カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
カウンセラーを選ぶ時に
相談者名
すず
何度か電話カウンセリングを利用させて頂き、とても心強く感じました。
ありがとうございます。

私の悩みは、環境や人に対する不安感、子供のような甘え心、人間不信、
強い罪悪感、自信のなさ、など、挙げれば切りがありません。

今は母と2人暮らしです。幼い頃を振り返ると、家を引越す事が何度かあり、
変化の多い生活をしていたような気がします。

二十歳前後にひきこもり、うまく話ができない、ストーカー的行為に合う、
などの問題が起き始めました。
社会に出てからは、人間関係のトラブル(女性からの軽いいじめ、
自分が苦労しそうな、恋愛相手を選ぶなど)、
仕事の悩み(バイトや派遣を転々として続かない)がありました。

数年前に人間関係がきっかけで、心療内科へ通うことになりました。
ようやく治療が終わり、バイトを始めましたが
疲労困憊してしまい、辞める事にしました。

仕事をしている間に、私は自分が普通とかけはなれているような
感覚を持ちました。
今までぼんやりとしていたものが、はっきり自覚できたような感じです。

物事に敏感に反応しすぎたり、コミュニケーション能力や
スキルが足りなかったり、親から自立できていなかったり。
同時に、ものすごく強い怒りや恐怖心、寂しさなどの感情が湧いてきて
苦しくなりました。
怖かったり追いかけられたりする夢も何度も見ています。
今、なんとか心を楽にして、ほんとうに幸せになりたいと思っています。

カウンセラーを選ぶ際に、何を基準に選べばよいのか
教えて頂ければと思います。
最初のカウンセリングでは、とても共感して下さって、励ましながら
新しい物の見方を教えて頂いたので、涙があふれてすごく楽になりました。
次のカウンセリングでは、全体的に話を聞いて下さり、解決するための
具体的な方法を教えて頂きましたが、今の私にはややプレッシャーになりました。
(カウンセリング内容は、少しずつ違います。
男性は抵抗があったので女性を選びましたが…?)

どちらの要素も大切だと思いますが、どちらがより私に合うのでしょうか。
また電話と面談では、どのような違いがあるのかを知りたいです。
よろしくお願いいたします。

カウンセラー
はたやま美希
すずさんへ

はじめまして、カウンセラーのはたやま美希と申します。
ご相談のメールをありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

既に何度かカウンセリングをご利用いただいているとのことで、ありがとうございます。
私たちが少しでもお役に立てたなら幸いです。
更に効果的に利用されたいとのことで、ご質問いただいたのだと思います。
すずさんはご自分のテーマに意欲を持って取り組んでおられますね!


○カウンセラーの選定基準
○電話カウンセリングと面談カウンセリングとの違い

について回答させていただきますね。

カウンセリングサービスにはいろんなタイプのカウンセラーがいて、その品揃えの豊富さが持ち味だと自負しています。

どのカウンセラーがいいのか、それには正解がないので、すずさん自身の判断で決めていいんですよ。
ずっと同じカウンセラーと続ける方もいらっしゃいますし、お客様ご自身のタイミングや状況によって、今まではいいなぁと思っていたカウンセラーであっても、そろそろ別のタイプのカウンセラーに変えようかなと思う方もいらっしゃいます。

すずさんの状況を拝見すると、すずさんに必要なのは、根拠がなくても、自分の直感でいいので、この人!と感じる人に決める、ということだと思いました。

すずさんはとても優しい方で、自分のことよりも、ご家族をはじめ、周りの方の気持ちを大切にして、決めるということが多かったのではないでしょうか?
もしそうであれば、「自分のために自分で決める」ということが、すずさんご自身の幸せな人生を手に入れるために大切なことのよう感じました。


それから、電話と面談の違いですが、
・面談ではお顔を拝見できるので、表情やしぐさなどからお客様の様子をより具体的に伺うことができます
・お客様にとっても、カウンセラーと対面しながら話すことで安心感を得ていただけているようです。(面談にこられた方の多くがおっしゃっています)

いちばん大きな違いは2時間の面談であれば、セラピーをさせていただくことができる、という点です。
詳しくは、面談の実例をご覧くださいね。
http://www.counselingservice.jp/communication/zissai.html


ご相談をありがとうございました。

はたやま美希
.

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●