カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
病気がこわい
相談者名
すもも
☆はじめまして。
第一子妊娠後パニック障害になりソラナックス(安定剤)を飲んで二人目妊娠希望中いろんなぶログをよんでたら偶然大杉アナウンサーの自殺の記事で線維筋痛症という病気を知りました。
それからものすごくこわくなって妊娠をあきらめました。
過敏性腸炎・慢性疲労症候群・抗核抗体弱陽性(私は40です。
)の人が出産事故でなりやすい・・・とかいてました。
腸炎は毎年なります。
慢性疲労は診断されてませんがよく疲れます。
妊娠したら必ずなるおもいます。
毎日気になって泣ていました。
その病気は痛み止めがきかないとかなったブログ書いてる人は自殺したいとかこわいことばかりが書かれてました。
妊娠とかじゃなくてもストレスでなったりするとか書いてたので毎日そのことばかり考えて今なったらどうしようと
思う日々の中思い始めて1週間ぐらいで毎日太ももが前後ろ側面といたいのです。
MRIの腰の検査でなにもなく整形の先生は心身症かな?と言いました。
心内の先生は運動してみたらといいますが毎日今もいたくて温シップで過ごしてます。
もともとどこか痛くなると大きな病気と判断する心気心身症なのかわからないのですが検査で異常がないと安心するを繰り返してきましたが筋痛症は検査の基準がないことなどから太ももの痛みがそれと違うか毎日考えてます。
妊娠はもうあきらめました。
心内の先生に言ってまたパキシル(パニックの薬でこの薬では妊娠はむり)
でも妊婦さんをまともにみれません。。。
あきらめきれないのです。
もし太ももがなおって妊娠できるなら線維筋痛のくすりができるかもし妊娠後その病気になったら安楽死できるならとかいろいろ悩みすぎてます。。。
たすけてください

カウンセラー
高橋賢一
ご相談ありがとうございます。
カウンセラーの高橋賢一です。

妊娠すると、きっと病気になってしまうに違いない、
だから妊娠はできない。
「あきらめよう。」
そう思っても、それでも妊婦さんを見ると辛くなってしまう。
「あきらめきれない。」

混乱と葛藤で激しく揺さぶられ、とても苦しんでおられるのが
ひしひしと伝わってきます。
それでも、そこから見えてくる気持ちは、
「やっぱり、妊娠は諦められないけど怖いから無理。」という
病気になることについてのとても強い恐怖の感情です。

確かに自分が病気になるかもしれないと感じるのは、
とても恐いと思います。
私にも過去に病気・入院・手術等の経験がありますので、
すももさんのお気持ちはとても響いてきます。

しかし、実は恐れというものは、
自分の外の世界に原因があるものではなくて、
自分の心の中から出てくるものなのです。
自分の中で勝手に解釈して作りあげて信じてしまった
いわば思い込みの思考パターンなのです。
原因は心の中にあります。

恐れを取りたくて、
いろいろと病院で検査をしたり調べたりしても、
その結果たとえ自分は病気ではないらしいと分かっても、
どうしても恐れは消えていませんよね。

きっと病気なんだという理由をどこからか作り出してしまう。
恐れはいくらでも出てきてしまいます。
病気になってしまうに違いない、
きっと私の人生は悪い方向に行くに違いないと信じてしまっているようです。

思い込みではないことを証明しようとしても、
きっとなるに違いないという思い込み自体が、
それ以外の情報を入らなくさせてしまいます。
怖いものは怖いのだからもうどうしようもない、
もうこの世から病気がなくならない限り恐怖がなくならないという感じです。

外側にある何かの状況が自分を恐怖に陥れるものだと感じるのですが、
心の中、内側からその感情というものは出てきます。
病気イコール恐れではないのです。

つまり、恐れを感じるとき、無意識に
人は過去の傷ついた経験や嫌な気持ちを思い出して
現在の状況に重ねて考えてしまうのです。
またあんなことが起こるに違いないという幻想の中で
なんとか自分を守ろうとして行動を制限します。

心は今に生きていないので、今の状況から離れてしまっています。
そのギャップの大きさが混乱や葛藤を生みます。
そしてそのことに気づいていないので
「恐れ」はその怖さそのものをさらに恐れることになりますので、
どんどん怖さが増していってしまいます。

ですので、恐れを克服するには自分の内側にアプローチすることです。
思い込みを変えていくことによって恐れを取っていくことができます。
最終的には恐れというものは、
周りの状況がどうであれ解消できるものなのです。

恐れがあるとき人は必ず分離感や孤独感を感じています。
その孤独を癒していくためにはどこかにつながりがないと
しんどくなることがあります。

今、身近に誰か、この怖さについて相談できる人はいますか?
誰にも相談出来ないでこの恐れを感じていると、
ますます恐れが大きくなってきてしまいます。

もし誰もいないのであれば、電話や面談のカウンセリングを使って
その恐れを吐き出すという方法もありますので利用してみて下さい。

この恐怖と一人で戦う必要はないのです。
誰か助けてくれる人と一緒に乗り越えていくことができます。
そうすると、少しずつ、この恐れの気持ちを癒していこう、変えていこう、
という意欲を持てる方向へと進んでいける可能性が見えてきます。

もちろんすぐに変化は訪れないかもしれません。
ですが、恐れの感情が癒されていくと自動的に自然に変わっていきます。
そして「自分の意識は変わることができる」という経験をすると、
恐れというものは徐々に小さくなっていきますし、
前進する意志や力が湧いてきます

「子供が欲しい」というすももさんの人生の願いや目的を
病気になるかもしれない、そういった恐れに邪魔されて
自ら可能性を摘んでしまうと悔しさがずっと残ってしまいます。

もしよろしければ一緒にその恐れを取っていくお手伝いをさせてくださいね。

ご相談ありがとうございました。
.

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●