カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
身体コンプレックスの悩み。
相談者名
じゅん
こんにちは。よろしくお願いします。私は二十歳で、四月から大学二回になる学生です。二年前の浪人生のころから身体に関するコンプレックスを持っています。浪人のときは気になって勉強どころではありませんでしたが、なんとか大学には合格ました。晴れて大学生になり、心機一転しコンプレックスのことを忘れて頑張ろうと思っていましたが、大学は人が多く、人の目線が気になり、夏前にはほとんど学校に行かなくなりました。アルバイトだけは続け、人前に出るようにして、慣れようとしました。しかし、いまだに電車に乗るのにも抵抗があります。アルバイト以外で時間があるときはひたすら悩み、頭の中で嘆き続けました「何も悪いことしてないのになぜ私だけが…」「世の中不公平だ」と。悩んでも身体が変わるわけでもないのに悩み続けました。自分の納得する答えを見つけようとしました。図書館に行って「コンプレックス」に関する本を読んだりもしました。でも全く自分の気持ちに進歩がなく今に至っています。本当は親に文句を言いたい。でももう私は二十歳。親に責任を押しつける歳でもないと思うのです。男だから弱い所を見せるのも嫌で、親は勿論、誰にも相談できず、ココにきました。最終的には自分の気持ちを変えるしかないのですが、コンプレックス改善へのアドバイスをお願いします。
カウンセラー
高野康子

こんにちは、じゅんさん初めまして。
高野と申します。 よろしくお願い致します。

じゅんさんは2年前辺りから身体に対するコンプレックスが気になりだして
人の視線を敏感に感じるようになられたのですね。

普段私達は無意識的に人の第一印象をその容姿から受け取っています。
先入観によって自分を悪く印象付けられるのは誰だって嫌なものですよね。
現在の整形の需要を見ても、じゅんさんと同じような悩みを抱えている人が
世界中に溢れている事が分ります。
長く付き合っていく間には心の繋がりによって、第一印象はどんどん変化して
いきますが、それでも最初から好印象を持たれた方が交友関係の間口も広が
りますし人生何だか楽しくなっていきそうな気がしてきます。
そういった意味でじゅんさんもご自分の身体の事を意識し始めたのでしょうか?

実は私も身体に対するコンプレックスは多い一人なんですよ。
「もっと目が大きければ・・・鼻が高かったら・・・スタイルが良ければ・・・etc」
沢山コンプレックスを抱えていました。 思春期の頃なんて仲間内では三枚目に徹して
いましたし、好きな人が出来ると街ですれ違う綺麗な女性を眺めては「私があれだけ
綺麗な人だったら迷わず告白しちゃうのになぁ」などと本気で考えていたものです。

だからじゅんさんが「世の中不公平だ」と思わず言ってしまいたくなる気持ち
凄く良く分りますよ(^-^)

でもその傍らで「世の中やっぱり平等にできているんだな」って納得している私も
今では居るんです。 それは自分の経験や内面を見つめ直した時に『自分が望む幸せ』
を手に入れるチャンスの量でいったらみんな同じなんじゃないかって、ある時思えて
きたから・・・。 


>浪人のときは気になって勉強どころではありませんでしたが、なんとか大学には
>合格ました。晴れて大学生になり、心機一転しコンプレックスのことを忘れて頑張
>ろうと思っていました 

悩みを抱えながらの目標達成はとにかく容易ではなかったと思います。
じゅんさんは何度も何度も自分を立て直しながら努力してこられたのですね。
大学に受かった時はコンプレックスの存在が霞んでしまう程嬉しさをかみ締めて
いたのではないでしょうか。


>人の目線が気になり、夏前にはほとんど学校に行かなくなりました。

環境の変化によってコンプレックスの受け止め方が変わってくる場合もありますから
大学進学はじゅんさんにとって希望のシンボルだったのでしょうね。

だとすると夏前に学校へ行かなくなった背景には「じゅんさんが期待していた大学生活」
と「現実の大学生活」との間に大きなギャップがあったような気がしてきます。

じゅんさんが大学に合格した時、心機一転頑張ろうと決意していた時
目の前にはどんな大学生活が広がっていましたか?

今もそれを手に入れたいというお気持ちがあるのでしたら、改善方法を色々考える前に
「自分が望んだ大学生活を此処で手に入れる!」とまず決心する事をお薦めします。
宣言した後に「でも・・・」って言葉が出てこない位の決心ですよ。


>本当は親に文句を言いたい。でももう私は二十歳。親に責任を押しつける歳でも
>ないと思うのです。

親から自立を考える時期には不思議な事に本当に自分がやっていきたい事が見えて
きたりするんですよね。 じゅんさんもきっと、その一歩を踏み出す時期に差し掛かって
いるのだと思います。 上の宣言が自分に馴染んできた頃に、次のステップとして
私が提案したいのはこちら↓です。 

「親に文句を言いたい」というのは「自分の運命に対して文句を言いたい!」と
似たようなものだとは思いませんか? 運命に対しての文句を言うとしたら
相手は神様ですよね? 実際じゅんさんが神を信じているか、いないかは置いとおいて
もう一度自分の注文書を作ってみて下さい。 
こういうものに恵まれた人生を自分は送りたいっていうものを。

そして、その恩恵を使って自分は人生の中で何をしたいのか、どんな要素を育みたい
のかを考えてみて下さい。 

(それはきっと、今の自分の中にもあるものだと思いますよ♪)

そんなプロセスの中で、実は今じゅんさんがコンプレックスと受け止めているものが
自分の何かを育ててくれていたって、少しずつ気付きが訪れ始めます。  
沢山の気付きを求めて下さいね。

ご相談ありがとうございました。
 

.

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●