カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
奇妙な頭痛が止まらない
相談者名
BLACK SHEEP
4月の末頃から、「奇妙な頭痛」が生じ始め、困っています。
具体的な症状は、説明が難しいのですが、「頭の中」を「コンクリート」で「固められ」
それに加え、「頭」を「わしずかみ」にされ、さらに「後ろに引っ張られる」ような「痛み」が、あります。

私は、世間で言う、「うつ病」者で、現在も近くの「精神科医」に通っています。
その精神科医に「脳内に異常がある可能性があるので、「脳外科」で「MRI検査」を
受けた方がいい」と言われ、昨日、近くにある「横浜総合病院」で「MRI検査」を
受けましたが、「脳内」も「脳の中の血管」にも「異常」は「見られない」とのこと
でした。

今日、精神科医に相談(診察)に行きましたが、精神科医の方でも、「原因」が「判らない」らしく、「今飲んでいる薬を続けて服用して下さい。」としか、言われませんでした。

私が思うに、「内因的」(精神的)なもののような気がします。というのは、「大学入学
前の「浪人時代」に似たような症状が起きていたからです。その時の「原因」は、「自己
嫌悪」(「ああ何で落ちたんだろう。情けないなぁ。」といった感じです。)、「不安」
(「大学に受かることが出来るのかなぁ?」と言った感じです。)だったからです。

ちなみに、「現在」の「原因」は、「自己嫌悪」(ああ借金して(ローンなんか組んでしまった。情けないなぁ!)と、「両親」に対する「不信感」(「無駄遣いするな!」(
レンタル・CD、レンタル・ビデオ、風俗)と、くどくど言われるので、「自分は本当は愛
されていないんじゃないか?」といった感情)と「自己嫌悪」(ああやっぱり両親(特に
「父親」)には、しょせん「言い合ったら」勝てないんだ。自分って情けないなぁ!)と
いった感情)にあるような気がします。

「アドバイス」頂ければ、幸いです。

参考までに、私が今、服用している「薬」を、下記に書いておきます。

宜しくお願い申し上げます。(私は、現在、35歳独身です。(既婚歴無し))

朝・夕:セロクエル25mg錠 1錠づつ
    ピカモール錠 1錠づつ

就寝前:グッドミン錠0.25mg 1錠づつ
    ロヒプノール錠2 1錠づつ
    ユーロジン2mg錠 1錠づつ
    プルセニド錠(便秘薬) 2錠づつ
カウンセラー
根本裕幸(退会)
BLACK SHEEPさん、こんばんわ。ご相談ありがとうございます。根本です。

> 4月の末頃から、「奇妙な頭痛」が生じ始め、困っています。

それは辛いですね・・・。でも、僕なりにその痛みは想像できそうです。

BLACK SHEEPさんもきっと色んなサイトや本などを通じて、自分の状態について
色々調べられたのかもしれませんね。
MRI等で調べても異常がないとなると、僕もやはり内因的、つまりは心理的な部分や
思考パターンなどに原因を求めたいです。

ただし、頭痛のように体に変調が出る場合には、意識的な要因というよりも、より深い
無意識的な部分の影響が強いようです。
つまりは意識的には「なんともなし」なのに、無意識レベルでは「猛烈な怒り」が
あったり、「強烈な自己攻撃」があったりするんです。

それは自分(=意識)では当たり前になってしまっていることが原因で、例えば、
幼少の頃から「怒ってはいけない」と怒りを禁止してきたとすると、怒りを感じる心の
センサーが麻痺してしまい、仮に自分が怒りを感じたとしても、自然と抑圧する方向に
思考や心が動きます。それはコンピュータプログラムのような動作なので、意識レベル
では自分が怒っていることにもなかなか気付けません。(それが「自分」であり、
自然な状態と思い込んでしまっているわけです)

ところが、無意識ではその怒りをびんびん感じているわけで、解放されないその怒りは
その心の奥底に溜められていきます。
それが何らかのきっかけで容量オーバーとなって、溢れ出したときは感情を通り越して
体(怒りの場合は、慢性的な偏頭痛や内臓疾患に至るケースが多いようです)に異常を
出します。

ですから、BLACK SHEEPさんの頭痛も何らかの心のメッセージであり、それはBLACH
SHEEPさんにとっては「当たり前」の行動・思考パターンの中に原因があるのでは?と
思います。

でも、なかなか無意識というのは感じられるものではありませんので、こういう場合には
「投影」という心理現象を用いて分析を進めることが可能です。
(もしくは、各種の心理テストを用いるケースもあります)

心の無意識の状態は自分の周りの環境に映し出されます。
例えば、怒りを抑圧している場合には、周りに怒れる人々が頻繁に登場したり、
何らかのトラブルに巻き込まれたり、折り合いの合わない人が登場したりします。

ですから、BLACK SHEEPさんにとって、今現在の自分自身の周りの様子を見て
今の自分の心を知ることができるかと思います。

それ以外の方法としては、BLACK SHEEPさんがしてくださったように、
自分の今の感情から、そのさらに奥にある感情を探っていく事ができます。
浪人されているときと似た状況があるということですから、共通項を拾って
いくことにしましょう。(そんな共通項を自分の「思考パターン」「感情パターン」と
見ることで、無意識の仕組みを探ることができます)
感情的な部分としては「自己嫌悪」ですね?
すなわち、自分自身に嫌悪感があり、疎ましく思ったり、情けなく思ったり、色んな
思いが自分自身に対してあるかと思います。
そんな自分は楽になっていい、幸せになるに十分とは思えないものでしょう。
だとしたら、色んな方法で、自分を責めるんじゃないかと思います。
例えば、日常をより苦しめるために何らかのトラブルや問題を起こしたり、巻き込まれたり、あるいは、肉体的な部分での攻撃〜頭痛〜のようなもので、自分を責めてみたり。

特に頭痛の場合は、何らかの感情を強く抑圧してるときに良く起きます。
例えば、悲しみを抑圧しようとして、泣きたいのに涙を我慢していると頭の芯が
ジンジンと痛みます。
また、細かい作業が延々と続いたとしたら、段々イライラしてきますよね。
それはたとえば自分の性格として、繊細だったり、細かなことをすごく気にして
しまったとしたら、慢性的にイライラしてしまうこともあるでしょう。
そのイライラを抑圧しても、やっぱり頭痛という形であらわれることがあります。

ですから、BLACK SHEEPさんにお勧めしたいのは、自分がどんな感情を抑圧しているか?
をご自分なりに探してみることです。
そして、その感情が見つかったら、何らかの方法でそれを解放されるといいのではないでしょうか。

感情を解放するのは、実際にその感情について表現してみることが一番で、紙に記したり、
言葉にして表現したりしてみるのがいいのではないかと思われます。

お役に立てば幸いです。

それでは。
.

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●

●このページはリンクフリーですが、著作権は当社にございます。無断転載を禁止いたします。