、などです。

アトピーは起きているときは大丈夫なのですが、寝ているときに無意識にかいてしまってるようです。

アトピーに関して色々と調べ、かかない工夫をしたり、保湿や食べ物に注意してみましたが症状は変わりません。

もしかしたら心理的な問題が原因なのではと思い、ご相談させていただきました。
このアトピーを治すために心理的なアプローチがあるとすれば、どのようにしたらよいでしょうか?

今、好きな人がいます。
このアトピーが治れば自信を持ってアタックできそうな気がします。

アドバイスをいただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

カウンセラー
中原謙一
YOUさん、はじめまして
私は中原謙一と申します。
よろしくお願い致します。

読ませて頂いて、私が感じた事なのですが、アトピー性皮膚炎が何らかの心理的な問
題が原因と考えるとき、ちょっとこう考えて頂きたいんですよ。

それは、アトピーを理由にやらなくてよい事があるとしたらなにか、ということです。

YOUさんの場合、アトピーが治れば告白すると書かれていますが、見方を変えればアト
ピーが治らない限り告白はしないという事になりますよね。

YOUさんの中で、アトピーというものがどのような意味付けをされているのか、心理的
要因としてみた場合このあたりを探ってみるのはいいかもしれません。

それは「アトピーがあるから」とか「アトピーがなければ」と考えてしまう事は、お
おむね「アトピー」を理由に使っている事になりますから、心理的にはアトピーがな
くなると困るわけです。

なぜなら、やらなくていい「理由」がなくなりますからね。

たとえば、もしYOUさんが大好きになった人がアトピーで悩んでいて、その事を告白さ
れたからといってYOUさんはその人を嫌いになったりしますでしょうか?

たぶんYOUさんは、そのようなことで相手を嫌いになったりはしないでしょうね。
それは女性にとっても同じ事と私は感じます。

YOUさんにアトピーがあるからといって、それを好き嫌いの材料にするような女性は、
もともとYOUさんを愛する気持ちなどない人かもしれないわけです。

大切なことは、アトピー性皮膚炎がある事を「愛されない理由」にしないこと、そし
て、自分の自信のなさの理由にしない事かもしれませんね。

「理由」に使ってしまったとき、それはどれだけネガティブなものであっても、自分
を不幸にするものであっても、「理由」のために必要になってしまいますからね。


まずは「アトピーを理由にしていること」をなくすこと、そして、アトピー性皮膚炎
があってもなくても、自分が幸せになれる事を自分自身に信じさせてあげる事が、心
理的にできるアプローチかもしれません。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

YOUさんの人生が幸せな人生でありますよう、心からお祈り申し上げます。
ありがとうございました。

中原謙一
.

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●