カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
カウンセラーの勉強をしたい
相談者名
ぬんぬん
既出かもしれませんが宜しくお願い致します。

私は31歳男、会社員で田舎町で専門職をやっています。もともと今の仕事を始めたのも「人の幸せのサポートをしたい」っていう目的があったのですが、(10年ほどになります)今の仕事では本来の目的から近からず遠からずで、いまひとつ、十分ではない気がします。そういう事を望むクライアントにめぐり合う事も稀のようですし。

それで、こんな小さな田舎町でもやっぱり家庭や家族、恋愛に悩む人っていっぱいいて、そういう人たちの、心のキズのようなものが自分には見える気がするんです。そういう人って、あがいてるから、自分としても好感もてるし、”力になれたらなあ”って思う事が多いです。

そこで相談なのですが、週末や有給を利用してカウンセラーの勉強をしてプロとしてサービスを開始する事って出来るんでしょうか?そんなに甘くないんでしょうか。
いずれは私も今の専門分野で独立しなければなりません。そうなった時には今の専門職を手放すつもりはないんですが、2足わらじでやりたいんです。
現実的に可能な事なのか知りたくて相談致しました。宜しくお願いします。
カウンセラー
中原謙一
ぬんぬんさん、初めまして。

私は中原謙一と申します。

よろしくお願いいたします。

結論から先に言いますが、2足わらじでカウンセラーをすることは可能です。

スピリチュアルカウンセラの江原先生の著書の中にあるのですが、「仕事には天職
と適職があり、その両方を持つ」ということが書かれています。

私の個人的な見解も入りますが、天職とは楽しく、好きでできる仕事で、お金になる
ときもならないときもある仕事と感じています。
人によっては、この「天職」を「趣味」と置き換えてることもできます。

対して、適職は自分ができる仕事、もしくは天職を支えるために必要な仕事と感じて
います。

ぬんぬんさんのなかで、カウンセラーという仕事が「好き」「楽しい」と感じられる
ようであれば、仕事を両立させることは可能です。

ですので、私はぬんぬんさんが「カウンセリングが好き!」「カウンセリングが楽し
い!」と感じられれば両立させることになんの問題もないでしょうから、ぬんぬんさ
んがやりたいと思ったことをそのままやっていただければいいと思います。

もしかしたら、二つの仕事が相乗効果を起こして、両方の仕事がより楽しくなるかも
しれませんし、最終的に新しい一つの仕事になるかもしれません。

ぬんぬんさんにはたくさんの可能性があります。

その可能性を自分から狭めてしまうのではなく、自分自身の「やりたい!」ことに目
一杯エネルギーを注ぎ込んでください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぬんぬんさんがより充実した人生が歩める参考に少しでもなれば、幸いです。

ありがとうございました。

.

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●