カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
健康に対する無価値感?
相談者名
くりくり
私は「自分は健康であるはずがない」と思ってしまっているようです。

母は若くして両親を病気で亡くした為か、病気に対して非常に心配をします。愛情の証とばかりに心配を押し付けてきます。
小さい頃はそれを利用して、わざと気を引いたり愛情を感じたりする為に、風邪を引いたり、病気になっていた気がします。

成長するにつれ対象は母から友達や恋人、仕事仲間などへ及んだようです。「私が体調が悪くなるくらい頑張っているのだから認めてよ!心配してよ!私のことを見てよ!」という感じで、気持ちを訴える手段としていたようです。

それに気づいてからは、体調が悪くならなくても、人に甘えたり、気持ちを伝えたりすることができるようになりましたが、今度は「わかってよ!」と人に訴える為ではなく、「私は今こんなにつらいね」「私は頑張っているのね〜」と被害者意識を感じるために体調を悪くしている気がします。(書いていて気づきましたが、被害者意識を感じるという事は、結局自分の心の中だけですが加害者を責めて、気持ちを訴えているのですね。)

また、体調が悪いのに慣れてしまった為か、健康でいることに罪悪感があるというか、健康に対して無価値感があるというのか、「健康な自分」というのは想像できなくて、手に入らない存在のような気がしてしまうのです。
「健康な自分」を想像すると、「ホントに私なんかが健康でいいの?いやいや、そんな恐れ多くて。」と感じてしまいます。

まだ感情的に癒されてなくて、「健康でいる=母の愛情を否定する」→母への罪悪感→健康に対する罪悪感 となっているのか、
体調不良=皆が心配してわかってくれる→健康体→皆がわかってくれない・心配してくれない→無価値感 となっているのか、
体調が良い自分=楽しいことをしている自分→頑張ってない→頑張らなきゃいけない となっているのか・・・

意識レベルでは、体調不良で愛情を感じたり、自分の価値観を感じるより、健康で皆と楽しくわいわい過ごしていたほうがよっぽど良いし、楽しい事をいっぱいして健康でられたら最高!!と思うのですが、潜在意識のレベルでは何かが引っかかっているようです。

「健康な自分」を上手に受け取るにはどうしたらよいでしょう?

カウンセラー
中原謙一
くりくりさん、こんにちは。

メールありがとうございます。

私はカウンセラーの中原謙一と申します。

よろしくお願いいたします。

さて、メールを読ませてもらって感じたことなのですが、よく自分のことを分析され
ているなと感じました。

その分析内容も、かなり的を得ていますので、よく勉強されているなとも感じます。

ただ、「健康な自分」を受け取れない部分ですが、これは「受け取ってはいけない」
があるからではないかと感じられます。

くりくりさんの中で、「健康な自分」=「愛される自分」となっているのではないで
しょうか?

愛される自分が信じられない、とか、私は特定の誰かに愛されてないんだから、みん
なから愛させるわけがない、ということを証明しようとしたとき、「よい自分」や
「愛される自分」を受け取れないと感じてしまうことがあります。

では、どんな自分なら「愛を受け取れる」のでしょう?

このとき、すべての愛を受け取れる自分、ここでは健康な自分もそうですが、こんな
自分は「完璧な自分」と感じてしまうことがあります。

もしかしたらくりくりさんは「完璧な自分でないと愛されない」と思っているのでは
ないでしょうか?
そして、「完璧でない自分(健康でない自分)は愛される資格なんかない」と自分を
責めているのではないでしょうか?

これが自己嫌悪になるわけですが、この自己嫌悪を証明するために「受け取れない」
を使っているのではないかと私は感じます。


さらに、健康になってしまうと両親を見捨ててしまう感覚があるのではないでしょう
か?
逆に、「何で私を残して死んでしまったの?」という両親に対する怒りもあるかもし
れません。

この感覚が「健康になってしまう自分」に関する恐れとなっているのではないでしょ
うか?


もっと掘り下げていけば、健康になるとやらなくてよかったことをやらなきゃいけな
くなるという感覚や、健康でないからしなくてもいい、でも本当はできるかもしれな
いのにやってなくてごめんなさいという感覚や、自分だけ健康になっちゃうと両親を
見捨ててしまう感覚、病気でいればみんなが心配してくれる、みんながかまってくれ
るというものが出てくるのでしょうね。

罪悪感がどうとか、無価値感がどうとか、説明することは可能ですが、くりくりさん
にとって今大切なのは、健康になればできること、手に入るものをすべて拒絶してい
るということに目を向けてみることではないかと感じます。

健康な自分だと、何ができるのでしょうか?
健康な自分だと、何が手に入るのでしょうか?

それがくりくりさんにとっては本当にほしいと思っていたとしても、心の中は「いら
ない」もしくは「手に入れるのが怖い」と感じているということに気づいてくださ
い。

そして、健康になってしまうと、何ができなくなるのか?
健康になってしまうと、何を失うのか?
この「何か」にしがみついていることにも、気がついてください。
もう気がついているみたいですけどね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
くりくりさんが本当にほしいものを手に入れることができる、本の少しのきっかけに
なれば幸いです。

ありがとうございました。

.

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●