カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
30代〜40代くらいの女性の方に質問があります。
相談者名
加奈
初めまして加奈です。

こちらのカウンセリングは始めてなのでよろしくお願いします。
でって言うのは私はここ(カウンセリングサービス)では無く今までは別のカウンセラーの方に相談していたからです。
私は以前その別のカウンセラー達に奇怪で不愉快な対応をされたのでこちらに移りカウンセリングを利用させてもらおうと思っています。
でって言うのは私は彼氏や好きな人の恋愛相談を以前のカウンセラーの方にしていたのですが私はカッコE人が好きなので、そのおばさんのカウンセラーにカッコE人の事の恋愛相談をお願いしていました。
ところが私が「顔がどうこう」とか「イケメンなあの人は〜」などの相談をするとそのおばさんの態度は悪い意味で豹変して行きました。
でも私は悩んでいる身だし、せっかくこの機会なんだから遠慮せずにどんどん悩みを話して行こうと思いカッコE人の話を続けていけば行く程、なぜかそのおばさんカウンセラーは私に怒鳴り出したのです。
私は何が起こったのか分かりませんでした。
私が特別に失礼な態度をしている訳でもないのに逆ギレして相談に乗るどころか私に嫌味な事ばかり言ってくるのです。
その件もあり、今度は別のおばさんのカウンセラーに相談しました。
前回の件で「何か私が失礼な事をしてしまったのかも知れない。
態度やマナーに気をつけよう」と注意しながら相談しました。
相談の内容は前回の件と同じカッコE人の事でした。
ところがそのおばさんもなぜか私の質問を聞けば聞くほど態度が悪くなり、かなりひねくれたような対応をしてくるのです。
こう言う事が2〜3件変えても起こります。
何度もカウンセラーの方が私にこう言う対応をしてくると私のほうが頭に来てしまいます。
私はまだ19才の青い若造です。
だからこそ私の人生の倍くらい生きている女性に相談に乗って欲しいと思っていたのですが…。
女性と言うのはそんなに「カッコE男性」や「イケメン」に相手にされないでいると劣等感がつのっていくものなのでしょうか?決して嫌味や悪気があって質問している訳ではありません。
大人な対応をよろしくです。
素直に疑問に思っています。


カウンセラー
深澤三津子
はじめまして、加奈さん。
40代のおばさんカウンセラー深沢です。
よろしくです!

カウンセリングサービスに興味を持って下さってありがとうございます。
加奈さんに納得していただいたり、
大人な対応って認めてもらえるかどうか、自信はありませんが、
深沢なりの回答をさせて頂きますね。

今回のメールを私なりに読み取らせてもらって、
今の加奈さんが感じている疑問の鍵となる点が2点あります。
今回は、その2点を、お話させていただきますね。

1点目は、加奈さんと、今まで出会ったカウンセラーの間にあったのは、
“世代間のギャップ”によるコミュニケーションの相違。

2点目は、加奈さんが、カウンセラーに求めて得ようとしていたモノと、
カウンセラーが与えようとしていたモノの相違。
 
1点目は、加奈さんも気づかれているご様子が伺えます。
時代は変わり移ります。
この時代が、“普通”とか、“当たり前”とリアルに感じるのは、
多くは20代頃までだと思います。
30代に入ると、その多くが、過ぎ去った時代を思い返す事が増えるの。

加奈さんなら、何歳ぐらいから“おばさん”って自分をよびますか?

今の時代は、多種多様化しているって言葉聞いた事ありませんか?
40代の私の世代は、人が持っているものが欲しくなったり、
持っていない自分が惨めになったりしたものです。
人と同じモノ、同じ事、同じ・・・が美徳とされていた時代。
持っていない自分はダメなような気になったりしやすかったの。

でも、今は、違う。
人は人、自分は自分って主張できる時代になってる。

ここで肝心なのは、
要は、みんなが自分の世代の常識がいちばんだと思っているんじゃないかな?!
ってこと。

だから、誰も間違ってないんだけど、正しくも悪くもなく、
でも、自分にとってはOKでも、人にとってはNOも一杯あるから、
それを理解しあうっていうのは、同じ世代でも難しくなってるんじゃないかな?
ましてや、世代が違う層の人と交じり合い、理解しあい、共感しあうなんて、
私は、かなり難しいんじゃないかな?って思ってます。

加奈さんを、理解したい、助言してあげたいって思えば思うほど、
嫌味にとられるような感じがしたら、どうすれば、いいだろう?
と疑問に思いながら、話せば話すほど、交じり合えない。
カウンセラーは、人の助けにならないんだって感じるのが、一番辛いのね。
カウンセラーも人だから。
それでも、仕事だから、全力は尽くしたい。
でも、出来ない自分を認めないとならなかったり、
中には、自分の劣等感と向き合うテーマが出てきたりもします。

それから、30歳〜40歳になってくると、
もちろんイケメンはいいなーって、私個人的には大好きな方だとは話題ではあるけど、
「だから・・・何?」
「それで・・・何?」
の何が、やっぱり、世代間や人ぞれぞれで明確に違ってくるんじゃないかな?

