カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
拒食症になってしまいました
相談者名
きよこ
こんにちわ。

ダイエットと寂しさからだと思うのですが、
拒食症になってしまいました。全く食べられないわけでは
ないのですが、食べることが怖くてしかたないです。

体重は痩せすぎです。
でも、0.2キロでも増えると震えてしまいます。
朝は御飯(ふりかけ)とヨーグルト、昼は500kCal以内、
夜はパン1枚と豆乳1杯が限界です。もう2年ちかくはこのようなパターンです。

朝に御飯を食べる、夜に豆乳とパンを食べることができるようになったのは
数カ月前で、それまでは朝もパンで、夜は知シリアルを少しという
感じでした。朝、御飯を食べたら、絶対にお昼はパンです。
朝に軽い物を食べてもやっぱり怖くて麺や御飯を
お昼に食べるのが難しいです。友達とも楽しく食事ができなくて辛いです。

お昼を食べたあとは運動をしないと落ち着かず、
水分も口にできません。
夕方に体重を測ってそれが増えるのが怖いからです。

「魚もお肉も食べよう」と思っても何時間もスーパーを歩きまわっても怖くて手にとれない。
今の食事のパターンを崩すことが怖くてしかたないです。

いつか自分のなかの線がプチっと音を立てて切れて、過食のスイッチが
入ってしまうのが怖いです。気を許したらいつでも瞬時
に、家にあるものがなくなるまで食べてしまう自分が想像できます。

対人恐怖などで、何をどうしたらいいかわからなくなっています。
食事をしただけで罪悪感に襲われること、
体重が気になること、食べ物を、食べたいとおもわないよう思
考をとめてしまうこと、目の前に食べ物がたくさん並んでいると
震えてしまうこと、治ると体重が増えるのが一番怖いきもち、
でも生理がきていない現実、お金もない現実、
いろんな気持ちに板挟みになっています。

今は、ACのため、実家から生活費をもらって
独り暮らしをしています。
どうしていいかわからず、相談させてもらいました。
お忙しいと思いますが、よろしくお願いします。
カウンセラー
田村厚志
きよこさん、こんにちは。
田村と申します。
よろしくお願いいたします。

ご相談を拝見して感じるのは、抑圧しきっている感じでとってもつらい
と思います。
日々、我慢の子なわけですから、つらくて当たり前かもしれませんね。

また、ACということで、ここでも抑圧を感じます。

AC、というのは、俗には大人になれない、子供のままで生き難いと
いわれますが、心理的には、とても自立している状態であらゆる欲求を
抑圧している状態と言えます。
ACの方たちは、実はとても我慢強い方たちなんですね。

「食欲」というのは、人間だけでなく、生物ならどんなものでも持つ
3大欲求のひとつです。

これはもう、欲求や要求、ニーズというよりは生物学的な本能なわけですから、
これすらも抑えているとしたら、そうとうな我慢強さと精神力が必要だろう
と思います。


さて、きよこさんがご相談くださったケースで行くと、この食事内容で健康的に
すごしていらっしゃる方も多くいます。

ですが、きよこさん自身は、そうではなく、つらさ、苦しさ、そして生理不順
と、とてもしんどいわけですから、なにか、きよこさんの中でバランスが崩れ
ているのだと僕は思います。

もし、先にあげた、抑圧がきよこさんの中であるならば、これを解決しようと
思ったら、まずはあなたの中の欲求や要求が、どういったものがあるのかを
整理してあげることが必要かもしれません。

そこから、「その欲求や要求を我慢しだしたのはいつから?」という感じで、
この抑圧のパターンのルーツを探って、癒してあげることが解決の第一段階に
なると思います。

そこから不必要に抑圧しない、我慢しないやり方や考え方、手段を得ていく
ことにより、少しづつですが、この拒食症や、ACの問題は片付いて行くでしょう。
対人恐怖症は、多分、その過程で知らないうちに解決されます。

とても毎日、不安で不安でしょうがないといった感じですごされているように
感じました。

その不安を解決するためにも、カウンセリングなどで、僕たちにもっとお話を
聞かせていただけたら、と思います。

きよこさんの人生がハッピーになりますように!!!

では、ご相談ありがとうございました。
.

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●