カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
摂食障害
相談者名
つわりうさぎ
今29歳です。高校生の時にダイエットを始めてから拒食症・過食症を経験しました。生理も止まってしまい婦人科で薬を飲んだり注射をして治療して今は生理も規則正しく来るようになり子供も授かりました。
一時期は拒食過食も治まっていたのですが妊娠中に太ったらダメというプレッシャーから過食気味になって、吐いたりしてました。今は産後の体重が気になり噛み吐きをしてしまってます。(生後2ヶ月で元の体重より3キロ増)
それをしている自分が凄く嫌で何度も止めようと思うのですがどうしても止められません。でも本気で止めたくてメールしました。弱い自分が悲しいです。
カウンセラー
きのかずよ
うさぎさん(つわりうさぎさんでは苦しそうなので)はじめまして。
カウンセラーのきのかずよです。
ご相談、本当に本当に有り難うございます。

過食・拒食はそれに陥る元の感情を処理できた時に、治っていくと思います。
自分自身の感情と向き合うことで、原因がつかめます。

まずは、拒食・過食を繰り返してしまう自分を責めないで下さい。
私からのお願いです。
これ以上うさぎさん自身を苦しめない為に。
拒食・過食に陥ってしまう原因が絶対にあるのですから、そうしてしまうのは、
今は仕方が無いですよ。
原因を探す為に、カウンセリングを使われるのがと思いますよ。
一人でやっていくと、やっぱり心細いし、苦しいし、自分自身を責めていくスパ
イラルにはまるかも知れないですからね。

うさぎさん、何かに追い詰められている感じを慢性的に感じてないですか?
それは、誰かから懸けられたプレッシャーかもしれないし、自分自身で懸けた物
かもしれません。

> 一時期は拒食過食も治まっていたのですが妊娠中に太ったらダメというプレッ
> シャーから過食気味

とも書いておられますし。

拒食症は、現自分自身への不十分さを感じて起こるとが多いと思います。

例えば
「もっと細くないといけない」
と言うのも有りますが、それよりも
「もっといい子で有らなければならない」とか、
「もっと聞き分けのいい子でなければならない」
と言うような、親が子どもに懸けるような期待。
親から直接言われなくても、無意識で子どもは引き受けてしまうこともあります。

そしていつも間にか、絶えず自分自身で
「私は、もっとよい子にならないといけない。良い子にならないと愛してもらえ
ない」
と、頭の中でまるで暗示をかけるようになってしまいます。

うさぎさんが、もし、この暗示に応えようとして苦しんでいるのならば、誤解を
といていく事が一つの方法だと思います。
誰が、うさぎさんにぷれっしょーを懸けてきたのでしょう。また、誰が懸けてき
たと感じるのでしょうか?

また、過食の場合、空虚感や虚無感、もっと分かりやすく言えば、孤独感や寂し
さから起こるものともいえます。

愛されている感覚を充分感じていないのではないでしょうか?
私のことを、本当にわかってくれる人はいないと、感じることは無いですか?

ふと思ったのですが、うさぎさんはもしかしたら、自分自身を誰かに愛させて無
いのではないかもしれません。助けさせてないのかもしれません。
今回のこのご相談が、大きな第一歩だと、私は思います。

うさぎさん、自分自身を誰かに(もちろん私たちでも)助けさせてくれませんか?
愛させてくれませんか?

うさぎさんが温かい空気と光に包まれるイメージを贈ります☆★(^-^)

.

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●