ほら、男女関係をたくさん経験してくると、一つや二つ痛い経験もあり、
「顔の良さは3日で飽きるけど、心の良さは飽きないんだよね〜」
なんて、しみじみ思ったりするわけだったりして。
まあ、ここには、様々な自分の体験や、人の生き様を見ていたりするから、
言ってしまうことも増えてくるような気がするかな。

加奈さんが、カウンセラーに相談しているうちに、
自分の態度やマナーに意識を持たれたことは良い気づきだったと思うし、
やっぱり、年を重ねると、どうしても、態度やマナーが気になってくるのよね。
それらの表現が、自分を表現している事に気づくの。

それに、30代〜40代は、子育て真っ盛りで、
子どもの教育やしつけにも意識付けが強くなる時期だからというのもあると思うの。
だから、態度やマナー、それに言葉使いにも、気を配っていくと、
もっと“世代間のギャップ”の問題は、ずいぶん解決されていくと思います。
そうそう、相手を理解しようとする姿勢を追加することも、ステキな女性の要素ですね。

次に、2点目。

>私の人生の倍くらい生きている女性に相談に乗って
>欲しいと思っていたのですが…。

加奈さんは、こういう女性カウンセラーに相談に乗って貰って、
どういう答えが欲しかったのでしょうね?
一体、カウンセラーに、何を求めていたのかしら?

たぶん、加奈さんが欲しかった答えと、
カウンセラーが、こうすると上手く行くんじゃない?
という答えにズレがあった事も関係しているんじゃないかしら?

私も、恋愛問題の相談はたくさん受けているけれど、
「それで、そのお相手とどうしたいの?どうなりたいの?」
って聞いてみると、結構、しばらく、答えが返って来ない人も多いものです。

それから、
「そりゃー、上手く行きたいです。でも、上手く行かないから悩んでるんです。」
って返ってくる事も多いけど、
「じゃあ、こんなふうにすると上手く行くかもしれませんよ。」
ってお話しても、すぐに実行できる人は、結構少ないものです。
だって、自分で上手く行くだろうって思って、やり尽くしても上手く行かないから、
相談に来てたりして、すでに失敗感も一杯だったりするから。
頭でやってみようかな?って思っても、
心の傷が、それを実行に移せなくなってたりするみたい。

それに、自分が相手に、どう捕らえられているかという現実を、
はっきりと知ってしまう事が怖い人が多いような感じがします。

でも、現実を認めたら、「その相手とのことは絶対無理」
って認めないといけないなんて考えてる人が結構多く、
いいなーって思っている段階から、次に進めないで怖がっている人も
すごく多いような気がするの。

でもね、私は、やっぱり、勇気を出して欲しいし、愛をしって欲しい。
それなのに、みんな、自分の魅力に気付いてなかったり、
自信のない人が、とっても多いような気がするの。

そんなの、ぜーんぶ間違いで、みんな自分の魅力や才能を
受け入れてないだけだよって私は思うの。
劣等感だって、間違った考えを間違いだって気づかずに大事に持ったまま
生きてきたから、そこにあるもの。

私も、かつて、カウンセリングに出会うまで、劣等感だけでなく、
自分の価値を下げるレッテルを自分に一杯一杯貼り付けて、
勲章のように歩いて生きていた時代がありました。
でも、その勲章が、実は、とっても傲慢な勲章である事に気づいた時、
本当の自分の価値を受け取る事が出来た経験がありました。

19歳の加奈ちゃん。
もう、あなたは、ステキなレディに変身する時に来ていますね。
大人になる階段の前で、この階段を上がっていくと、
どんなレディになっていくのか、ワクワクドキドキ・・・してる感じ。
でも、心配もあるんじゃない?
もしかすると、希望となる女性を探しているのかもしれないね。
でも、そんな女性がいないって感じてるなら、
加奈ちゃんが、新しい時代の希望の女性になるって決めて、
歩いていくのも出来るよ。
道なき道を歩く女性のリーダーです。

私は、加奈ちゃんの本当に求めているモノ、それを求める気持ちってどんなかしら?
って思います。
私なら、その気持ちを知りたいし、聞きたいなー。
って、上手く対応できる自信は、ありませんが。
それでも、よろしければってことで・・・

って、こんなところで、今回は終わります。
少しは、疑問の解決になってるかしら?
お役に立てれば幸いです。

40代のおばさんカウンセラー深沢のお答えでした。
相談して下さって、ありがとうございました!

.

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●