カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
癒し途上で陥る孤独の解決法は?
相談者名
greenapple
はじめまして。
いつもHP拝見して参考にさせていただいています。
相談できる場を与えてくださって救われます。ありがとうございます。
30代女性で、恋愛依存やアダルトチルドレンを自覚して4年になります。
子供のころのいじめやそのことを両親に打ち明けられずにいた過去、
過保護でワーカーホリックだけど優しい感じの両親、
そして親の家出(半年でもどってきましたが。。)など、
カウンセリングや本を通して過去にさかのぼり涙を流して癒す作業は度々してきました。
数カ月前に、カウンセリングを通じて、
結構自分のことは好きだと思ってきたのに、
傷ついたインナーチャイルドを無視して実は嫌っていたことがわかってからは、
抱きしめたり、寄り添って共感したりなどして癒していて、
はじめは画期的なやり方だし、こうしていくうちに良くなると思っていたのですが、
一向に良くなりません。
最近依存的でもあったともいえるけれど一緒にいて楽しかった恋人とも別れ、
ひどく落ち込んで泣いてばかりいる日々をすごしているとさすがに親も心配するので、
過去のいじめのことや家出のことなどいろいろ話したら、まだそんな事いってるの?!と
呆れられ疎んじられてさらにショックを受けました。
結局、別れる前の恋人にも過去にこだわる私を疎んじられていたし、
両親も友達も皆それぞれが何かを抱えていて、
それを見ないようにしながら無自覚で生きているように感じるので相談できず、
心のよりどころがないような感じがして苦しくなってしまいます。
本当に幸せになりたいし、人を愛せるようになりたいです。
アダルトチルドレンな両親も、友人も元恋人も、愛せるようになりたいです。
具体的にはいま何をどうしたらいいでしょうか?
カウンセラー
近藤あきとし
greenappleさん はじめまして。近藤あきとしと申します。
今回はご相談をお寄せくださいまして、ありがとうございます
どうぞよろしくお願いいたします。

>30代女性で、恋愛依存やアダルトチルドレンを自覚して4年になります。
>子供のころのいじめやそのことを両親に打ち明けられずにいた過去、
>過保護でワーカーホリックだけど優しい感じの両親、
>そして親の家出(半年でもどってきましたが。。)など、
>カウンセリングや本を通して過去にさかのぼり涙を流して癒す作業は度々して
きました。

辛かったことや悲しかったことをたくさん感じていた子供時代だったんですね。
でも、それをご両親に言えずにずっとgreenappleさんの心の中に閉じ込めて
きてしまっていたようですね。
ご両親が優しくしてくれただけに心配をかけたくなくて、つい平気なふりを
してしまっていたのではないでしょうか。

今自分を癒す作業を色々としているということは、greenappleさんの心は
これまで抱えてきた痛みを癒して解放して今までとは違う生き方を選んでも良い
んだよ、と言っているのかもしれませんね。


> 数カ月前に、カウンセリングを通じて、
> 結構自分のことは好きだと思ってきたのに、
> 傷ついたインナーチャイルドを無視して実は嫌っていたことがわかってからは、
> 抱きしめたり、寄り添って共感したりなどして癒していて、
> はじめは画期的なやり方だし、こうしていくうちに良くなると思っていたので
すが、
> 一向に良くなりません。

それだけ心の痛みが大きかったのだと思います。
greenappleさん自身は意識の上では自分のコトは好きだと思っていても、
じつは心の奥底では許せていない自分自身がいたのではないでしょうか。

そして、その痛みが大きすぎてもう一人ではどうにか出来る範囲を超えているのでは
ないでしょうか。だから良くなっている感じがしないのかもしれませんね。
これからは頼れる誰かを見つけていくことも必要だと思いますよ。


> 最近依存的でもあったともいえるけれど一緒にいて楽しかった恋人とも別れ、
> ひどく落ち込んで泣いてばかりいる日々をすごしているとさすがに親も心配す
るので、
> 過去のいじめのことや家出のことなどいろいろ話したら、まだそんな事いって
るの?!と
> 呆れられ疎んじられてさらにショックを受けました。

辛い状況の中にいながらも、ご両親を安心させてあげたくて昔の出来事を話した
というコトはものすごく勇気がいったと思います。
そしてそれはgreenappleさんのご両親に対する優しさの大きさでもあると思いま
すよ。

きっとgreenappleさんはご両親に受け入れて欲しくて話してみたんだとと思うん
です。
そして、過去に残してきた寂しさや辛さを癒し乗り越えて行こうとしたのでは
ないでしょうか。でも逆に突き返されてしまったような言い方をされてしまって
は、greenappleさんの心の中には一層の悲しさや怒りや、もう何を言っても分
かってくれる筈が無いというような諦めの感情がたくさん出てきてしまったのだ
と思います。


> 結局、別れる前の恋人にも過去にこだわる私を疎んじられていたし、
> 両親も友達も皆それぞれが何かを抱えていて、
> それを見ないようにしながら無自覚で生きているように感じるので相談できず、
> 心のよりどころがないような感じがして苦しくなってしまいます。

周りの人たちの抱えている問題を感じてしまい自分の悩みを話せずに、
誰にも打ち明けられなかった分だけ、一人でなんとかしようとしてきたでしょう
し、そこで自分の感情を抑えてきた分だけ誰かに頼りたいという気持ちも強く
なったと思います。

子供時代に親から十分な愛情を注いでもらえなかったという感覚があると、
大人になってから恋人や夫などパートナーにその代わりを求めてしまうというコ
トはとても良くあることなんです。
もしかしたらgreenappleさんも彼にそういう目線で見ていた所があったのかな?
と思いました。


> 本当に幸せになりたいし、人を愛せるようになりたいです。
> アダルトチルドレンな両親も、友人も元恋人も、愛せるようになりたいです。
> 具体的にはいま何をどうしたらいいでしょうか?

こんな辛い経験を繰り返してきても、それでも人を愛したいと願うgreenappleさ
んは本当の思いやりをもった方だと思います。
そして、本当の虚しさ悲しさを感じてきた分だけ、誰かの虚しさ悲しさを分かっ
てあげられる人なんだと思います。

でも、今は心がいっぱいいっぱいで余裕がないと思うんですよね。
まだま心の痛みがあるのならば癒してあげましょう、抱えている感情を解放して
いくコトも必要だと思います。そうして心にスペースを作るコトが出来たら、そ
こから見る風景はきっと今とは違っているハズですし、greenappleさんの進むべ
き道も開けてくると思います。

その為に、まずは私たちを頼って下さい。
どんなコトを言っていただいても、どんなネガティブな感情が湧いてきても、
私たちが受け止めますから。

greenappleさんの人生、応援させて下さい。

今回はご相談ありがとうございました。


近藤あきとし
.

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●